商売繁盛心理学・ビジネス心理学講師 酒井とし夫

商売繁盛心理学ブログは集客、売上アップ、販売促進、広告、セールス、コミュニケーション等、中小個人企業経営に役立ちます。

ブレるとコマも商売も倒れる

 
「たるんでるわよ!キャップをはじめて戴いたときの気持ちを忘れちゃだめよ!」
(「おたんこナース」佐々木倫子作・小学館 「いつか赤外線を超えて」より)

先日、TVでコマ回しの様子が放送されていて、
ぼーっと見てました。

ははぁ・・軸がブレるとダメなんだな。
コマは軸がブレるとうまく回らないね。
すぐに倒れちゃう。

商売も同じだなあ。
軸がブレるとダメなんだね。
軸がブレると倒れてしまう。

そもそも何のために独立をしたのか?
何が欲しくて独立をしたのか?
どうなりたくて独立をしたのか?
何をどうしたくて独立したのか?

独立して商売を始めて3年もすると
上記のことを忘れてしまう。


20131215_180129-1

で、目先の仕事や目先の利益に翻弄される。
あちらの情報、こちらの情報に振り回され、
あの人のアドバイス、この人の助言に一喜一憂する。
翻弄され、振り回され、一喜一憂するから軸がブレる。
軸がブレるとコマと同じで倒れちゃう。


初心忘るべからず。


初心や指針や覚悟は言葉にして
常に思い返した方がいいね・・・と
コマ回しのTVを見ていて思った。

人は20分経つと42%のことを忘れちゃうからね。


先日お会いした若き社長の行動指針は明快だった。
「相手が喜ぶなら全部やる」


その社長だって
おそらくブレそうになる時も
あると思う。

そこで指針を思い出して軸を立て直す。
「相手が喜ぶなら全部やる」

単純にして、明快、かつ強固。


「動機善なりや、私心なかりしか」
稲盛和夫

「絶対積極」
中村天風


「楽しかった、役立った、元気が出た」
・・・これは私の講師としての指針。


たまに忘れるから(汗)・・・壁に書いて貼ってあります。
ブレる自分に気づくたびに見返す。

もし最近ブレているなら
あなたの初心、指針、覚悟をもう一度思い起こして
軸を立て直そう。



▼酒井とし夫のセミナー動画
 顧客の行動心理を考えたブログ、フェイスブック、YouTubeの効果的な使い方
更新の励みになるので、下記バナーを1日1回クリックして応援をお願いします。
livebnr
 

 

小企業やフリーのSNSの使い方

 今日も絶好調!年間講演依頼100本超・ビジネス心理学講師の酒井とし夫です。
 
今日は小企業やフリーランスのSNSの使い方のもっとも基本的な考え方を話します。

次の文章は「戦略がすべて」(瀧本哲史著 新潮社)からの引用です。
「怪しげな情報にひっかかる少数の信者を見つけることが、ネットビジネスにおいては重要な戦略となっている。」


私はフェイスブック広告を見ていると知人がその広告に「いいね」を押しているのを発見することがあります。

そして、こう思うことがあります。
「え~!?○○さんはこんなクソ情報(失礼!)にいいねを押しているの??」


でも、極論するとどんな商品やサービスも
ビジネスは【少数の信者集め】なのではないか・・・とも思う。


同じような商品やサービスが乱立混在する中で
「私は○○の商品が好き!」
と言ってくれる人と言うのはある意味で信者だ。


私も
「なぜ、こんなつまらない本をすき好んで読むのだろう?」
「いったい、貴重な時間を使ってなんでこんな低俗なものを見ているのだ?」
「信じられない。こんな料理をありがたがって食うか?」
と思うことがあるけれど、私自身の趣味嗜好だって他の人から見れば
「信じられない、こんなものに金を払うなんて!」
と思われているかもしれない。


私のメルマガだってそうだ。
「もう10年近く読んでいます」
と言ってくださる方(貴重な方)も居る一方で、
「なんでこんなつまんねーメルマガを読んでるんだ!」
と思う人もいるだろうし・・・(汗)

袋井商工会議所様


以前にも書いたけれど出版社の編集長に次のように言われたことがあります。
「どんな本でも4千人の人は買う。」


人の好みは十人十色。
どんな内容の本を書いても日本中で4千人はいるわけです。


ある人にとってはゴミでも
ある人にとってそれは宝かもしれない。


日本の15~64歳人口は 7650万だから4千人なら割合としては・・・
0.005%。(ちっちぇ・・・)


極論すると今の日本ではSNSを使って
これくらいの少数割合の人を自分のファンにしても
十分、商売は成立するのかもしれません。


「怪しげな情報にひっかかる少数の信者を見つけることが、ネットビジネスにおいては重要な戦略となっている。」
(「戦略がすべて」 瀧本哲史著 新潮社 より)


おそらく私のメルマガをお読みの方の中に「怪しげな情報やもの」を扱っている人は居ないと思います。まっとうな商品やサービスを扱っている方がほとんどでしょう。


まっとうな商品やサービスを扱っているのであれば
あとは0.005%。の人に
「自分の商品を知られるにはどうするか?」
を考えればよいということ。


・・・小企業やフリーランスはそのためにSNSを【使う】ということです。
趣味やランチの写真と記事ばかりを投稿してちゃダメダメよ。

私の経験から言うとあなたのこれからのお客様になる可能性のある人がけっこう見ていますよ・・・。

<独立・小企業・フリーランス向けセミナー情報>
  



顧客の行動心理を考えたブログ、フェイスブック、YouTubeの効果的な使い方
更新の励みになるので、下記バナーを1日1回クリックして応援をお願いします。
livebnr
 

 

一人で起業して自分の裁量で
年齢に関係なく自由に生きる!

私は起業して27年間のうち、その半分を一人でビジネスを行っています。

一人ビジネスは
「わずらわしい人間関係に悩むことがない」
「自分の裁量で仕事ができる」
「収入の大半を自分で使える」
「時間や曜日を気にせずに好きなことを好きなようにできる」
というメリットがあります。

もちろん、自己管理が大切であり、企画営業販促あるいは製造活動まですべてを一人でカバーしなくてはいけないという面もあります。

それを考慮しても私自身の経験から言うと
一人で起業して自分の裁量で自由に生きることはとても楽しい
ことです。

今は労働人口の8割以上がサラリーマンですが、そもそもほんの数十年前までは日本でも企業に勤めるサラリーマンより自営業者の方が割合としては多かったわけです。

また、中小企業庁委託の「日本の企業環境及び潜在的起業家に関する調査」(2013年)によれば今でも起業の形態の74%が個人企業です。

実は今も「自分の裁量で仕事がしたい」「年齢に関係なく働きたい」「仕事を通じて自己実現をしたい」「専門的な技術・知識を活かしたい」「時間的・精神的にゆとりが欲しい」と考えて起業する人のほとんどは個人企業ということです。


しかし、今の日本のように経済が成熟化した社会、大企業偏重の社会の中では一人で起業した場合にリスクが高いことも事実です。

もし、あなたがこれから
「自分の裁量で仕事がしたい」
「年齢に関係なく働きたい」
「仕事を通じて自己実現をしたい」
「専門的な技術・知識を活かしたい」
「時間的・精神的にゆとりが欲しい」
と考えているなら、私はあなたに自分の27年にわたる起業経験と多くの中小企業を対象に講演・コンサルティングしてきた経験から下記のことをお教えすることができます。


1.商売のウソとホント
2.商売を軌道に乗せる3つの条件
3.商売は1発、2発じゃ当たらない
4.歌の上手い歌手が売れるのではない。売れる歌手が、売れる
5.一生懸命努力しても売れるかもしれないし、売れないかもしれない
6.一生懸命努力しなくても売れるように、努力することのほうが大事
7.今、松下幸之助が電球を売っても会社は潰れる
8.100年企業の共通点
9.半年~一年やってうまくいかないものは、何年やってもうまくいかない
10.どんなに安くても需要のないものは売れない
11.ベンツ、BMW等高級車に乗っている人、高級腕時計をしている人の特徴
12.使ってもらえば良さが分かるなら、最初にタダで使ってもらえばいい
13.気合と根性があっても間違った方向に進めば、間違った場所に、早く着くだけ
14.広告の反応率は0.1%以下であることを念頭に置いた広告活動
15.「最初の一年は赤字でもよいので・・」は資本力のある大企業の戦略。
16.老若男女すべてにアピールする商売は中小個人企業では不可能
17.SNSを商売で活用しようとする人の決定的な3つの間違い
18.「独立したら応援するよ」をアテにしているとコケる
19.家族と親戚と友だちに商品やサービスを売ってはならない
20.弱者は直販が原則。
21.大手コンビニ本部担当者に聞いた中小個人企業の戦略
22.FC加盟するなら○○指導をしてくれる本部と契約すべし
23.起業に資金はいらない
24.資格を取ればうまく行く、東京に出ればうまく行く・・は失敗する
25.手段に目的を合わせるのが最短距離
26.独立で案外見落としがちな点は撤退の容易さ
27.商品やサービスには一回型、一生型、継続型、複利型の種別がある
28.コントロールできないことに期待する要素が多いと失敗確率が上がる
29.TOTEモデルの実行
30.これから何をやるかで勝負の半分は決まる
31.戦術で戦略はひっくり返せない
32.あなたの商品やサービスには横と縦の展開が見込めるだろうか?
33.あなたの競合の強さ
34.あなたのビジネスは見込み客を見つけやすいか?そのコストは低いか? 
35.お客様には種類がある。アプローチ方法やセールス方法は異なる
36.どんな商売でも一番難しいこと
37.ネットビジネスの優位性
38.あなたは商売で一番難しいことをいかに低コストで行なうのか?
39.商売で二番目に難しいこと
40.商売で三番目に難しいこと
41.小さな独立はこれだけあれば一生食っていける
42.あなたがやりたくないこと、したくないこと、死んでも嫌なことは何?
43.単なる漬物屋の頑固おやじに権威をつけるには?
44.自分でラベリング効果を利用する。
45.独立したら自己演出が重要
46.無から有は生じない
47.その他

このようなあなたの独立起業の成功と失敗を分ける要因について下記のセミナーで紹介します。

【独立起業・知っておくべき基本の”キ”セミナー】
 失敗する独立と成功する独立の違いとは?
 商売を軌道に乗せるために考知っておくべきこと

日時:6月24日(土) 12:30~16:30
場所:東京都内(山手線内です。ご予約頂いた方には詳細をメールでお送りします)
参加費:39,800円(税込み)

なお、セミナー当日にお話する100ページ以上のボリュームのあるプロジェクターデータはすべて公開します。また、当日録音した音声データも参加者にはすべて無料で公開します。

参加希望の方は下記からご予約ください。
折り返し会場の案内を書いたメールを送信します。

▼参加予約フォーム


独立、起業、開業によって自分の裁量で年齢に関係なく専門的な技術や知識を活かしながらゆとりを持って自由に生きている人は大勢います。

しかし、その反面
「頑張ればなんとかなる!」
「努力すればイケる!」
「最初は利益が出なくてもいい」
「店や事務所を構えればお客は来る」
という考え方で上手くいくほどビジネスは甘くはありません。

いつか独立して好きな仕事をして暮らしたい、あるいは独立して1~2年の方で真剣に経営について考えている方は今すぐにご予約ください。


→ 酒井とし夫プロフィールはこちら
→ 出版ビジネス書籍とマスコミ掲載履歴はこちら
→ ビジネス講演実績はこちら

起業セミナー02



このページのトップヘ