商売繁盛心理学・ビジネス心理学講師 酒井とし夫

商売繁盛心理学ブログは集客、売上アップ、販売促進、広告、セールス、コミュニケーション等、中小個人企業経営に役立ちます。

25回ダメでもあきらめない男

今日も絶好調!年間講演依頼100本超・ビジネス心理学講師の酒井とし夫です。


想像してください・・・。
あなたは新規開拓をしようとしています。


あなたは優良企業であるE社に狙いを定めました。
さっそく担当者とアポイントを取るために
あなたは電話をかけました。


すると次のように言われました。
「あいにく担当者が不在です。」


あなたは言う。
「そうですか。ありがとうございます。
ではまたかけ直します。」


後日、あなたはまたE社に電話をかけます。
すると次のように言われました。
「あいにく担当者が不在です。」

あなたは言う。
「そうですか。ありがとうございます。
ではまたかけ直します。」


後日、あなたは三度、E社に電話をかけます。
すると次のように言われました。
「あいにく担当者が不在です。」

あなたは言う。
「そうですか。ありがとうございます。」

さて、あなたなら4回目の電話をするだろうか?
私ならメゲるかもしれない・・・。
でも、気を取り直してあなたはもう一度トライする。

するとまたしてもこう言われる。
「あいにく担当者が不在です。」


さて、あなたなら5回目の電話をするだろうか?
私ならメゲるだろう・・・。
でも、あなたは気を取り直してもう一度トライする。

するとこう言われた。
「あいにく担当者が不在です。」


さて、あなたなら6回目の電話ができるだろうか?


もうちょっと想像して欲しいのだけれど
こんな感じであなたが定期的にE社に電話をかけたとする。
そして、20回目の電話で
次のように言われたらあなたはどうするだろう?
「あいにく担当者が不在です。」


そもそも、20回も電話をしない・・・・だろうか。


実は私の知人でなんと25回
「あいにく担当者が不在です。」
と言われてから仕事を獲得した男がいる。

25回



それは下記の男。

 ▼トーリーコミュニケーションズ株式会社
 代表取締役 鳥澤謙一郎 氏
 http://www.torycom.co.jp/profile.html 

 ▼鳥澤謙一郎さんフェイスブック
 https://www.facebook.com/torisawa.kenichiro 



氏は株式会社リクルートフロムエーに勤務していた当時に
年間最優秀営業賞を受賞し、交通事故で顔を200針縫うほどの
大怪我をしても営業に出かけたというツワモノ。


現在は上場企業や大手企業を中心にモチベーションアップや
コミュニケーション、営業に関する社員研修を行っています。


鳥澤社長には私の勉強会ダイバーシティ・クラブでも研修を
担当頂いたことがあります。実際に会うと分かりますが
氏のエネルギーは半端なく大きく強いので、普通の人なら
萎縮するかもしれません。


私は氏と会ってからよく次のことを思います。

『テクニックじゃねーよ!
 気持ちだよ!!!』



世の中には能書き、ウンチク、講釈をたれる人は
たーーーーーーくさんいます。
(ある意味、私もその一人ですが・・・ )


なんとかテクニック、
なんたらメソッド
誰それ式マーケティング
なんちゃら協会認定資格
うじゃうじゃうじゃうじゃうじゃうじゃそんなのがある。


でも、人を動かすのは、何か結果を残すのは
テクニックじゃないよね。
メソッドじゃないよね。
マーティングでも資格でもないよね。


そんなもんじゃない。
人を動かして結果を残すのは
【あきらめない気持ち】


25回も電話の取次ぎをしてもらえないと
普通はあきらめる。


でも、氏はまったくあきらめなかった。
というより氏と何年かお付き合いをして分かったけど
氏の頭の中にはあきらめるという概念が無い。(と思う。)


なんとかテクニック、
なんたらメソッド
誰それ式マーケティング
なんちゃら協会認定資格
うじゃうじゃうじゃうじゃうじゃうじゃあるそんなものに
時間を金を使うくらいなら
こういう人に実際に会って
そのエネルギーに触れた方が
はるかに得るものが多いよ。


(氏はよく勉強会ダイバーシティ・クラブに遊びに来てくれます。
 http://www.middleage.jp/fortune/benkyo.html )


『あいつはバカだ』・・・
話し方やスピーチがヘタだとそう思われて仕事と人生で損をします。


 
 



 

 

あがり症の震えは自然には治らない!

あなたのあがり症のふるえは時間が経てば経つほどひどくなります

研究結果によるとあがり症は放っておいても治りません。むしろ時間が経てば経つほどアガりの度合いはひどくなります。なぜ、私が極度の緊張症とアガリ症を克服することができたのか?それをこちらで全て紹介しています。これはあなたがアガリ症を克服する最後のチャンスです。
 
アガリ症

このページのトップヘ