講演依頼講師 酒井とし夫の講演会ブログ

講演依頼講師として講演会で圧倒的な実績の酒井とし夫の講演実績や講演会の感想を紹介したブログです。講演会講師・酒井とし夫は雑誌プレジデントやフジTVでも紹介されている人気講師です。

2017年07月

商売がうまくいかない?当たり前だろ

みんな夢と希望を抱いて独立して、商売を始める・・・
そして、ほとんどの人が失敗する。



起業した10人のうち1年で6人が倒産もしくは廃業します。
それから5年たつとさらに3人近くの人がいなくなります。
そして10年たって残っているのはなんと1人に満たない。

これが経営です。これが商売です。
脅しているわけではありません。
ちゃんと統計で出ています。


私の周りでも独立開業をする人がよくいます。
そんな人に私が
「どんな事業計画を持っているの?」
と訊くと、次のように答える人が多い。


「昼間は主婦をターゲットにして夜は学生に来てもらいます。
ランチの価格は1300円。アルバイトは1人。
口コミで友達を連れてきてもらい来店数を増やします。」

あるいは
「一年後までには頑張って軌道に乗せて
スタッフに任せる時間を増やして、
自分の時間も作るようにして
この技術の啓蒙活動に力を入れて社団法人化します。」


そんな言葉を耳にするたびに私はこう思う。
「なんだ、そりゃ・・・」

そんなのは正直に言って
事業計画じゃない。

それは希望とか願望というのだ。
もちろんそれは大切だが、独立する人はみんな希望を抱いて独立して、
わずか1年で6割が倒産・廃業するのだ。


私は40歳を過ぎてからランチェスター経営の第一人者である
竹田陽一先生に次のように教えて頂いた。

『戦略なき経営はムダが多い』


経営や商売というのは一般的に100万円の売り上げがあっても
純粋な利益で会社に残るお金はせいぜい5万円前後という低さだ。


これを蓄えて次の仕事の源泉を生み出す作業を何年も何十年も
絶え間なく続けることを経営・商売というのだ。


経営や商売ではムダなことをやっていると
すぐに利益なんか吹っ飛ぶ。


だから、ちゃんとして事業計画もなく独立した人や思いつきで
経営・商売をしている人から
「商売がうまくいきません。なぜでしょうか?」
とか言われると
「当たり前だろ!」
と思う。


そんな人から
「酒井さんは講演家としてしゃべるだけで仕事になるから
うらやましいです。」
と言われる。


はたして、あなたは一年に10本の講演依頼を受ける講師の割合を
知っているだろうか?いったい100人の講師のうち、何人が年間
10本の講演依頼を受注できるのか知っているだろうか?・・・
5人もいない世界である。


考えてもらうとすぐに分かるけれど年間10本の講演依頼だけでは
食えない。だから、講師を商売・ビジネスとして考えるなら
最低年間50本は依頼が必要だけれど、それを実現できている人は
講師全体の1%もいない。


冒頭に説明した統計データと同じである。
「起業した10人のうち1年で6人が倒産もしくは廃業。
それから5年たつとさらに3人近くの人がいなくなる。
そして10年たって残っているのは1人に満たない。」


これはどんな業界であろうと同じ。
私の属する業界もあなたの属する業界も同じ。
経営と商売はどの分野でもそれほど甘くない。


戦略なき経営はムダが多い。
経営ではムダを省かないと
どんどんお金と時間が減る。


よく、中小個人企業の経営者から次の言葉を聞きます。
「何か手を打たなくてはいけないのは分かっているけれど、
何をやればいいのか分からない。」



こう言う人はあんがい多い。
私も起業して広告制作、モデル派遣、撮影ディレクション、
アイデア商品販売、キャラクターグッズ販売、露天商、
パソコン家庭教師派遣事業、パソコン教室を手がけていた
20代、30代の頃は同じように思っていた。


何をやればいいのか分からないから
「これが儲かる」
「これをやったほうがいい」
「こういう情報がある」
と聞くとあっちへふらふら、こっちへふらふらしていた。


これがまさに
『戦略なき経営はムダが多い』
の「ムダ」の部分である。


だから、どんどんお金も時間も無くなっていった。
そして、40歳を目前にして私は廃業した。


その後、再起業した時に偶然出会ったのが長年にわたり数多くの
中小個人企業経営者に支持され続けている不変の経営ルールである
ランチェスター戦略だった。


ランチェスター戦略とは元々、「戦争において兵力に劣る弱者が、
兵力に優れた強者に勝つための条件と法則」をまとめた戦略概念。


それが経営にも応用され、1970年代には松下幸之助氏がいちはやく
導入して企業を率い、その後キャノン、ブリヂストン、花王、
イトーヨーカドーなどの多数の企業がランチェスター戦略を導入していった。


また、近年ではソフトバンクの創業者である孫正義氏や
ドトール・コーヒーの鳥羽博道氏、H.I.Sの澤田秀雄氏が
創業間もない時期にランチェスター戦略を経営に応用して
成長したことは有名な話。


さらにはドラッグストア「マツモトキヨシ」、コーヒーショップ
「タリーズ」もランチェスター戦略を活用したと言われています。


大手企業には人・モノ・金・情報といった経営資源が豊富にあるけれど、
小さな会社やお店ではこれらの経営資源は少ない。
本当に少ない。悲しくなるほど少ない。


そのため、大手企業と中小企業では元々、採用して実行すべき
経営戦略が異なるのだけれど、実はほとんどの中小個人企業の社長や
経営幹部、店長、オーナークラスでこれを理解している人はいない。


だから、TVや新聞、SNSで
「これが儲かる」
「これをやったほうがいい」
「こういう情報がある」
と聞くとあっちへふらふら、こっちへふらふらする。


先にも書いたように今の私は年間10本の講演依頼を受ける講師が
ほとんどいない世界で年間に100本以上の講演依頼を受けていますが、
その理由はランチェスター戦略を応用して実践しているからです


もちろん、ランチェスター戦略は経営の原則なのでどんな業界、
業種にも応用できるのですが、私がランチェスター戦略の話をすると
次のように言われることも多々あります。


「ランチェスター戦略の本を読んだけど難しい。」
「商売への応用の仕方がよく分からない」


そういった声に応えるためにランチェスター教材の全部を学び、
ランチェスター経営の認定講師でもある私がランチェスター戦略の
本質・真髄を学び経営・商売に生かして結果を企業業績を改善したい
あなたのために下記の動画を撮りました。


▼小さな会社やお店の心理学的ランチェスター戦略
~弱者が強者に勝つ戦略・戦術・思考とは?~
 http://www.middleage.jp/lan/ 


この動画を見る人のほとんどは中小個人企業、
つまりランチェスター的に言うと弱者だと思います。


そのため強者の理論や難しい計算式は全て飛ばして中小個人企業にとって
必要なエッセンスを凝縮し、さらに私の得意な心理学理論や経験から
生み出したネットでのランチェスター戦略の応用法までを解説しています。


そして、実はすでにこのセミナー動画を視聴して自社や自店の経営に
役立てている方が大勢いますが、その方たちの声が下記です。


(感想 ここから)
■「私自身も個人ビジネスの経営者として「経営戦略」系の書籍には
いくつも目を通していますが、どれも分厚くて難しく、読んでいて
眠くなります。ガマンして読み通していますが、がんばっても身に
つけることができなければ、売上アップなどの具体的な成果に
結びつかなければ、まったく意味がありませんね。

「ランチェスター戦略」では、おもに「弱者」つまり中小企業や個人企業を
対象としている点が特徴で、その点では他の多くの戦略論に比べると、
「役立つ感」はあります。

ところがこのランチェスター戦略に関する多くの書籍も、他の戦略系の
書籍と同じように、読んでいて難しく、眠くなるのです。

エッセンスだけ、というか、「自分に必要な部分だけ、カンタンに
説明してくれる人がいてくれればいいのに」「ビジネス戦略論を
カンタンに説明してくれる、池上彰氏のような人がいてくれればいいのに」
と思ったことがある人は、私だけではないと思います。

今回の酒井先生の「心理学的ランチェスター戦略」では、動画の初頭に
説明がある通り、難しい計算式や理論、それから「大手の戦略」といった
「実際の経営実務に直接関係のない部分」をバッサリと切り捨て、
「具体的に何をすればいいのか」といった行動レベルでの説明が
主体になっている点が特徴です。

理論がすべて省略されているわけではなく「なぜ、それをしたほうが
いいのか」という理由が説明されていますので「わけわからずともコレを
すべし」というようなムリヤリ感はありません。そのため、納得して行動
に移すことができます。

ランチェスター戦略をベースとして、これまでの酒井先生自身の経験や、
他の戦略論なども絡めて「小さくても売上げや利益を確保するには、
どう考えて具体的に何をすればいいのか」ということを多角的に
フォローしています。

小さなビジネスを営んでいる人は、マンパワーが少ないぶん「ムダ」を
できるだけ排除したいものです。一方で、現実には小さなビジネスを
営んでいる人ほどムダが多いものです。

あなたの個性を失わない範囲内でできる限りムダなく集客し、売上げを
増やし、利益を確保するための理論と方法がわかる、「だれにでもわかる、
小さなビジネスのための戦略論」です。


以上、
ビジネスコンサルタント 高橋浩士様より頂戴した感想
 https://ameblo.jp/ameblo-jutsu/ 

感想の全ては下記で読むことができます。
 http://www.middleage.jp/lan/ 

(感想 ここまで)



繰り返しになりますが私は200本以上におよぶランチェスター戦略DVD、
CD、カセットを全部見て、聞いています。そして私はランチェスター経営の
認定講師でもあります。さらに私自身がまさにランチェスター戦略論で
いうところの経営資源の少ない弱者企業です。


この動画はその私が中小個人企業にとって不要な強者の理論や難しい
計算式は全てカットして、中小個人企業にとって本当に必要なエッセンスを
凝縮し、さらに私の得意な心理学理論や経験から生み出したネットでの
ランチェスター戦略の応用法までを解説している日本で初の経営戦略
セミナー動画です。


ぜひ、ピンときたあなたは今すぐに下記から視聴の申し込みを行い、
動画を見て経営者としての戦略実力を高めて、業績を改善して下さい。
 ↓
 https://toshiosakai.thebase.in/items/5103180 



戦略なき経営はムダが多い・・・
さて、あなたにはあっちへふらふら、こっちへふらふらする
ムダが無いでしょうか。
そのままでは以前の私と同じようにお金も時間もなくなります。


行動する最善のタイミング、
それは今です。

経営戦略


25回ダメでもあきらめない男

今日も絶好調!年間講演依頼100本超・ビジネス心理学講師の酒井とし夫です。


想像してください・・・。
あなたは新規開拓をしようとしています。


あなたは優良企業であるE社に狙いを定めました。
さっそく担当者とアポイントを取るために
あなたは電話をかけました。


すると次のように言われました。
「あいにく担当者が不在です。」


あなたは言う。
「そうですか。ありがとうございます。
ではまたかけ直します。」


後日、あなたはまたE社に電話をかけます。
すると次のように言われました。
「あいにく担当者が不在です。」

あなたは言う。
「そうですか。ありがとうございます。
ではまたかけ直します。」


後日、あなたは三度、E社に電話をかけます。
すると次のように言われました。
「あいにく担当者が不在です。」

あなたは言う。
「そうですか。ありがとうございます。」

さて、あなたなら4回目の電話をするだろうか?
私ならメゲるかもしれない・・・。
でも、気を取り直してあなたはもう一度トライする。

するとまたしてもこう言われる。
「あいにく担当者が不在です。」


さて、あなたなら5回目の電話をするだろうか?
私ならメゲるだろう・・・。
でも、あなたは気を取り直してもう一度トライする。

するとこう言われた。
「あいにく担当者が不在です。」


さて、あなたなら6回目の電話ができるだろうか?


もうちょっと想像して欲しいのだけれど
こんな感じであなたが定期的にE社に電話をかけたとする。
そして、20回目の電話で
次のように言われたらあなたはどうするだろう?
「あいにく担当者が不在です。」


そもそも、20回も電話をしない・・・・だろうか。


実は私の知人でなんと25回
「あいにく担当者が不在です。」
と言われてから仕事を獲得した男がいる。

25回



それは下記の男。

 ▼トーリーコミュニケーションズ株式会社
 代表取締役 鳥澤謙一郎 氏
 http://www.torycom.co.jp/profile.html 

 ▼鳥澤謙一郎さんフェイスブック
 https://www.facebook.com/torisawa.kenichiro 



氏は株式会社リクルートフロムエーに勤務していた当時に
年間最優秀営業賞を受賞し、交通事故で顔を200針縫うほどの
大怪我をしても営業に出かけたというツワモノ。


現在は上場企業や大手企業を中心にモチベーションアップや
コミュニケーション、営業に関する社員研修を行っています。


鳥澤社長には私の勉強会ダイバーシティ・クラブでも研修を
担当頂いたことがあります。実際に会うと分かりますが
氏のエネルギーは半端なく大きく強いので、普通の人なら
萎縮するかもしれません。


私は氏と会ってからよく次のことを思います。

『テクニックじゃねーよ!
 気持ちだよ!!!』



世の中には能書き、ウンチク、講釈をたれる人は
たーーーーーーくさんいます。
(ある意味、私もその一人ですが・・・ )


なんとかテクニック、
なんたらメソッド
誰それ式マーケティング
なんちゃら協会認定資格
うじゃうじゃうじゃうじゃうじゃうじゃそんなのがある。


でも、人を動かすのは、何か結果を残すのは
テクニックじゃないよね。
メソッドじゃないよね。
マーティングでも資格でもないよね。


そんなもんじゃない。
人を動かして結果を残すのは
【あきらめない気持ち】


25回も電話の取次ぎをしてもらえないと
普通はあきらめる。


でも、氏はまったくあきらめなかった。
というより氏と何年かお付き合いをして分かったけど
氏の頭の中にはあきらめるという概念が無い。(と思う。)


なんとかテクニック、
なんたらメソッド
誰それ式マーケティング
なんちゃら協会認定資格
うじゃうじゃうじゃうじゃうじゃうじゃあるそんなものに
時間を金を使うくらいなら
こういう人に実際に会って
そのエネルギーに触れた方が
はるかに得るものが多いよ。


(氏はよく勉強会ダイバーシティ・クラブに遊びに来てくれます。
 http://www.middleage.jp/fortune/benkyo.html )


『あいつはバカだ』・・・
話し方やスピーチがヘタだとそう思われて仕事と人生で損をします。


 
 



 

 

あがり症の震えは自然には治らない!

あなたのあがり症のふるえは時間が経てば経つほどひどくなります

研究結果によるとあがり症は放っておいても治りません。むしろ時間が経てば経つほどアガりの度合いはひどくなります。なぜ、私が極度の緊張症とアガリ症を克服することができたのか?それをこちらで全て紹介しています。これはあなたがアガリ症を克服する最後のチャンスです。
 
アガリ症

人前緊張症は自然には治らない!

あなたの緊張症やアガリ症は時間が経てば経つほどひどくなります

研究結果によると緊張症やアガリ症は放っておいても治りません。むしろ時間が経てば経つほどアガりの度合いはひどくなります。なぜ、私が極度の緊張症とアガリ症を克服することができたのか?それをこちらで全て紹介しています。これはあなたがアガリ症を克服する最後のチャンスです。
 
アガリ症

アガリ症は自然には治らない!

あなたのアガリ症は時間が経てば経つほどひどくなります

研究結果によるとアガリ症や緊張症は放っておいても治りません。むしろ時間が経てば経つほどアガりの度合いはひどくなります。なぜ、私が極度のアガリ症を克服することができたのか?
それをこちらで全て紹介しています。これはあなたがアガリ症を克服する最後のチャンスです。
 
アガリ症

これからは頑張っても努力しても儲からない

ダイヤモンドオンラインによれば下記がこれから機械・人工知能・AIが奪う職業・仕事のランキング上位です。


小売店販売員、会計士、一般事務員、セールスマン、秘書、飲食カウンター接客係、商店レジ打ち係や切符販売員、箱詰め積み降ろし作業員、帳簿係、大型トラック・ローリー車の運転手、コールセンター案内係、乗用車・タクシー・バンの運転手、中央官庁職員など上級公務員 、料理人の下で働く料理人、ビル管理人、建物の簡単な管理補修係、組立工、機械工、在庫管理事務員、広告や市場調査の専門職、自動車整備士・修理工、建設作業員、保険販売代理人、在宅介護担当者、窓口対応係、コンピュータサポートデスク、食器洗い作業員、警備員、郵便集配取り扱い作業員、保険証券担当事務員、庭師、不動産鑑定士、通関士、大工建具職人、不動産業者、バスの運転手、財務投資顧問、教師補助員、会計・経理事務員・・・。


すでに私の周りでも有名国立大卒や有名私大卒で正社員になれずに契約社員で働いている人や無職の人が結構います。資格はたくさん持っているけれど仕事のない人も結構います。


そして、これからは海外から流入する労働人口の増加や機械・人工知能・AIの進歩により、さらに労働単価は下がると予測されます。つまり、これからあなたが何もしなければどんどん「安い競合」が現れるのであなたの仕事の単価も「安くなる」ということです。

そうならないためにはどうすればいいのか?その答えをこちらに書きました。

ブランディング02

失敗談もビジネスになる!

今日も絶好調!年間講演依頼100本超・ビジネス心理学講師の酒井とし夫です。

講演活動を始めるとき、 師匠から次のように言われました。
「酒井君の講演は商工団体向けだな。」

そのときに私は 「そうなんだ」 と思いました。
だから、知識をインプットして次のような 講演テーマを開発してきました。

「商売繁盛心理学~心理学を取り入れて売上げをぐんぐん伸ばす~」
「お金をかけずに売上げを伸ばす!7つの広告宣伝・販促ノウハウ」
「10倍売れるキャッチコピーと広告文がスラスラ書ける」


この10年はほとんどこの3つのテーマで
商工団体様からのご依頼で食ってきたと言えます。

でも、下記の本を出してから一般企業様の
総会や創立記念日、取引先会、安全大会などからの
お声がけも多くなり ました。

「どん底からの大逆転!」(今瀬保男、松本通子、酒井 とし夫著)  


そのときに次のように思いました。
『人生での失敗談もビジネスになるんだ』


むしろ、私のような仕事だと 失敗談の方がウケたりします。
そして、ある時こう思いました。
「ということは失敗とは失敗じゃないんじゃないか?」


だって、私の場合には「失敗」が 「商品」になっているのですから。
だから、今はあれこれと企画して失敗すると こう思います。
「これはあと3年もしたら商品になるぞ!」

生まれたときから完璧で、 優秀で、頭が良くて、
性格が良くて、 裕福で、ルックスが良くて、
何でも手に入る、 そんな人生なんて・・・・
正直に言って うらやましい!ですが、 それは私には有りません。


今でも失敗だらけです。
でも、 「これはあと3年もしたら商品になるぞ!」 と思えば、
また次の行動ができますから 失敗とはありがたいものです。


もし、あなたも失敗続きであれば、 きっとそれは
商品やネタになりますので めげずに、次のトライをしましょう!

・・・ということで総会や創立記念日、取引先会、
安全大会等で 講師をお探しの担当者さんがいましたら、
下記のような 話をしますのでお早めにお声掛けください(^.^)/

▼どん底からの大逆転!出版記念セミナー動画全編無料公開中



  


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆トイレでもどすほど以前の私は極度のあがり症でした・・。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

--------------------------------------------------------------
【アガリ症】や【緊張症】で長年悩んでいる社長やビジネスマンへ
--------------------------------------------------------------
以前の私は人前に出ると頭の中が真っ白になり、
顔が赤くなり、喉の奥が カラカラで変なにおいが口の中に広がる。
しかも手は汗でびっしょり、 声もマイクを持つ手も震える・・
そんな極度のアガリ症でした。

でも、今は50人の前でも100人の前でも全然アガリません。
真剣にアガリ症を克服したい方はこの続きをこちらでお読みください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆80本以上のセミナー動画を視聴できるウェブ会員募集中! ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
活動3年目を迎えた酒井とし夫の勉強会ダイバーシティ・クラブの
ウェブ会員(月額4,980円)に登録すると今までに開催された
全80本以上のセミナー動画をすべて視聴することができます。

ウェブ会員登録をご希望の方はこちらのサイトの真ん中辺りにある
『ウェブ会員登録をご希望の方は下記をクリックしてお進み下さい。』
部分をクリックして登録作業を行ってください。   



『商売繁盛ビジネス心理学』発行 ビジネス心理学講師 酒井とし夫
ランチェスター経営認定講師/米国NLP心理学協会認定ビジネスマスター
米国NLP心理学協会認定プラクティショナー/全米NLP協会認定プラクティショナー
米国NLP心理学協会認定コーチ/GCS認定コーチングコーチ
コミュニケーション心理学1級/コミュニケーション能力1級
コミュニケーション心理学マスター/LABプロファイル・プラクティショナー
ファーストアドバンテージ有限会社代表 ビジネス心理学講師・酒井とし夫



 
 



 

ほとんどの商売の問題点とは?

今日も絶好調!年間講演依頼100本超・ビジネス心理学講師の酒井とし夫です。


先日、一部上場企業の関連会社の社長、役員の皆様と
ランチミーティングを行いました。

そのランチミーティングで話が弾んだので、
そのまま本社に伺い、さらに会議室で打ち合わせとなりました。


その企業はある特定のニッチな市場に
金融サービスを提供しています。
話を聞けば聞くほどその金融サービスは競合に
比べて優位性が高いことが分かりました。


打ち合わせの中で社長がポロッと次のように言ったのです。

「長年やっているけれど
 知られていないかもしれない。」


つまり、長年そのサービスを提供しているけれど、
市場での認知度は低いかもしれない、ということです。


私は今までに様々な個人、中小企業を見てきましたが、
売り上げアップに対する課題で最大のものがこれだと思います。


つまり、
「知られていない」
ということ。


どんなに美味しい食事を提供するレストランであっても
知られていなければ、お客さんは行きようがない。


どんなに質の高いサービスを提供している会社であっても
知られていなければ、お客さんは利用しようがない。


私の場合で言えば
どんなに楽しく、元気の出る、商売に役立つ講演をしていても
知られていなければ、お客さんは依頼のしようがない、ということ。


知られる



もちろん、美味しい食事を提供し、質の高いサービスを提供し、
ちゃんとした講演を行っていれば口コミや紹介は増えます。


でもね、口コミや紹介って「結果」なのです。
「知られて」、「利用(購入、申し込み等)」して、
「(お客様が)満足」した「結果」です。


それはコントロールできない。

できるのは「仕事を一生懸命に誠心誠意行うこと」だけ。
口コミや紹介はコントロールできない。


でも、「知られる」ようにする作業は
やろうと思えばできます。


営業件数を増やすとか、広告露出を増やすとか、
SNSでの情報発信を増やすとかはできますよね。
これはコントロールできる。


話が飛びましたが前述の企業の場合には
その業界の顧客リストをほぼすべて持っています。
今は「ただ持っているだけ」です。


だから、その顧客リストに「連絡する」だけで
おそらく新規客は出てきます。


打ち合わせではそれ以外の戦略もお話しましたが、一番簡単に
「デキる」ことは顧客リストに連絡すること、です。


そして、申し込みが合って、サービスに満足すれば、
口コミや紹介が発生します。これはあくまで「結果」です。


私の知り合いにも能力の高い人、良い商品を扱っている人、
質の高いサービスを提供している人が
た~~~~~~~~くさん、います。


彼ら彼女らの最大の問題点は
「長年やっているけれど知られていないかもしれない。」
ということです。


もちろん、日本中世界中に知られなければ
ならないということではないですよ。


あなたがターゲットにしている業界の人に
一人でも多く知られるように
「コントロールできること=自分で行動できること」
を、やりなさいということです。


どうしてもまじめな人ほど
「商品作り」
に力を入れてしまいます。

それはもちろん大事なのだけれど、先にも述べたように
どんなに美味しい食事を提供するレストランであっても
知られていなければ、お客さんは行きようがないし、
どんなに質の高いサービスを提供している会社であっても
知られていなければ、お客さんは利用しようがないということ。


そして口コミと紹介は「結果」でしかないので
それをアテにしては駄目。


大事なのは知られるために
「コントロールできること=自分で行動できること」
を継続してやりなさいということ。


・・・だから、こちらのメルマガを10年も
書き続けているわけです (^_^)/


私が思うほとんどの商売人の問題点は
「長年やっているけれど知られていないかもしれない。」
ということです。

以上



---------------------------------------------------------
【アガリ症】や【緊張症】で長年悩んでいる社長やビジネスマンへ
---------------------------------------------------------

以前の私は人前に出ると頭の中が真っ白になり、顔が赤くなり、喉の奥が
カラカラで変なにおいが口の中に広がる。しかも手は汗でびっしょり、
声もマイクを持つ手も震える・・そんな極度のアガリ症でした。

でも、今は50人の前でも100人の前でも全然アガリません。
真剣にアガリ症を克服したい方はこの続きをこちらでお読みください。
 


---------------------------------------------------------
【酒井とし夫の勉強会】ダイバーシティ・クラブ
---------------------------------------------------------

多様なメンバーが集まる勉強会ダイバーシティ・クラブに
新たな新会員が加入してくれました。茨城に事務所を
構える新進気鋭の行政書士Sさんです。

現在、東京、神奈川、愛知、山形、茨木、長野、栃木から毎月
個性的で楽しいエネルギーの高いメンバーが集まっています。
あなたも体験会から参加してみませんか?

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆酒井とし夫のひと言
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「ありがとうございま~す (^o^)// そして、すみませ~んm(__)m

今週の火曜日に9月実施予定の2会場での講演のお問い合わせを
頂きましたが・・・・
残念ながら両日ともすでに講演予約が
入っており、お断りせざるを得ませんでした
。。。。残念。



最近、せっかくご依頼を頂いても、
日程が合わずにお断りするケースが
頻発しています。


下記に年内講演会の日程と地域を記しますので、
酒井とし夫の講演会をご検討の方はお早めにご連絡ください。


また、下記の開催予定をご確認頂き、お近くの地域がある場合には
講演会の開催を合わせて開催を頂けると何かいいこと!
(たとえば・・移動費の軽減とか(^.^)/ )があるかと思いますので、
仮予約もお早めにご連絡をお願いいたします。

08月18日 静岡県 
08月12日 東京都
08月22日 福島県 
08月25日 新潟県 
08月28日 新潟県 
09月07日 長野県 
09月09日 東京都
09月13日 新潟県 
09月26日 滋賀県 
09月28日 埼玉県 
10月14日 東京都
10月15日 愛知県 
10月12日 京都府 
11月07日 石川県 
11月11日 東京都
11月08日 石川県 
11月14日 福島県 
12月05日 石川県 
12月09日 東京都


(ただし、上記日程には非公開希望の主催者様の講演会日程、コーチング、
自主セミナーのスケジュールは含まれていませんので、ご希望の日程で
調整できない場合もあります。)


講演の資料請求はこちらのフォームからお願いします!
  

今までは商工団体様が多かったのですが、最近は一般企業様の
株主総会や創業記念式典、取引先会を集めた懇話会、
安全大会などからのご依頼が増えています。感謝!


このような講演会場の場合には基調講演や特別講演といった形になりますが、
どちらかというとビジネスや販促、心理学系のテーマよりも
『どん底からの大逆転!好運を味方につける9つの方法』 や
『短所が長所・長所が短所~病院のベッドで分かった失敗と成功の要因~』
といった私の失敗談やモチベーションアップにつながるテーマが
好まれています。

あなたの街や会社にも私・酒井とし夫がヤル気と元気と
仕事に役立つ知識やスキルを届けにいきます!



『商売繁盛ビジネス心理学』発行 ビジネス心理学講師 酒井とし夫
ランチェスター経営認定講師/米国NLP心理学協会認定ビジネスマスター
米国NLP心理学協会認定プラクティショナー/全米NLP協会認定プラクティショナー
米国NLP心理学協会認定コーチ/GCS認定コーチングコーチ
コミュニケーション心理学1級/コミュニケーション能力1級
コミュニケーション心理学マスター/LABプロファイル・プラクティショナー
ファーストアドバンテージ有限会社代表 ビジネス心理学講師・酒井とし夫



 
 



 

新潟県三条市の三条エコノミークラブ様で講演会

昨日は新潟県三条市の三条エコノミークラブ様で講演会。
若手経営者や次期経営者を中心とした異業種交流団体ですがなんと昭和36年発足で54年の歴史のある団体です。

偉そうな発言で恐縮ですが、私は講演会場に入ってすぐにその団体内でお互いが日ごろからどんなコミュニケーションを取っているかが分かります。

普段から密度の高い質の高いコミュニケーションが取れている団体はとても場の雰囲気が良いのです。
馴れ合いで仲が良いという意味ではありません。お互いに切磋琢磨しあい成長しようという意気込みと、困難や課題には協力して助け合おう、そして地域と社会と会社を発展させていこうという熱意が会場の雰囲気によく出ているとても素敵な空気感のある会場でした。

矢島会長様、古寺副会長様、駒形様、内藤様、何度もご連絡を頂きわざわざ私の地元まで打ち合わせに来て頂き、私を推薦して頂いた第2グループリーダーの飯塚様、そして三条エコノミークラブの皆様、ありがとうございました!


三条エコノミークラブ
 (新潟県三条エコノミークラブの皆さんと)



▼酒井とし夫の講演の資料請求はこちらのフォームからお願いします。  

 
 

このページのトップヘ