講演依頼講師 酒井とし夫の講演会ブログ

講演依頼講師として講演会で圧倒的な実績の酒井とし夫の講演実績や講演会の感想を紹介したブログです。講演会講師・酒井とし夫は雑誌プレジデントやフジTVでも紹介されている人気講師です。

2016年01月

中小個人企業はランチェスター弱者の戦略で戦え!


ランチェスター戦略って、イマイチ応用法が良く分からない。」
とある方から言われました。

確かにランチェスター戦略自体は戦争における競争の法則が元になっているので難しいし、分かりにくいところもありますね。

今日は中小個人企業にも分かりやすい「一騎打ち戦の法則」を説明しましょう。

最初に少しだけ難しい話をします。
ランチェスター戦略には第一法則と第二法則があります。
第一法則は射程距離が短い兵器を使う戦いの仕方です。
射程距離が短い兵器とは刀や槍ですね。

たとえば相手軍100人、自軍50人が刀や槍を持って戦ったします。
この場合、武器と兵士の質に差がなければ自軍50人が全滅する場合には、相手軍も50人の戦死者が出ます。(1対1でぶつかるからですね)
つまり、この場合の攻撃力は「兵力数に比例する」ということです。

この戦い方を会社の利益を生み出す「営業マン」で考えてみましょう。
大企業1人vs中小企業0.5人(半分)の一騎打ち戦の場合の力関係は
1:0.5となり攻撃力は兵力数に比例します。
1のインプットで1のアウトプット。投入した数の分だけの結果が出るということです。

第二法則は射程距離が長い兵器を使う戦いの仕方です。
射程距離が長い兵器とは鉄砲ですね。

たとえば相手軍5人、自軍2人が離れて鉄砲を打ち合う時を考えてみましょう。
この場合、自軍は5人から1/2の確率で相手から狙われます。
つまり損害確率は5/2です。
相手軍は自軍の2人から1/5の確率で狙われますから損害確率は2/5です。
分母を同じにすると25/10対4/10となります。

損害量の反対は攻撃力ですから、このような戦いを相手軍5人:自軍2人で行なうと、攻撃力は5:2ではなく25:4になるのです。
つまり、この場合の攻撃力は「兵力数の2乗に比例する」ということです。

やはり、この戦い方を会社の利益を生み出す「営業マン」で考えてみましょう。
大企業1人vs中小企業0.5人(半分)の間隔戦の場合の力関係は
2乗比になりますから1:0.5ではなく1:0.25になります。

すると、中小企業の兵力数は大企業に比べて1/2なのに、効率は1/4になってしまいます。
効率が悪いですよね。

難しいですか?
簡単に言うと兵力数の劣る中小企業は間隔戦で戦うと次のようになるということ。
 ↓
『働いても働いても、効率が悪いので儲からん!』

じゃあ、働いた分だけ儲かるようにするにはどうしたら良いでしょう?
そうですね。
兵力数で劣る中小個人企業は第一法則に則って商売をした方が良いということです。

では、具体的にはどうすれば良いのか?
一騎打ち戦で、接近して商売をするということです。

  一騎打ち戦=商品を絞る。地域や客層を絞る。
  接近戦=訪問販売、直接販売、ローラー作戦を実行する。問屋を通さない。

そして、攻撃力は「兵力数に比例する」のですから、昨日のブログにも書きましたが、大量に行動する、ということが必要になります。
  

第一法則に則った大量の行動=大量のインプット=そのまま結果に出やすい、ということ。

第一法則の攻撃力は「兵力数(=戦術量)に比例する」ので、やった分だけ見返りがある可能性が高い、ということです。

だから、日々私はメルマガやブログ、FB、Youtube、講演会で【大量に行動】するのです・・。

PS.
小さな会社やお店が【1番になるためのやり方】
・・・それが




▼酒井とし夫の好評セミナーを収録した動画を公開中!




=>>酒井とし夫の毎月開催の勉強会について
=>>酒井とし夫の講演詳細サイト
=>>ツルハシを持ったおっさんから人気講師になった男の実話
=>>酒井とし夫のビジネスセミナー動画大公開
=>>予算ゼロでも効果がすぐ出る 売り上げが3倍上がる!販促のコツ48/日本能率協会マネジメントセンター

¥1,620
Amazon.co.jp


このエントリーをはてなブックマークに追加

「成功体験を劇的に増やし、大切な回路に何度も信号を流して本質の回路に昇華させるためには、その前に、十分に、無駄な回路を切り捨てておく必要がある。その無駄な回路を捨てる、成功への基本エクササイズこそが『失敗』なのだ。」
(「英雄の書」黒川伊保子著 ポプラ社 より引用)

私は40代迄はほとんど失敗続きの仕事と人生でした。

やってもやっても失敗ばかり・・・。
「オレはバカなんじゃないか?」と真剣に悩みました。

でも、今なら次のことが明確に分かります。
『行動すれば失敗することの方が多い。』

あの本田宗一郎さんだって
「私がやった仕事で本当に成功したものは、全体のわずか1%にすぎないということも言っておきたい。99%は失敗の連続であった。」
と言っているのだから、私のようなチョー凡人が行動すれば失敗が続くのは当たり前。

行動したら、ほとんどが失敗します。でも、行動しないと成果は手に入らない。
だから、並みの能力しかない私が成果を手に入れるためには失敗が続くのが当たり前で、大量に失敗しないとその先にある成果には手が届かないわけです。

言い方を変えると
「早く大量に失敗を経験した方が成果に近づく」
とも言える、と私は考えています。

だから、私は勉強会のメンバーにもよく言います。
『大量の行動をしよう!』
と。

おそらく、メンバーも大量に行動すると、大量に失敗がどんどん続きます。
でも、そこを突破することでしか成果には到達できない・・。

だから、完璧や完成型を待つ時間があるのであれば、行動して、大量に失敗した方が良いとも思っています。

冒頭の引用文にも書かれているように、世の中の本質の一つは下記のこと。
【成功への基本エクササイズこそが『失敗』jなのだ。】

じゃんじゃんどんどんばりばり失敗しよう。

PS.
今なら下記で酒井とし夫セミナーの収録動画を全編公開中です。
==> http://www.middleage.jp/fortune/lucky9.html




=>>【速報】今なら酒井とし夫のあの好評セミナーを収録した動画を公開中!
=>>酒井とし夫の毎月開催の勉強会について
=>>酒井とし夫の講演詳細サイト
=>>ツルハシを持ったおっさんから人気講師になった男の実話
=>>酒井とし夫のビジネスセミナー動画大公開
=>>予算ゼロでも効果がすぐ出る 売り上げが3倍上がる!販促のコツ48/日本能率協会マネジメントセンター

¥1,620
Amazon.co.jp



このエントリーをはてなブックマークに追加

先週金曜日の富士通ファミリ会信越支社様での講演会のこと。
ご参加の皆様が積極的な方ばかりだったので会場には笑顔がたくさん見えました。

人前で話す時に、目の前にいる人を笑顔にする一番よい方法をお教えしましょう。
それは・・・
 ↓
 ↓
自分が笑うこと。


(依頼講演で人気講師・酒井とし夫)

講演会としては先週の富士通ファミリ会信越支社様が今年最初の登壇となったので、私もきっと嬉しかったというか、ワクワクして話し始めたので自然と笑っていたのでしょうね。
それが会場にも伝わったのだと思います。

目の前にいる人を元気付けたいならよい方法があります。
それは、自分の元気を与えること。

目の前にいる人に楽しんでもらいたいならよい方法があります。
それは、自分が楽しむこと。

あなたの周りにも居ませんか?
その人が部屋に入ってくるだけでなんだか空気が明るくなる人。
その人の近くにいるだけでなんだか元気をもらえる人。

科学的な根拠は私には分かりませんが
その人のエネルギーって周りに伝わるんですよね。

昨日のTVでタレントのイモトアヤコさんが、安室 奈美恵さんのライブに参加した後にこう言っていました。
『アムロちゃん、ありがとう。
これで一年頑張れる!!』

スゴクないですか?
2時間とか3時間その人と一緒の空間にいた何万人もの人に生きるエネルギーを与える存在って・・・。

できることなら私は私の周りにいると楽しい、ウレシイ、元気がでる、やる気がでると言われたい。

私の周りにいる人には
楽しく笑ってもらいたい。
そのためには自分が楽しく笑って仕事をすること。

仕事や人生で自分が楽しんでいないのにお客様や友達や家族に
「楽しめよ!」
とは言っても全然説得力がないですものね。


あなたの周りに居る人はどんな顔をしていますか?
あなたは周りの人にどんなエネルギーを伝えているのでしょうか。


=>>酒井とし夫のあの好評セミナーを収録した動画を公開中!
=>>酒井とし夫の毎月開催の勉強会について
=>>酒井とし夫の講演詳細サイト
=>>ツルハシを持ったおっさんから人気講師になった男の実話
=>>酒井とし夫のビジネスセミナー動画大公開
=>>予算ゼロでも効果がすぐ出る 売り上げが3倍上がる!販促のコツ48/日本能率協会マネジメントセンター

¥1,620
Amazon.co.jp



このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日は長野市のホテルで講演会でした。
懇親会の時に参加者の方にこう言って頂きました。
「立っている時の姿勢がキレイですネ」

ありがとうございます。 m(__)m
自慢するわけじゃ有りませんが、う言われたのは一度じゃ二度ではありません。

今日はあなたが朝礼や会議、プレゼン、講演、セミナーといった人前で話す時の立ち方についてお話をしましょう。

現代人は靴を履いて歩くので踵(かかと)加重になっています。
これは実はとても不安定。
人前に立った時に緊張したり興奮すると気が頭に上るので踵の点で身体を支えると前後左右にぐらつきます。

だから私は人前で立つ時は次の2つのやり方で体の重心を取っています。
(1)その場でジャンプ
(2)つま先立ち


(1)はその場で4、5回軽く跳んで、ストンと着地します。その姿勢があなたの重心が取れている状態。スキーをする人は分かると思いますが、滑走しながら上下にぴょんぴょんと跳んで自分の正しい重心位置を計るアレと同じです。

(2)はまずその場で歩きます。そして足を止めてつま先立ちになります。そのまま静かに踵を下げます。少し前に重心がかかったその状態が母指球からつま先を意識したエネルギーの出せる立ち位置です。

私の場合には最初に(1)の立ち位置で緊張感をほぐしながら話始めます。そして、話しながら気を込めたい箇所や、あるいはちょっと人数が多くて圧倒されそうに感じた時は踵を少し上げて、下ろし(2)の状態で話をします。

あなたが朝礼や会議、プレゼン、講演、セミナーといった人前で話す時のご参考に。



(依頼講演で人気・酒井とし夫)

=>>酒井とし夫のあの好評セミナーを収録した動画を公開中!
=>>酒井とし夫の毎月開催の勉強会について
=>>酒井とし夫の講演詳細サイト
=>>ツルハシを持ったおっさんから人気講師になった男の実話
=>>酒井とし夫のビジネスセミナー動画大公開
=>>予算ゼロでも効果がすぐ出る 売り上げが3倍上がる!販促のコツ48/日本能率協会マネジメントセンター

¥1,620
Amazon.co.jp



このエントリーをはてなブックマークに追加

私にはこれが究極的なセールスだと思っていることがある。
それは・・・後で述べるとして、昨年の12月に私はスーツケースを買おうとしていた。

去年一年間使っていたスースケースのキャスター部分が壊れてしまった。
年間の半分以上をスーツケースを引きずって移動しているのでスーツケースは消耗品。
すぐにキャスターの部分が傷んでしまう。

「キャスターが頑丈でかつ軽量なスーツケースが欲しい!」
と思った。
だから、ネットショップのレビューを隅から隅まで読んだ。
そして、スーツケースを買った。

去年10月に私はノートパソコンを探していた。
移動中にサイトを作成したり、動画の編集をしたかった。

「スペックが高くてかつ軽量なPCが欲しい!」
と思った。
だから、ネットショップのレビューを隅から隅まで読んだ。
そして、ノートPCを買った。


今年に入って私はあるテーマに関する本を探していた。
「このテーマの専門家になれるような10冊が欲しい!」
と思った。
だから、ネットショップのレビューを隅から隅まで読んだ。
そして、本を買った。


購入を真剣に考えている人がとる行動がいくつかある。
その一つはレビュー、感想、お客様の声、口コミのチェックだ。

なぜか?
失敗したくないという心理が働くから。

安価なものなら別だけれど、ある程度の金額になると
人には失敗したくないという心理が強く働く。
売り手はそれをクリアしないといけない。

だから、私は講師をスタートする時にこう思った。
「きっと、主催者は私を講師として呼んでも失敗しないだろうか?・・・と思うだろう。」
だから、私は講演チラシにレビュー、感想、お客様の声をたっぷり載せた。


今月からスタートしたこちらのサイトを作る時にこう思った。
「きっと、このサイトを見た人は購入して失敗しないだろうか?・・・と思うだろう。」
だからレビュー、感想、お客様の声をたっぷり載せた。
  


来月で17回目の開催となるこちら
「きっと、このサイトを見た人は参加して失敗しないだろうか?・・・と思うだろう。」
だからレビュー、感想、お客様の声をたっぷり載せた。 


こういったレビュー、感想、お客様の声、口コミを「うさんくさい」という人がいる。
その理由は下記の2つ。

(1)その人はまだ購入を真剣に考えていない。
(2)あなたの掲載の仕方、見せ方が悪い。

(1)は仕方がない。
売り手側でコントロールはできない。

(2)は売り手側でコントロールできる。
解決法は簡単である。
 ↓
本物のレビューを載せる。
良いレビューが頂ける様に仕事をする。
・・・・以上、である。
(当たり前のことだけれど私のサイトに掲載している感想は全部本物である。良いレビューが頂けないようなら、それは価格に対してのクオリティが悪いということであり、そんな商売は止めた方がいい。)


私には究極のセールスだと思っていることがある。
それは『紹介とレビュー』だけで仕事を完結させる」こと。

そうすれば
セールスもマーケティングも不要。

「あの人はいい人だよ。推薦する。」
と紹介してもらい、
「噂に違わぬ仕事をしてくれた。」
とレビューを頂ければセールスもマーケティングも不要。

そして、これは次のことをやることでしか実現できないのである。
 ↓
【ちゃんと仕事をする。】



(講演講師依頼で人気・酒井とし夫)

=>>酒井とし夫の毎月開催の勉強会について
=>>酒井とし夫の講演詳細サイト
=>>ツルハシを持ったおっさんから人気講師になった男の実話
=>>酒井とし夫のビジネスセミナー動画大公開
=>>予算ゼロでも効果がすぐ出る 売り上げが3倍上がる!販促のコツ48/日本能率協会マネジメントセンター

¥1,620
Amazon.co.jp



このエントリーをはてなブックマークに追加

こんこんこんにちは!今日は長野です。これから富士通ファミリ会信越支部様で講演会です。
ド快晴だー!!
今日もロッケンローd=(^o^)=b



このエントリーをはてなブックマークに追加

今日の午前中は母の診察に付き添いい。

脳出血で倒れた母は3ヶ月に一度のペースで地元の脳神経外科で診察をします。
いつもはカミサンが付き添ってくれますが、今日は私の予定が空いていたので一緒に病院にいきました。

田舎の総合病院は医師不足。
そのため脳神経外科の担当医もコロコロと変わる。

今はK先生が担当。
待合室で待って分かったのですが、K先生は患者の名前を呼んだ後、自ら診察室のドアを開けて患者を一人一人出向かえていました。
母の順番が来た時も、K先生がドアを開けて出迎えてくださいました。

忙しく、激務なのに、きっと、K先生の想いや何らかの信念がそこにはあるのでしょうね。

「今度の担当のK先生は熱意が有って信頼できると看護師さんの間でも有名らしいよ。」
と、診察後にカミサンが教えてくれました。


「忙しいから」
「疲れているから」
「立場が上だから」
「やることだけやればいいのだから」

私自身もそうですが、相手に対する対応がついいい加減になる時があります。
でも、いろいろな理由があってもやる人は、誰に対しても、やることを、毎日、当たり前のようにやる・・・。

そんな人が私の周りにもあなたの周りにも居ますよね。
見習いたし、見習いたし。
我もかくありたし。



(企業講演で人気・酒井とし夫)

=>>酒井とし夫の毎月開催の勉強会について
=>>酒井とし夫の講演詳細サイト
=>>ツルハシを持ったおっさんから人気講師になった男の実話
=>>酒井とし夫のビジネスセミナー動画大公開
=>>予算ゼロでも効果がすぐ出る 売り上げが3倍上がる!販促のコツ48/日本能率協会マネジメントセンター

¥1,620
Amazon.co.jp



このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは運が良い人?悪い人?
それともどちらともいえない人?

今朝、NHKの「あさイチ」で『運が良い1年にしたい!』というテーマで運が良い人と運の悪い人の特徴が紹介されていました。

それによると運の良い人の特徴は次のとおり。

・予期後悔をしない
(予期後悔」とは、何かを行う前から、失敗して後悔することを想像してしまうこと)
・視野が広い
・あまり不安を感じない
・チャレンジ精神がある
・社交的

一方、運が悪い人の特徴は下記。

・自分と他者を比較しがち
・予期後悔をする
・視野が狭い
・慎重な性格
・緊張や不安を感じやすい
・細かいことが気になる(神経質)
・失敗をおそれる
(参照 NHKあさイチ https://www.nhk.or.jp/asaichi/ )

ちなみに私は自分の才能の素となる34個の資質を調べてもらったことがあります。
それによると上位資質に「社交性」があり、最下位資質が「慎重さ」でした。
だから、私は自分で「運が良い」と思うのですネ・・・っと納得。

私も運について調べていて、番組でも紹介されていたハートフォードシャー大学のリチャード・ワイズマン教授の著作「運のいい人の法則」も手元にあり何度も読んでいます。

運のいい人の法則 (角川文庫)/角川書店(角川グループパブリッシング)

¥778
Amazon.co.jp



この本に次のような一節があります。

「運のいい人と悪い人の違いは一目瞭然だった。笑った回数は運のいい人のほうが二倍多く、アイコンタクトの回数もはるかに多かった。しかし、おそらく最大の違いは、身ぶりがどのくらい『開いている』か『閉じている』かという点だった。『閉じている』身ぶりとは、たとえば腕や足を組むことで、相手から距離を置こうとする。反対に『開いている』身ぶりは、相手のほうに自分の体を向けて、腕や足を組んだりせず、てのひらを広げて相手に見せることも多い。運のいい人が『開いている』身ぶりをする回数は、運の悪い人より三倍も多かった。」


先日、一人の先輩と久しぶりに会いました。
その先輩は私と同様に人前で話すことを仕事にしていますが、仕事の依頼が少なくて困っていました。そして、こう言っていました。
「運が悪いなあ・・くそ」

その先輩と数時間一緒に過ごしてわかったことがあります。
それは次のこと。

・笑わない
・しかめっ面
・ずっと腕を組んでる
・人と距離を置こうとする

先輩を見ていてこう思いました。
「この人は自分から運を遠ざけているのではないだろうか」
・・・だから、それとなく伝えたけれど分かってくれなかったようです。

運には天運と自運の2種類がある、と今朝のNHKの「あさイチ」で紹介されていました。
自運は自分でコントロールできます。
自ら運を切り拓き運の良い仕事と人生にしましょう。


(ビジネス講演会で人気・酒井とし夫)


=>>酒井とし夫の毎月開催の勉強会について
=>>酒井とし夫の講演詳細サイト
=>>ツルハシを持ったおっさんから人気講師になった男の実話
=>>酒井とし夫のビジネスセミナー動画大公開
=>>予算ゼロでも効果がすぐ出る 売り上げが3倍上がる!販促のコツ48/日本能率協会マネジメントセンター

¥1,620
Amazon.co.jp



このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は人生のパフォーマンスを最高にする3つの要因のお話。

以前、生理的覚醒と認知的不安について書きました。
 http://ameblo.jp/admarketing/entry-12084874884.html 

生理的覚醒、つまりドキドキと心臓の鼓動が高鳴り、手に汗をかき、膝が震え、喉が渇く・・・だから、よいパフォーマンスが発揮できる。

パフォーマンスを落とす要因の1つは認知的不安。
つまり次の意識である。
「やべー、ドキドキしてきた。まずいよ・・・」

ドキドキ、汗、震え、渇きはOKだけれど、
やべーはいけない。
前者はパフォーマンスを上げ、後者はパフォーマンスを下げる。

だから、良いパフォーマンスを生み出す正しい意識の持ち方は次のこと。
「ドキドキして、手に汗をかき、膝が震えて、喉が渇いてきた!
ラッキー!!これで世界記録が出るぞ!!」

ここでのポイントは根拠のない思い込み。
根拠がないから強い。

根拠のある強さは根拠が正しいという前提が崩れると成立しない。

「これだけやったのだからオレは大丈夫」
という根拠のある自信は
「オレはお前の3倍やったからお前は甘い」
という指摘で崩れる。

しかし、
「オレって天才だから大丈夫」
という根拠のない自信は根拠がないので本人が否定しないかぎり崩れない。

真面目なあなたほど根拠のない自信を持った方がいい。
きっと、パフォーマンスがぐん!と上がる。



(講演の依頼で人気・酒井とし夫)

=>>酒井とし夫の毎月開催の勉強会について
=>>酒井とし夫の講演詳細サイト
=>>ツルハシを持ったおっさんから人気講師になった男の実話
=>>酒井とし夫のビジネスセミナー動画大公開
=>>予算ゼロでも効果がすぐ出る 売り上げが3倍上がる!販促のコツ48/日本能率協会マネジメントセンター

¥1,620
Amazon.co.jp



このエントリーをはてなブックマークに追加

1/8に配信のメルマガで
「私はジェイソン・ステイサムがお気に入りです。」
っと書いたら熊本県のKさんから、次のようなご連絡を頂きました。

「私もそうなんです。私も全部見ています。
だからPC画面に向かって「共感」しています。
いいですね、ワイヤー無しの身のこなしとダンディズム。
真似をすると言えば、私の授業や講義のなかには恩師の姿を見ます。
言い方や仕草、視線のさばき方……生きています。」

Kさんは熊本でも有名なとある学校の先生をされています。
前回のメルマガで誰にあこがれるかによって、自分の行動が変わってくる・・・と書きましたが、K先生もきっと大切な恩師から有形無形の【影響】を受けていらっしゃるのですネ。
K先生、メールをお送り頂きありがとうございます(^.^)/

K先生と同様に私も講師として言い方や仕草、視線のさばき方をはじめパフォーマンスで【影響】を受けたいので、マイク1本で多くの人に影響を与えている人物の動画をよく見ます。

たとえば・・。
矢沢永吉さんのDVDをよく観ます。
きみまろさんのライブ動画をよく観ます。
アンソニー・ロビンズの動画もよく観ます。

こういった具体的なお手本にすべき人物がイメージできると
行動しやすくなります。

でも、私には去年まで1つだけお手本とする人物がイメージできないことがありました。
それは・・・ちょうど一年前からスタートした私の勉強会『ダイバーシティ・クラブ』のイメージ。

この勉強会のテーマは『多様性を受け入れ、利他の心で、大量の行動を!』です。

これは私自身のテーマでもあります。
でも、
『じゃあ、多様性を受け入れ、利他の心で、大量の行動をしている実在のお手本となる人物って誰だろう?』
とずっと思っていました。

先ほども書きましたが具体的なお手本にすべき人物がイメージできると
行動しやすくなります。
でも、この勉強会『ダイバーシティ・クラブ』のテーマを実践している人は誰なのか具体的に私にはイメージできませんでした。

それが、居たのです!
先週の土曜日19日の朝、見つけました。

その人とは
読売ジャイアンツ終身名誉監督・長嶋茂雄さん。

先週の土曜の朝、勉強会『ダイバーシティ・クラブ』の会場に向かう前にホテルでTVを付けたら、そこにはインタビューを受けている長嶋さんの姿がありました。

2004年に脳梗塞で倒れてから12年。今年、80歳。

私はTVの前から動けなくなりました。
にこやかにそして力強く、陽気に話す長嶋さん。

インタビュアーが訊きます。
「今までに気の合わない人っていなかったんですか?」
長嶋さんが答える。
「いないねぇ~っ!みんなと気が合うんだよ。」

「簡単なゴロをね。こう難しそうに捕るんだ。
少し大き目のヘルメットで思いっきりバットを振るんだよ。
そうするとファンが喜んでくれる。」
「ファンのために、野球界のために、巨人のために・・・」

そして、長嶋さんは番組中になんと、歌まで唄ってくれました。
なんというサービス精神なのでしょう。

脳梗塞で倒れてから12年めで、今年80歳ですよ。
毎日、ハードなトレーニングのようなリハビリを今でも続けています。

TVを見終わった時に私は泣いていました。

「脳梗塞で倒れても、80歳になってもこんなに周りの人に
夢や勇気や希望を与えられる人がいるのだ。」

そして、こう思いました。
「どんな人でも受け入れ、ファンのため、周りの人のため社会のため、どんどん行動するこの人こそ多様性を受け入れ、利他の心で、大量の行動を実践している人だ」
と。


実は不思議なのですが、ちょうど一年前の1月に勉強会『ダイバーシティ・クラブ』の第一回目を開催する前日にも、私は偶然、長嶋さんの番組を見ていました。
そして、勉強会『ダイバーシティ・クラブ』の第一回目の時に「絶対積極の人とは長嶋さんのような人のことである」と勉強会のメンバーの前で話をしたのです。

あれからちょうど一年経った一昨日の『ダイバーシティ・クラブ』二年目の1月開催日のまさにその日の朝にまた長嶋さんの姿を見ることができたのです。


「酒井君ねえ、多様性を受け入れ、利他の心で、大量の行動ってね、
こう、やるんだよ!」
・・・勝手な思い込みかもしれませんが、
私はまた長嶋さんから教えて頂いたような気がします。

いろいろな出会いと教えに感謝。





=>>酒井とし夫の毎月開催の勉強会について
=>>酒井とし夫の講演詳細サイト
=>>ツルハシを持ったおっさんから人気講師になった男の実話
=>>酒井とし夫のビジネスセミナー動画大公開
=>>予算ゼロでも効果がすぐ出る 売り上げが3倍上がる!販促のコツ48/日本能率協会マネジメントセンター

¥1,620
Amazon.co.jp



このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ