商売繁盛心理学・ビジネス心理学講師 酒井とし夫

商売繁盛心理学ブログは集客、売上アップ、販売促進、広告、セールス、コミュニケーション等、中小個人企業経営に役立ちます。

2013年08月

☆ビジネス・コミュニケーション心理スキル348☆
講演後に
「酒井さんの話は情景が目に浮かんでくるので分かりやすい。」
「酒井先生の話には説得力があるので納得してしまう。」
とよく言われる。

たぶん、それは時折、次のことに注意して話をするからだと思う。
 ↓
 ↓
 ↓
感覚表現。

例えば
「今朝は5時に起きました。」
というところを
「今朝は目覚ましのけたたましい音が耳元で鳴り(聴覚)、ガバっ!と布団から飛び起き(身体感覚)ました。眠い目をこすりながら(身体)目覚まし時計に目を近づける(視覚)とまだ朝の5時でした。」
といった感じで説明をします。

全ての説明をこれで行うとウザいですが、要所要所でこういった表現を意識すると聞き手に情景や音や感覚が伝わりやすくなります。

交渉やプレゼンでも応用できます。

PS.
ちょっとした言葉の使い方が仕事と人生を大きく変える。そのスキルを酒井とし夫の動画セミナー全編90分で公開中です。
http://www.middleage.jp/sem/ 
酒井とし夫の商売繁盛ビジネス教材
http://www.middleage.jp/biz/
酒井とし夫の講演会・研修・コーチング・コンサル
http://www.middleage.jp/kouenkoushi/ 
数年前まで私はツルハシ持って穴を掘っていました。そこから全国講演講師になるまでの実話公開。
http://www.middleage.jp/kouenkoushi/image/story.pdf

「コミュニケーションが下手なんです。
何を話していいか分からないんです。どうしたらいいでしょう。」
と、聞かれたことがある。

うん、特に気負って話さなくてもいい。
まずは、相手の話にうなづき、あいづちを打ち、バックトラッキングする。

そして、相手が「話したい」「関心がある」と思われる言葉を探す。
具体的には相手の言葉の中で次の表現に注意する。
感情表現、欲求表現、特徴表現。

感情表現とは喜怒哀楽を表す言葉。
例えば
「○○が好き。」
「○○が嫌い。」
「○○に怒った。」
という感情を表す表現。
こういった言葉は感情とともに口から出るので、相手はその対象となっている事柄に強い興味関心こだわりを持っている可能性が高い。

だから、こういった表現が出てきたら。
「○○が好きということですがもう少し聞かせてもらえませんか?」
といった質問でさらに会話を広げるのだ。

次に欲求表現。
これは
「○○したい。」
「○○が欲しい。」
「○○をやりたくない。」
といった表現。
これも感情から出る言葉なので相手はその事柄に高い関心がある。

次が特徴表現。
これは普段ならあまり使わない言葉や単語のこと。
例えば
「この状態は群雄割拠だよね。」
「非常にスペシフィックな出来事だった。」
「あの時は五里霧中だった。」
といった通常の会話では出てこない言葉。
こういった言葉が出るときも相手はその事柄に高い関心がある。

コミュニケーションが上手な人というと
「しゃべりがうまい」
という印象を持つ人が多いけど、コミュニケーションが上手な人というのは実は相手から会話を引き出すのがうまい人のことだ。

さらに他のコミュニケーションスキルは下記の動画でチェックしてください。
http://www.middleage.jp/sem/ 


PS.
酒井とし夫の商売繁盛ビジネス教材
http://www.middleage.jp/biz/
酒井とし夫の講演会・研修・コーチング・コンサル
http://www.middleage.jp/kouenkoushi/ 
数年前まで私はツルハシ持って穴を掘っていました。そこから全国講演講師になるまでの実話公開。
http://www.middleage.jp/kouenkoushi/image/story.pdf

【タイトル】会話の上手な広げ方/基調講演で人気の酒井とし夫 基調講演のご依頼は余裕を持って

「コミュニケーションが下手なんです。
何を話していいか分からないんです。どうしたらいいでしょう。」
と、聞かれたことがある。

うん、特に気負って話さなくてもいい。
まずは、相手の話にうなづき、あいづちを打ち、バックトラッキングする。

そして、相手が「話したい」「関心がある」と思われる言葉を探す。
具体的には相手の言葉の中で次の表現に注意する。
感情表現、欲求表現、特徴表現。

感情表現とは喜怒哀楽を表す言葉。
例えば
「○○が好き。」
「○○が嫌い。」
「○○に怒った。」
という感情を表す表現。
こういった言葉は感情とともに口から出るので、相手はその対象となっている事柄に強い興味関心こだわりを持っている可能性が高い。

だから、こういった表現が出てきたら。
「○○が好きということですがもう少し聞かせてもらえませんか?」
といった質問でさらに会話を広げるのだ。

次に欲求表現。
これは
「○○したい。」
「○○が欲しい。」
「○○をやりたくない。」
といった表現。
これも感情から出る言葉なので相手はその事柄に高い関心がある。

次が特徴表現。
これは普段ならあまり使わない言葉や単語のこと。
例えば
「この状態は群雄割拠だよね。」
「非常にスペシフィックな出来事だった。」
「あの時は五里霧中だった。」
といった通常の会話では出てこない言葉。
こういった言葉が出るときも相手はその事柄に高い関心がある。

コミュニケーションが上手な人というと
「しゃべりがうまい」
という印象を持つ人が多いけど、コミュニケーションが上手な人というのは実は相手から会話を引き出すのがうまい人のことだ。

さらに他のコミュニケーションスキルは下記の動画でチェックしてください。
http://www.middleage.jp/sem/ 



PS.
酒井とし夫の講演会・研修・コーチング・コンサル
http://www.middleage.jp/kouenkoushi/
数年前まで私はツルハシ持って穴を掘っていました。そこから全国講演講師になるまでの実話公開。
http://www.middleage.jp/kouenkoushi/image/story.pdf

少しだけ想像してもらってもいいだろうか?
もし、あなたが舞台の照明係だとする。

舞台にはあなたの会社やお店の商品が置かれている。
当然、あなたはスポットライトをそこに当てようとする。
その商品を売りたいからだね・・・。

でも、そのスポットライトを別のところに当てるともっと買ってもらえる確率が高まるんだけど、どこに当てるのか分かる?

・・続きは講演依頼で人気のビジネス心理学講師酒井とし夫のFBへ

☆ビジネス・コミュニケーション心理スキル341☆
私はここ数年講演を行っていて感じていることがいくつかありますが、そのうちの一つが次のこと。
 ↓ 
具体的な話だけより○○な方がウケる。
これはあなたの仕事でも役立つちょっとした考え方なのですが。。

続きは講演依頼で人気の酒井とし夫のFBページで。

このページのトップヘ