商売繁盛心理学・ビジネス心理学講師 酒井とし夫

商売繁盛心理学ブログは集客、売上アップ、販売促進、広告、セールス、コミュニケーション等、中小個人企業経営に役立ちます。

周りにある商品を見てみると酒井先生がおっしゃっていた方法で売り出されているものばかりが目につきました。

『先日は貴重な講義をありがとうございました。
講義は本当にためになりました。周りにある商品を見てみると酒井先生がおっしゃっていた方法で売り出されているものばかりが目につきました。

早速、私も販促を作っています。
講義ありがとうございました。』

kanso31



相手を説得する言葉の使い方

「場合によっては、理由にはならない理由を言われた場合にも
私たちは応諾してしまう傾向があります。」
(「影響力を解剖する」今井芳昭著 福村出版)

 
コピーを取る順番を待つ列に
「すいません!コピーを取らなくてはならないので、
 割り込ませてくれませんか?」


と依頼すると割り込ませてもらえる率が
高まることが実験から分かっています。


よく考えると
「コピーを取らなくてはならないので」
とはへんな“理”ですよね。


でも、そんな“理由”でも「割り込ませてもらう」という
目的を手に入れる確率は上がるわけです。


私が良く使う目的を手に入れるための
“理由”には次のようなものがあります。

■念のためなので・・・
■せっかくなので・・・
■ちょうどよい人数なので・・・
■ちょうどよい広さなので・・・
■なんだか行けそうなので・・・



どれも大した“理由”ではありませんが、
こんな“理由”でも付け加えると
あくまでも私の経験則ですが相手が
「そうですね。」
と返事をしてくれる率が高いように思います。


たとえば講演の問い合わせの電話がかかって来たときにも
資料を送ろうとして
「ご住所を伺えますか?」
と言うと
「・・・いえ、ではもう一度、検討して連絡します。」
と言われることが多いのですが
「念のため郵便番号からご住所を伺えますか?」
と言うと答えてくれる人が増えます。

「念のため」
って特に理由になっていない理由ですよね。


講演のテーマを決めるときにも
「今回の参加者の方にはちょうどよいので
 こちらのテーマにしましょうか?」
と担当者に言うと決まることが多いです。


これも
「何がちょうどよい」
のか分かりませんが、やはり承諾してもらえるケースが
増えます。


ちなみに「念のためなので・・・」という言葉は、
ある有名なコンサルタントが良く使う言葉です。
おそらく人間心理を理解した上で意図的に使っているはずです。


セールスや交渉の場でも
「お子様も進学されてちょうど良い機会なので
 加入されてはいかがですか。」
「ちょうどよい人数なのでやりませんか。」
「念のため導入されてはいかがですか。」
「ちょうどよいサイズなので設置してみませんか。」
「今回はいけそうな気がするので任せてもらえませんか。」
といった使い方ができます。


こういった“理由”は使ってもあなたの損にはなりませんので、
ぜひ試してみてはいかが。


 ▼今回のチャンスを逃すと生セミナーはないかも知れません。
 「独立起業・知っておくべき基本の”キ”セミナー」
  6月24日(土) 都内神田にて開催
 http://www.middleage.jp/dokuritsu/ 







顧客の行動心理を考えたブログ、フェイスブック、YouTubeの効果的な使い方
更新の励みになるので、下記バナーを1日1回クリックして応援をお願いします。
livebnr
 

 

失敗する独立と成功する独立の違いとは?
商売を軌道に乗せるために考知っておくべきこと


「会社勤めはもうイヤだ!いつかは独立したい。」
「独立して自由に好きな仕事がしたい」
・・・そんな相談を数多く受けてきました。

しかし、独立の現状は下記です。
 ↓
独立して1年経たずに約4割が廃業。
その後、10年間会社を経営している人は2割も存在しない。

私は独立して30年近く経ちますがは独立が成功するかどうかは次の時期に決まると考えています。
 ↓
独立前

独立前に考えなくてはならないことは山ほどありますが、案外、無計画に独立して失敗する人を多く見てきました。

私自身も独立後に無職・無収入になったことがありますが、その後、経営戦略やマーケティング、心理学を通して、独立起業してからの商売の成功と失敗を分ける要因を学びました。

その独立起業してからの商売の成功と失敗を分ける要因をあなたに説明します。それは・・・

1.商売のウソとホント
2.商売を軌道に乗せる3つの条件
3.商売は1発、2発じゃ当たらない
4.歌の上手い歌手が売れるのではない。売れる歌手が、売れる
5.一生懸命努力しても売れるかもしれないし、売れないかもしれない
6.一生懸命努力しなくても売れるように、努力することのほうが大事
7.今、松下幸之助が電球を売っても会社は潰れる
8.100年企業の共通点
9.半年~一年やってうまくいかないものは、何年やってもうまくいかない
10.どんなに安くても需要のないものは売れない
11.ベンツ、BMW等高級車に乗っている人、高級腕時計をしている人の特徴
12.使ってもらえば良さが分かるなら、最初にタダで使ってもらえばいい
13.気合と根性があっても間違った方向に進めば、間違った場所に、早く着くだけ
14.広告の反応率は0.1%以下であることを念頭に置いた広告活動
15.「最初の一年は赤字でもよいので・・」は資本力のある大企業の戦略。
16.老若男女すべてにアピールする商売は中小個人企業では不可能
17.SNSを商売で活用しようとする人の決定的な3つの間違い
18.「独立したら応援するよ」をアテにしているとコケる
19.家族と親戚と友だちに商品やサービスを売ってはならない
20.弱者は直販が原則。
21.大手コンビニ本部担当者に聞いた中小個人企業の戦略
22.FC加盟するなら○○指導をしてくれる本部と契約すべし
23.起業に資金はいらない
24.資格を取ればうまく行く、東京に出ればうまく行く・・は失敗する
25.手段に目的を合わせるのが最短距離
26.独立で案外見落としがちな点は撤退の容易さ
27.商品やサービスには一回型、一生型、継続型、複利型の種別がある
28.コントロールできないことに期待する要素が多いと失敗確率が上がる
29.TOTEモデルの実行
30.これから何をやるかで勝負の半分は決まる
31.戦術で戦略はひっくり返せない
32.あなたの商品やサービスには横と縦の展開が見込めるだろうか?
33.あなたの競合の強さ
34.あなたのビジネスは見込み客を見つけやすいか?そのコストは低いか? 
35.お客様には種類がある。アプローチ方法やセールス方法は異なる
36.どんな商売でも一番難しいこと
37.ネットビジネスの優位性
38.あなたは商売で一番難しいことをいかに低コストで行なうのか?
39.商売で二番目に難しいこと
40.商売で三番目に難しいこと
41.小さな独立はこれだけあれば一生食っていける
42.あなたがやりたくないこと、したくないこと、死んでも嫌なことは何?
43.単なる漬物屋の頑固おやじに権威をつけるには?
44.自分でラベリング効果を利用する。
45.独立したら自己演出が重要
46.無から有は生じない
47.その他

このような独立起業してからの商売の成功と失敗を分ける要因をについての話を下記のセミナーで行います。

【独立起業・知っておくべき基本の”キ”セミナー】
失敗する独立と成功する独立の違いとは?
商売を軌道に乗せるために考知っておくべきこと

日時:6月24日(土) 12:30~ 
場所:神田(予約頂いた方には詳細をメールでお送りします)
参加費:39,800円(税込み)

なお、セミナー当日にお話する100ページ以上のボリュームのあるプロジェクターデータはすべて公開します。また、当日録音した音声データも参加者にはすべて無料で公開します。

参加希望の方は下記からご予約ください。
折り返し会場の案内を書いたメールを送信します。

▼参加予約フォーム


独立、起業、開業は
「頑張ればなんとかなる!」
「努力すればイケる!」
「最初は利益が出なくてもいい」
「店や事務所を構えればお客は来る」
ほど甘くはありません。

いつか独立して好きな仕事をして暮らしたい、あるいは独立して1~2年程度の方で真剣に経営について考えている方は今すぐにご予約を。少人数制で定員になり次第締め切りです。


このページのトップヘ