商売繁盛心理学・ビジネス心理学講師 酒井とし夫

商売繁盛心理学ブログは集客、売上アップ、販売促進、広告、セールス、コミュニケーション等、中小個人企業経営に役立ちます。

2017年08月

あなたがたんに頑張っても努力しても儲からない時代が来ています。
あなた自身をブランディングしなければ、あなたはどんどん安く叩かれます。
こちらであなた自身をブランド化する戦略を教えます。

努力しても

商売では良いと言われることはとりあえずやってみるべし

私は講演会に行って、会場にいる社長さんたちに次の質問をします。

「あなたは運が強いですか?」


すると・・・。

100人中99.9%の社長が次のように言います。
「俺は運が強いよ」


それはそうですね。
「自分は運が弱い・・・」
と思っている社長なら行動も先行投資も新規事業の立ち上げも躊躇(ちゅうちょ)してできませんから。


私自身もそうですが運が強いと思っています。


だって、フツーは無職無収入で絶対安静6ヶ月の状態の翌年に本を出して、累計売り上げ1億は行かないでしょ。


フツーはほとんどの講師が食えない業界で毎週毎週講演の依頼が来る元極度の人前アガリ症の男なんていないでしょ。


実際に運の強い人を調べると次の共通項があります。
 ↓
「良いと言われることは
 とりあえずやってみる。」


実はこれこそがチャンスをつかむコツです。


「う~ん、どうしようかな・
 得かな?損かな?どうしよう・・・」
なーーーんて言っている間に運の強い人はサクサクと動いて自分にとって必要なことだけ吸収して、すぐに次の段階に行っています。


仕事や人生で成功するには次の3つが必要だと言われますよね。

「運・鈍・根」(うん・どん・こん)


この言葉の中で一番最初にあるのが「運」です。
3文字の並びは
「鈍・根・運」
でも
「根・鈍・運」
でも良かったはずです。


でも、なぜか「運」が最初にあります。
なぜでしょう?


もしかしたら愚直で素直であることや根気よく続けること以上に必要なことがあると示唆(しさ)しているのかもしれません。


「運」とは、運気のこと。運のエネルギー。
古来、運気を上げるために成功者の間で秘伝のように伝わってきた学問があります。


そのひとつが【風水】です。
風水とは簡単に言うと開運のための環境学・統計学です。


商売やビジネスで成功されている方の中には風水を元にお店のレイアウトやオフィスでの備品配置を決めている方も大勢います。


以前、私が主宰している勉強会ダイバーシティ・クラブのメンバーに中国のトップ風水師に師事したマリアさんという女性がいるということを書きました。


私はマリアさんにアドバイスを頂き玄関のある方角の前に水路があったのでその玄関に山の絵を飾ることにしました。


その後、2週間で驚くほどネットで販売している商品が売れ始めました。


さらにその後4週間で講演の依頼が5本入りました。


もちろん、
偶然かもしれません。
それは否定しません。

でも、これは【事実】でもあります。


「良いと言われることは
 とりあえずやってみる。」


そして、そのマリアさんに講師となってもらい下記のセミナーを今月はじめに開催したことも書きました。

========================
▼中国ナンバーワン風水師の愛弟子・愛辺マリア先生による
ビジネス風水セミナー ~風水で人気運・金運をアップしよう~
========================


このセミナーの一般参加者の8割は経営者でした。
しかも男性です。


そして、マリアさんからアドバイスを受けて
『教えていただいた風水を素直に実践してみると、
不思議と一部の商品が普段よりあきらかに売れ始めました。
特にそれを売るための施策を講じていたわけではなかったので、
不思議な感じがしました。』
という方も現れました。


「運・鈍・根」(うん・どん・こん)・・・


マリアさんの許可を得て
「良いと言われることは
 とりあえずやってみる。」
というメンタリティの持ち主で運気を上げたい方のためにこのセミナーを収録した動画を公開します。


ご興味のある方は下記をご覧ください。
========================
▼中国ナンバーワン風水師の愛弟子による
ビジネス風水セミナー ~風水で人気運・金運をアップしよう~
http://www.middleage.jp/bfusui/ 
========================

商売では良いと

売上アップには何をすればいいのか?


私は農業について詳しくありません。
でも、JA様から講演のご依頼を頂き、パネルディスカッションで質問にも回答させて頂きました。
ja08


私は葬儀について詳しくありません。
でも、全葬連様から講演のご依頼を頂き、パネルディスカッションで質問にも回答させて頂きました。
全葬連


私は寝具について詳しくありません。
でも、何度も西川リビング様から講演のご依頼を頂き、個別コンサルティングもさせて頂きました。
私は家電、化粧品、健康食品、自動車整備について詳しくありません。
でも、シャープ様、東芝様、NEC様、富士通様、ファンケル様、ロータス様からそれぞれ何度も講演のご依頼を頂いています。

ファンケル



私はほとんど知らないその業界の参加者に対して戦略、戦術、スキルの指導ができます。
それは、いったいなぜだと思いますか?


・・・【商売の基本原理と原則】を理解しているからです。


ざっくりと言うとどんな商品やサービスを扱っていたとしても商売でやらなきゃならないことは同じです。


私自身が独立してから広告制作、モデル派遣、撮影ディレクション、アイデア商品販売、キャラクターグッズ販売、露天商、パソコン家庭教師派遣、パソコン教室、インターネット通販、コンサルティング、執筆、講師と様々な商売をしてきましたが今から振り返るとやはり次のことが言えます。


どんな商品やサービスを扱っていたとしても商売でやらなきゃならないことは同じ。



だから、企業相談でも経営相談でも話を聞けばおおよそ何をしなければならないかは分かります。だからそれを指導するだけです。


いったい、なぜ、私はそんなことが出来るのか?
それは【商売の戦略論と戦術論】を学んだからです。


中小個人経営者であれば次のような相談も多いです。

「何かやらなきゃいけないことは
 分かっているけれど
 何をすればいいのか分からない」



これは私の20代、30代の頃の悩みと同じですね。

何をすればいいのか分からないからあっちのやり方が良いと聞けばそれをやり、こっちの方法が良いと言われればそれをやります。


結局、時間と金がかかっただけで売上げは上がらない・・・そんな人が多いです。



また、商売でどんなことを考えて、どんなことを実行しているのかを訊くと次のような答えが多い。

●「質には自信があるので
口コミが広がってお客さんが増えるようにがんばっています」

●「このサービスを広く普及させたいので
安い価格でたくさんの人にPRしたいと思っています」

●「ブログで情報を発信して
問い合わせを増やそうとしています。」

●「認定講師の資格を取ったので
これからは本部から生徒を紹介してもらえるはずです」



また、独立を考えている人に
「どんな事業計画を持っているの?」
と訊くと、次のように答える人が多い。

●「昼間は主婦をターゲットにして夜は学生に来てもらいます。
ランチの価格は1300円。アルバイトは1人。
口コミで友達を連れてきてもらい来店数を増やします。」


●「一年後までには頑張って軌道に乗せて
スタッフに任せる時間を増やして、
自分の時間も作るようにして、
業界の啓蒙活動に力を入れて社団法人化します。」



こういったことはすべて事業計画でも戦略でも戦術でもマーケティングでもなんでもない、ということに気がついて欲しいと思います。


これらはすべて願望、希望、妄想の類です。
商売での売上げや利益をほぼ、神頼みしているのと同じです。


もし、この記事を読んでいる方で上記のようなことを考えて商売をしている人がいたらすぐに【商売の戦略論と戦術論】を学んでください。
 ↓ ↓ ↓
▼商売がうまくいかない?そんなの当たり前だろ
 http://www.middleage.jp/lan/ 


経営戦略02


このページのトップヘ