売らなくても売れる!営業がヘタでも、交渉がヘタでも問題なし。その理由とは? 

「セールスや営業がヘタだ」そう思って20代の私は悩んでいました。でも、30代になって次のことに気づきました。
 ↓
「売り上げを上げるためにはセールスや営業は必ずしも必要ではないない」

その理由は・・・。
 
 
セールスや営業は次の4つから成り立っています。「見込み客発見技術」「契約締結技術」「継続取引技術」「紹介者獲得技術」。このうちセールスや営業というと相手を説得する、納得させるための技術である「契約締結技術」の優劣が問題視されるのですが、実はこの4つの難易度は次のようになっています。
(継続取引技術を1とする)

(1)見込み客発見技術→9倍
(2)契約締結技術  →3倍
(3)継続取引技術  →1倍
(4)紹介者獲得技術 →3倍


つまり(1)に注力すれば、いわゆる営業、セールスである(2)がヘタでも全く問題はなく、セールスや営業で「売らなくても売れる」のです。ここで大きなカギとなるのが返報性の原理を応用したマーケティング活動になります。


私は先週1月14日に都内で開催したセミナーでその事例と考え方を具体的に分かりやすく解説しましたが、そのセミナーを収録した動画をこちらで公開します。


視聴費は3980円(約40分)・・・しかし、【1月20日迄】新作公開キャンペーン価格として1500円のみで公開します。(2週間以内に視聴した感想をお送り頂くことが新作公開キャンペーン価格で視聴できる条件となりますので、視聴後は感想をお送りください。)
 
視聴のご予約はこちらからどうぞ


SNS投稿用写真