中小個人企業経営に必須!売れるキャッチコピーを書ける、作れる能力とは?


今日は売れない広告コピーと売れる広告コピーのお話。

私のように講演を仕事にしている人はたいてい講師派遣会社に登録しています。
登録する時は自分自身に関する資料を提出します。


これは講師派遣会社に対して
【自分で自分のPR広告を作って提出している】
のと同じ。


大きな派遣会社であれば何万人もの講師が自分の書類を提出しています。
そんな中でもし下記のようなPR書類を作って提出した場合、はたして仕事の依頼がくるだろうか?

copy01








来ないね。絶対に来ない。

では、次はどうだろう?
 

copy02
















これなら依頼があるかもしれない。
おそらく来る。

これが【広告コピーの力】だ。


同じ商品であってもコピーひとつで印象や訴求力が大きく変わる。


もちろん、広告コピーの力で仕事を得た場合、クオリティがないとリピートにはつながらない。
ただし、商品やサービスのクオリティが基準になるのは1回目以降→2回目→3回目・・・の時点。


つまり、【0→1回目】が発生しなくてはそもそもクオリティの発揮のしようがないのだ。
そのためクオリティを持っているのであれば是が非でも【0→1回目】を手に入れねばならない。


そのためには実は中小個人企業ではキャッチコピーや広告コピーを自分で作ることができる能力がとても大切なのだ。


さらにこちらの記事でも書いたように自分の見せ方を変えると仕事の受注量が増えてきます。



▼更新の励みになるので、下記バナーを1日1回クリックして応援をお願いします。
rnkbnr



  
  

酒井とし夫のランチェスター経営戦略 セミナーDVD

  

酒井とし夫の書籍
 
book01









予算ゼロでも効果がすぐ出る 売上が3倍上がる!販促のコツ48

book05









どん底からの大逆転!人生終わったと思った時が好運の始まり