商売繁盛心理学・ビジネス心理学講師 酒井とし夫

商売繁盛心理学ブログは集客、売上アップ、販売促進、広告、セールス、コミュニケーション等、中小個人企業経営に役立ちます。

2010年10月

こんばんは、酒井とし夫です。
前回は「売れるキャッチコピーと広告コピーの書き方」のお話でした。
今回は「商売の暇な時期の底上げ方法」のお話です。

◆1年で一番安い。

ちょっと前のことですがこんなポスターを見つけました。

$商売心理学で売上UP!集客と広告と販促にスグ役立つブログ

コピーがいいですね。

「1年でスーツが一番安く変える日」


これが単に
「一番安いお店」
とか
「業界最安値」
といった他社との比較なら誇大表現で問題になるかもしれませんが、
このポスターに書かれている
「一番安い」
というのは自社内での比較ですから問題ないですから問題ないですね。


洗剤のCMで「節水効果20%アップ (自社比)」等とうたっているのと
同じ考え方です。



◆暇な時期の底上げ。

応用するとこんな広告コピーや店内POPやDMコピーが
作れます。


「1年でブランドバッグが一番安く買える日」

「1週間で好きなスイーツが一番たくさん選べる日」

「1週間でスキーが一番ゆったり滑ることができる日」

「1日でランチが一番ゆったり食べられる時間」

「1年で最新家電が一番安く買える日」

「1日でマッサージが一番長く受けられる時間」

「1週間で一番ゆったりとトレーニングできる曜日」



もちろん、この「一番○○な日」には一年やシーズン毎、
曜日毎でもっとも「暇な時期」や「時間」を当てるわけですから
売上げの底上げにつながる可能性があります。


商売をしていると「オフシーズン」「暇な曜日」「お客さんが
来店しない時間帯」があることが分かります。


このような時期には宿泊施設や旅行会社等は
「割安価格」を設定したりして、売上げの底上げを狙うわけですが、
この考え方って他の業界でも応用できますよね。


但し、単に割引するだけでは能がないので
「オフシーズン」「暇な曜日」「お客さんが来店しない時間帯」の
メリットを訴求しても良いかもしれません。



◆1年で一番お得!

私は平日の午前中にスポーツジムに行きますが
大抵、いつも顔を合わせる60代の男性2人しかいませんから
の~んびりとトレーニングできます。


この時間帯の利用料を安くしてもいいのですが、
「混まない」
ことのメリットを
「1週間で一番ゆったりとトレーニングできる曜日」
として訴求できます。


私は昼飯はだいたい11時にお店に行くので
お店はガラガラで並ぶことがありませんし、
せかせか食べることもありません。


この時間帯のランチ価格を安くしてもいいのですが、
「ゆったりできる」
ことのメリットを
「1日でランチが一番ゆったり食べられる時間」
として訴求できます。


冬場には私は家から車で20分のスキー場も平日の午前中に行くので
ほぼ貸切りです。

この時間帯の利用価格を安くしてもいいのですが、
「貸切状態である」
ことのメリットを
「1週間でスキーが一番ゆったり滑ることができる日」
として訴求できます。


トレーニングやランチ、スキーが「混まず」に「のんびり」と
「ゆったり」できることは私にとっては「ラッキーなこと」なことですが、
経営者にとっては「ラッキーなこと」ではないはずです。


今は定時に出社して、定時に帰宅しなくてはいけない人や、
お昼を12時からしか食べることが出来ない人、
土日にしか休めない人以外の人も大勢いるはずです。


だから、きっと火曜の午前中にトレーニングがしたい人や
ランチを14時から食べたい人、土日に休めないので平日に
遊びたい人もたくさんいるはずですね。


そんな人に「一年で一番お得ですよ」と
訴求してみてはどうでしょう。


【関連サイト】
中小企業ではチラシや広告にお金をかける前に、智恵とアイデアでできることと、やれることがたくさんあります。
その具体的な集客方法の詳細はこちら

【関連記事】
新市場を開拓して売上アップ
つい買っちゃうひと言



ビックリマークブログのど素人だった私が数ヶ月でアメブロでコンスタントに売上を上げるようになった理由とは?

目【無料公開】ツイッター入門動画セミナー
『初心者にも分かるツイッター入門。あなたのファンを作り商売に生かすツイッター活用術』

読者数2万5千人の殿堂入りメルマガも毎週配信中です。商売繁盛に役立つメルマガです。ぜひあなたもご登録ください。
 ↓ ↓ ↓


     ---------------------------------------------------


にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村
↑ランキングサイトに参加しています。ポチッと1クリックをお願いします。


人気ブログランキングへ
↑こちらのランキングもポチッと1クリックをお願いします。

パソコン現在のこのブログの「はてブ」でのブクマ数→

























はてなRSSに追加

livedoor Readerに追加

My Yahoo!に追加

Googleに追加

goo RSSリーダーに追加

Bloglinesに追加

Technoratiに追加

PAIPOREADERに追加

newsgatorに追加

feedpathに追加

Powered by SEO対策 RSSプラス


こんばんは、酒井とし夫です。
前回は「商売で生き残る秘訣」のお話でした。
今回は「売れるキャッチコピーと広告コピーの書き方」のお話です。

何事も上達の近道はお手本を学ぶこと。マネぶことです。
キャッチコピーの作成も同じです。そこで、毎回、1本ずつ新聞、チラシ、雑誌、書籍タイトル等で見つけたキャッチコピーと、その背景にある心理や考え方までを紹介しますので、あなたのキャッチコピー作りの参考にして下さい。

■『大好評のため残りわずか、お急ぎください。』


人は「大好評」と言う言葉から
「他の多くの人が申し込んでいる」
と考えます。そして、
「他の多くの人が申し込んでいるなら安心」
と考えます。


心理学的には「社会的証明」です。
行列ができているお店に興味を引かれるのと同じです。


人は
「お急ぎください」
という言葉から
「迷っていると手に入れ損ねるかもしれない」
と考えます。


心理学的には「希少性」です。
人は数の少ないもの、手に入りにくいものに価値を置き、欲しがります。


「単純なキャッチコピーだなあ」
と思うかもしれませんが、このコピーはある優良企業のカタログのトップページに
掲載されていたものです。



【関連サイト】
=>2時間で分かる!売れるキャッチコピーと広告コピーがスラスラ書ける方法

【キャッチコピーの関連記事】
売れるキャッチコピー ==>○○のトラブル即解決!!
売れるキャッチコピー ==>失敗ランキング

【注目リンク】

ビックリマークアメーバブログで濃い見込み客を集めて売上を上げる方法とは?

目【無料公開】ツイッター入門動画セミナー
『商売に生かすツイッター活用術』はこちら。


読者数2万5千人の殿堂入りメルマガも毎週配信中です。商売繁盛に役立つメルマガです。ぜひあなたもご登録ください。
 ↓ ↓ ↓


     ---------------------------------------------------


にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村
↑ランキングサイトに参加しています。ポチッと1クリックをお願いします。


人気ブログランキングへ
↑こちらのランキングもポチッと1クリックをお願いします。

パソコン現在のこのブログの「はてブ」でのブクマ数→

























はてなRSSに追加

livedoor Readerに追加

My Yahoo!に追加

Googleに追加

goo RSSリーダーに追加

Bloglinesに追加

Technoratiに追加

PAIPOREADERに追加

newsgatorに追加

feedpathに追加

Powered by SEO対策 RSSプラス


こんばんは、酒井とし夫です。
前回は「売れるキャッチコピーと広告コピーの書き方」のお話でした。
今回は「商売で生き残る秘訣」のお話です。


数ヶ月前に東北地方のある団体様からメールを頂き、
11月の中旬から3回連続の講演のオファーを頂きました。
もちろん、ありがたく引き受けさせて頂きました。


そして、昨晩、さらに追加で講演の打診を頂きました。
その地では、私は、まだ、一回も講演をしていません。
担当者の方にも一度もお会いしていません。
でも、合計で4回もの講演のオファーを頂いたことになります。


数ヶ月前にメールでオファーを頂いてから、
私は電話をかけてお話をさせて頂き、
後日、何度かメールを送らせて頂き、
講演計画票を送付させて頂き、
レジメデータを送らせて頂き、
さらに何度かメールを送らせて頂きました。
そして、会場までの移動距離が長いので自腹で前泊することを決めました。


担当の方が私のこういった「姿勢」を意気に感じて頂き、
4回目のオファーを頂けたようです。ありがたいことです。


メールや電話で何度か連絡をさせて頂き、講演計画票を送付させて頂き、
レジメデータを送らせて頂く・・・といったことをすることは、
直接講演依頼を受けた場合には私にとっては当たり前の行動です。
(講師派遣会社を通して依頼を受けた場合には、派遣会社の担当者の
指示に従いますが。)


でも、今回、担当の方が私のこういった「姿勢」を意気に感じて頂いたということは
「他の方はあまりこういったことをやらない」のかもしれませんね。



こちらの記事でも書きましたが、やはり、
仕事を頂くとか、より繁盛するとか、他の人より抜きん出るためには
「何か特別なことをする必要ってないんじゃないかしら」
と感じます。


ブログだってアクセスを増やしたければ、基本はコツコツ投稿する、コツコツ読者登録する、
コツコツコメントを書く・返す、リンクを貼る、タイトルにキーワードを含める・・・
といったフツーのことをやることですよね。
「何か特別なことをする必要ってない。」


TVで哀川翔さんが
「特別なことをやるんじゃなくて続けてれば、自然に他が落ちていく。」
といったことを言っているのを聞いたことがあります。


商売も仕事もやっぱり生き残ろうとするなら「何か特別なこと」を短期間に実行することが大切なのではなく、当たり前のことをちゃんと、そしてず~っと継続することだと強く感じた夜でした。

担当のKさん、ありがとうございました。
当日はご参加の方のお役に立てるよう精一杯知識と経験とアイデアをお話させて頂きます。


【関連サイト】
中小企業ではチラシや広告にお金をかける前に、智恵とアイデアでできることと、やれることがたくさんあります。その具体的な集客方法の詳細はこちら

【関連記事】
日々の改良が売上アップにつながる
気遣いで売上アップ



ビックリマークブログのど素人だった私が数ヶ月でアメブロでコンスタントに売上を上げるようになった理由とは?

目【無料公開】ツイッター入門動画セミナー
『初心者にも分かるツイッター入門。あなたのファンを作り商売に生かすツイッター活用術』

読者数2万5千人の殿堂入りメルマガも毎週配信中です。商売繁盛に役立つメルマガです。ぜひあなたもご登録ください。
 ↓ ↓ ↓


     ---------------------------------------------------


にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村
↑ランキングサイトに参加しています。ポチッと1クリックをお願いします。


人気ブログランキングへ
↑こちらのランキングもポチッと1クリックをお願いします。

パソコン現在のこのブログの「はてブ」でのブクマ数→

























はてなRSSに追加

livedoor Readerに追加

My Yahoo!に追加

Googleに追加

goo RSSリーダーに追加

Bloglinesに追加

Technoratiに追加

PAIPOREADERに追加

newsgatorに追加

feedpathに追加

Powered by SEO対策 RSSプラス


こんばんは、酒井とし夫です。
前回は「意外性で売上アップ」のお話でした。
今回は「売れるキャッチコピーと広告コピーの書き方」のお話です。

何事も上達の近道はお手本を学ぶこと。マネぶことです。
キャッチコピーの作成も同じです。そこで、毎回、1本ずつ新聞、チラシ、雑誌、書籍タイトル等で見つけたキャッチコピーと、その背景にある心理や考え方までを紹介しますので、あなたのキャッチコピー作りの参考にして下さい。

■『あなただけに無料で綺麗になれるチャンスを。 
○月○日まで!!』



良いキャッチコピーの要素が入っていますね。
「あなた」と「無料」と「期間限定」です。


キャッチコピーやタイトルでは
「みなさん!」と呼びかけても実際には誰も気にとめません。


キャッチコピーで大切なのは

「結婚式までに5kg痩せたいあなた!」

「年内に軽自動車を買おうと思っているあなた!」


というように「あなた」を絞り込むこと。


そして、とにかくキャッチコピーに困ったらとにかく無料。
何か無料で提供できる品、サービス、情報を作ります。


そして、人は締め切りがないと
動かない。あなたもそうでしょ。
人は時間の余裕がある時ほど動かないものです。

この3つの要素をちゃんと含めるだけでも
あなたの作るキャッチコピーの反応はぐん!と良くなるはずです。


【関連サイト】
=>2時間で分かる!売れるキャッチコピーと広告コピーがスラスラ書ける方法

【キャッチコピーの関連記事】
売れるキャッチコピー ==>警告! あなたは○○に陥っていないか?
売れるキャッチコピー ==>知っていますか?

【注目リンク】

ビックリマークアメーバブログで濃い見込み客を集めて売上を上げる方法とは?

目【無料公開】ツイッター入門動画セミナー
『商売に生かすツイッター活用術』はこちら。


読者数2万5千人の殿堂入りメルマガも毎週配信中です。商売繁盛に役立つメルマガです。ぜひあなたもご登録ください。
 ↓ ↓ ↓


     ---------------------------------------------------


にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村
↑ランキングサイトに参加しています。ポチッと1クリックをお願いします。


人気ブログランキングへ
↑こちらのランキングもポチッと1クリックをお願いします。

パソコン現在のこのブログの「はてブ」でのブクマ数→

























はてなRSSに追加

livedoor Readerに追加

My Yahoo!に追加

Googleに追加

goo RSSリーダーに追加

Bloglinesに追加

Technoratiに追加

PAIPOREADERに追加

newsgatorに追加

feedpathに追加

Powered by SEO対策 RSSプラス


こんばんは、酒井とし夫です。
前回は「売れるキャッチコピーと広告コピーの書き方」のお話でした。
今回は「意外性で売上アップ」のお話です。


◆意外性。

先日、親戚が入院している病院へお見舞いに行きました。
その日は大雨が降った日。


親戚は私が病室に入るとびっくりして驚くとともに、
とても喜んでくれました。


大雨で誰も見舞い客がいなかったようで
私が来たことに大いにびっくりしたようです。


もちろん、普通の日にお見舞いに来てもらっても
嬉しいでしょうけど、大雨の日に
見舞いに来てくれた「意外性」が普通の日以上に
喜びをもたらしたようです。


また、ある日のこと、父が煮物を作りました。
今まで米も研いだこともなかったのでびっくりしました。


普段料理を作っている人が煮物を作れば
それは何とも無いことですが
普段台所にさえはいらない人が煮物を作ると
「意外性」があって驚きます。


◆意外性が生む差別化。

amazonである本を探した所、在庫切れ。
そこでマーケットプレイス(古本販売)で注文をしました。


そして、送られてきたのが下の本。

$商売心理学で売上UP!集客と広告と販促にスグ役立つブログ


今までの経験だとマーケットプレイスで本を注文すると
本がプチプチ透明クッションに包まれて送られてくるのが普通だったのですが、
この本はプチプチ透明クッションに包まれた上に
さらに、紙製のブックカバーがかけられていました。


そして、本を読もうと表紙を開くと中になんと
手書きのお手紙まで挟まれていました。


う~ん、仕事が丁寧ですね。

ブックカバーがかけられていた時点で
「へ~っ。」
と意外性に少し驚きましたが、
手紙は全く「想定外」だったのでかなり感動しました。



◆どうしたら意外性が創れるのか。

他の人と同じ事をしてただけでは、
「意外性」は生まれませんが、
他の人がやらないちょっとしたことを、
他の人がやらないタイミングで実行すると
それが「意外性」につながり、
その結果が「感動」を生みますね。


ということは、
「仕事でどうしたら相手が喜ぶかを常に考える」
ということを考える時には
「どうしたら意外性を創れるか」
という視点を持つと結果として「感動」を与えることができるということですね。


他の会社やお店と同じ梱包をしていたのでは
「意外性」は生まれません。


他の営業マンと同じセールスを行っていたのでは
「意外性」は生まれません。


他のお店と同じような広告を作っていたのでは
「意外性」は生まれません。


他の会社と同じようなイベントを行っていたのでは
「意外性」は生まれません。


どうしたらお客さんの「想定外」のことができるか?
どうしたら「意外性」を生み出すことができるのか?
しかも、それをコストをかけずに行うにはどうしたら良いか?


これらを考えることはとても「創造的な仕事」ですね。
そして、こんなことを日々考え続けることが
きっと自社の強力な差別化要因を生み出す秘訣です。



【関連サイト】
中小企業ではチラシや広告にお金をかける前に、智恵とアイデアでできることと、やれることがたくさんあります。
その具体的な集客方法の詳細はこちら

【関連記事】
商売にいかす演出とストーリー
成功できるという思い込みが成功を呼ぶ



ビックリマークブログのど素人だった私が数ヶ月でアメブロでコンスタントに売上を上げるようになった理由とは?

目【無料公開】ツイッター入門動画セミナー
『初心者にも分かるツイッター入門。あなたのファンを作り商売に生かすツイッター活用術』

読者数2万5千人の殿堂入りメルマガも毎週配信中です。商売繁盛に役立つメルマガです。ぜひあなたもご登録ください。
 ↓ ↓ ↓


     ---------------------------------------------------


にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村
↑ランキングサイトに参加しています。ポチッと1クリックをお願いします。


人気ブログランキングへ
↑こちらのランキングもポチッと1クリックをお願いします。

パソコン現在のこのブログの「はてブ」でのブクマ数→

























はてなRSSに追加

livedoor Readerに追加

My Yahoo!に追加

Googleに追加

goo RSSリーダーに追加

Bloglinesに追加

Technoratiに追加

PAIPOREADERに追加

newsgatorに追加

feedpathに追加

Powered by SEO対策 RSSプラス


このページのトップヘ