商売繁盛心理学・ビジネス心理学講師 酒井とし夫

商売繁盛心理学ブログは集客、売上アップ、販売促進、広告、セールス、コミュニケーション等、中小個人企業経営に役立ちます。

2017年09月

プレゼンやスピーチでの人前緊張や震え改善のコツ

私は20代の頃、広告制作会社を運営していました。その時、プレゼンが大の苦手でした。緊張してしまうからです。そのためコンペプレゼンでの勝率はあまり良くありませんでした。

でも、ある時からプレゼンに連勝するようになったきかっけがあります。それは考え方を「緊張しないように話そう」ではなく「熱く語ろう」と変えた時からです。


それまでの私はプレゼンでクライアント(お客さん)に緊張を悟られまいとしていました。緊張感を隠すためにプレゼンの前に何度も何度も何度も繰り返し繰り返し一字一句を暗誦するように練習しました。その結果、時にはプレゼンに勝ち、大きな仕事を獲得することもあったのですが、緊張感からボロボロになることもありました。


あるプレゼンの時に私はなぜか熱くなってしまい、時間も考えずに熱心に自分の考えをクライアントに語り続けたことがあります。プレゼン終了後、それまでのプレゼンの満足度とは比べ物にならないくらいに自分自身の中で充実感と達成感がありました。もちろんプレゼン中は自分が緊張していることすら忘れていました。

その日、事務所に帰る電車の中で
「プレゼンやスピーチでの人前緊張や震え改善のコツはこれだ!!」
という確信が生まれました。


それ以降、プレゼンでは「上手く話そう」とはせずに、「熱く語る」ことを心掛けました。自分で考えた企画を「上手く話す」のではなく、自分の信じることを「熱く語る」のです。

熱く語っていると次第に緊張感などどこかへ行ってしまい、熱弁をふるっている自分が居るだけになります。一種の没頭状態です。自分を飾らずにありのままストレートに出している、あるいは自分に酔っているという表現の方があっているかもしれません。

スマートではなく、泥臭いのですが、キレイに格好良く、上手にまとめる、のではなく、自分を飾らずに、単に思いを熱く語るという姿勢です。その後、クライアントにも私の熱意が伝わるようになったせいかコンペ形式のプレゼンテーションでは連戦連勝で勝ち続けました。


また、披露宴のスピーチもよく頼まれていたのですが、やはりいつも緊張してドキドキしていましたが、こちらも「上手く、格好良く話す」のではなく、新郎新婦の幸せを心から願う、その気持ちを正直に言葉に乗せて「熱く語る」ようにしてから上手く行くようになりました。



守秘義務があるのであまりSNSでは投稿しないけれどアガリ症、話ベタ、緊張症、スピーチ、コミュニケーション、会話、口下手で悩んでいる方向けにマンツーマン指導も結構やってます。

来月も都内の勉強会開催の日程に合わせてご依頼を頂きました。講演出張の間に調整ができる時だけやっていますが、年内はあと1人位指導できるかもというスケジュールです。詳細はこちらのサイトで。

個人レッスン

いつもノー天気なせいか
「悩みなんてないでしょ!」
とか言われる。


うーーん、悩む時はあります(*・ω・)ノ


悩んだ時は次のような自問をする。
「もし、永ちゃん(矢沢永吉さん)だったらどうするだろう?」
「もし、天風先生ならどうするだろう?」


で、けっこう、回答が出たりする。

「ハッピーにやりなよ!」
「絶対積極!」


これはNLPやコーチングの「視点を変える」というスキルにもつながるのだけれど、悩んでいる時は視点が固定化、狭小化、主観化していることが多い。



で、そんな時に営業もしていないのに仕事がポンポン入ったり、風水の教えで小物を置いてみたら事態が好転したりすることも少なくない。


「あの社長だったらどう考えるだろうか?」
「○○さんならどうするだろう?」
「坂本竜馬なら何をするだろう?」

・・・なんて考えてみると、あんがい悩みも解決します。

ほとんどの人が


人前で話すと緊張から早口になる人へ

人前で話をすると緊張感から話のペースが早くなる人がいます。そのような人は無理にゆっくり話そうとするとペースが乱れて上手く話をすることができなくなります。
人前で話すことに慣れるまでは口調が早い人はその早さをあまり気にする必要はありません。

早口で話すことに関するいくつかの実験があります。
パックウッドという心理学者は患者の心の病気を治すのに成功しているカウンセラーにはどういう特徴があるのかを調べてみました。

一般に考えられるのは、「人柄が温かい」カウンセラーのほうが患者の気持ちを癒せるように思いますが、実験結果、成功しているカウンセラーというのはたいていの場合、「早口」だったのだそうです。

また、ミラーという心理学者は、お店の買い物客にラジオ番組を聞かせるという実験をしました。その時にはラジオの話し手が「速く話す」番組と、「遅く話す」番組を聞かせ、お客さんがどのような反応をするかを調べる実験だったのですが、買い物客たちが心を動かされて購入するようになるのは早口でしゃべっている番組を聴いた時だったそうです。

だから、あなたが緊張感のあまり早口になったからといって気にする必要はありません。むしろ、「説得力が出る!」といった程度に考えておいた方がよいです。慣れてくると抑揚やスピード、間の取り方をコントロールできるようになりますので、あまり早口は気にする必要はありません。

ただし、緊張やアガリ自体は放っておいても治りません。むしろ年月が経つほどその度合いはひどくなります。緊張とアガリの改善克服には一日でも早めに取り組むことが大切です。

AM理論とは?人前で話すと頭や首や手やひざや身体が震えて緊張する人へ!

人前で話すと頭や首や手やひざや身体が震えて緊張する人はAM理論を理解しておくと役立ちます。AM理論とは次のようなものです。

1.話し手から見て左側に座る人は、好意的で、支持者が多い。
2. 話し手から見て右側に座る人は、支持的でなく、同意しそうにもない人が多い。
3.反対派の中心人物は、右側の真ん中に座る。
4. 話し手の真正面に座る人は、理性的な態度を取りがちである。
5.右列の後方に座る人は、オブザーバー的な人たちで、彼らを無視すると、後で反対派に回られてしまうことがある。


そのため、あなたが話をする序盤ではあなたから見て左側の方の人を意識的に向いて話をすると、あなたに好意的な人に向かって話をすることになるので、うなずきながら聞いてくれる人を見つけやすくなります。

緊張やアガリは放っておいても治りません。むしろ年月が経つほどその度合いはひどくなります。緊張とアガリの改善克服には一日でも早めに取り組むことが大切です。

このページのトップヘ