人前で緊張しない方法!アガリで手や声が震える人必読10項目と動画

以前の私自身が極度の緊張症で人前でのアガリに長年悩んでいました。それを克服して今は人前で話す仕事をしています。私が行ってきたアガリ症(あがり症)や緊張、話ベタで悩む人のためのアガリ症にスグ効く10か条を下記で解説しています。後半にはアガリ症や緊張症のコントロールに有効なスキルの動画説明もありますの最後までご覧頂きアガリ症や緊張症の克服にお役立てください。

アガリ症や緊張して震える人のために その1

アガリ症・あがり症・緊張・話ベタのアガリ(あがり)のマイクの使い方アガリ症(あがり症)や緊張、人前で声が震える、話ベタ、口下手な人のための10か条 その1は「あがり症はマイクはアゴにつけるべし」です。

あがり症や緊張症を克服人は自分の行動や外部の情報を手がかりに、自分自身の感情を理解します。そのため、自分の目の前で自分の握っているマイクが震えていると、アガリ(あがり症)や緊張がちな人はその情報を手がかりに、「今、自分はやっぱりあがっている。」と理解してしまいます。

そのため緊張感が和らぐまではあがり症の人はマイクは軽くアゴにつけて震えないようにします。アガリ(あがり症)、緊張がちな人であっても自分の目の前で自分の握っているマイクが震えていないと、その情報を手がかりに「今日は、自分は落ち着いている。」と理解するようになります。そして、こう思うことにより数分後にはすっかり緊張感が取れるのでその時になってからマイクをあごから離す、あるいは片手で握るようにします。

アガリ症や緊張して震える人のために その2

アガリ症・あがり・緊張・話ベタのアガリ(あがり症)の水の使い方アガリ症(あがり症)や緊張、人前で声が震える、話ベタ、口下手な人のための10か条 その2は「あがり症の人は講演や会議の演台では自分でミネラルウォーターを用意すべし」です。

あがり症や緊張症を克服講演や会議の場では主催者が水差しとコップを演台に用意してくれる場合がありますが、アガリ(あがり症)、緊張がちな人にとっては本番中に水差しから水をコッ
プに注ぎいれ、コップを手に持って口にする行為自体が「緊張を招く行為」です。

手が震えていると上手く水を注ぐことができませんし、水差しとコップがブツカリカチカチと音がします。また、コップを倒してしまう恐れもあります。すると余計にあがり症の人はアガリ(あがり症)、緊張度が高まります。

そのためあがり症の人は講演や会議の演台には自分でペットボトルを用意して、キャップを開けて一口だけ飲んでおき、それを演台に置いておきます。話している最中に喉が渇いたら水差しではなく、このペットボトルから水を飲むようにします。アガリ(あがり症)、緊張がちな人はお水は自分で用意しましょう。

アガリ症や緊張して震える人のために その3

アガリ症(あがり症)や緊張、人前で声が震える、話ベタ、口下手な人のための10か条 その3は「発声練習をして震えない声を作るべし」です。

足腰を鍛えないと運動能力が向上しないのと同様に喉や声帯も毎日の練習で太く、長く、張りのある声になります。あがり症の人は人前で話す時には第一声が一番大事なのですが、この第一声で大きな、張りのある声がでると自信がつき、その後のスピーチが上手くいき、アガリ症(あがり症症)や緊張、人前で声が震えるといった人の改善に役立ちます。
アガリ(あがり症)、緊張がちな人は毎日5分で良いので下記の言葉を声に出して発声練習をしましょう。

■あがり症の人はハミングするように発声し、その後に母音をつなげます。
ハミングすることでアガリ(あがり症)、緊張がちな人の声帯が広がります。
「ん~~~~あ~~~~。」
「ん~~~~い~~~~。」
「ん~~~~う~~~~。」
「ん~~~~え~~~~。」
「ん~~~~お~~~~。」

■あがり症の人は次の言葉を長く発声します。
アガリ(あがり症)、緊張がちな人は息が短いのが特徴です。
一語20秒以上の長さで発声できるようにしましょう。これをロングトーンの練習と言います。
「あ~~~~」
「い~~~~」
「う~~~~」
「え~~~~」
「お~~~~」
(以下、あいうえお順でわ行まで行います。)

■あがり症の人はひと言ずつ区切ってはっきりと発声します。
アガリ(あがり症)、緊張がちな人は滑舌をよくしましょう。
あ・え・い・う・え・お・あ・お
か・け・き・く・け・こ・か・こ
さ・せ・し・す・せ・そ・さ・そ
た・て・ち・つ・て・と・た・と
な・ね・に・ぬ・ね・の・な・の
は・へ・ひ・ふ・へ・ほ・は・ほ
ま・め・み・む・め・も・ま・も
や・え・い・ゆ・え・よ・や・よ
ら・れ・り・る・れ・ろ・ら・ろ
わ・え・い・う・え・お・わ・お

■あがり症の人は舌の動きを滑らかにします。
アガリ(あがり症)緊張がちな人は早口言葉を練習します。
「東京特許許可局」
「新人歌手による新春シャンソンショー」
「生麦、生米、生卵。
(なまむぎ、なまごめ、なまたまご)」
「坊主が屏風に上手に坊主の絵を描いた。
(ぼうずがびょうぶにじょうずにぼうずのえをかいた)」
「赤巻紙、青巻紙、黄巻紙。
(あかまきがみ、あおまきがみ、きまきがみ)」
「カエルぴょこぴょこ3ぴょこぴょこ、合わせてぴょこぴょこ6ぴょこぴょこ
(かえるぴょこぴょこみぴょこぴょこ、あわせてぴょこぴょこむぴょこぴょこ)」
「ブスバスガイド バス ガス爆発」

アガリ症や緊張して震える人のために その4

あがり症や緊張症を克服アガリ症・あがり症・緊張・話ベタのアガリ(あがり症)の話しの出だしアガリ症(あがり症)や緊張、人前で声が震える、話ベタ、口下手な人のための10か条 その4は「出だしは短文でつなぐべし」です。

例えば披露宴のスピーチでは
「只今、ご紹介頂きました佐藤と申しますが、新郎の一樹さんとは大学時代のサークルが一緒で、卒業後も付き合いがあり、先日も仕事の帰りに一緒に新橋の駅前で待ち合わせて、それから・・・・」
といったように長々としたセンテンスは避けます。

このように長々とした話は聞き手もその内容が分かりづらいだけでなく、緊張している話し手が「あれ?どこまで話をしたっけ?」と途中で言葉に詰まる原因にもなります。

そのため、アガリ(あがり症)、緊張がちな人は特に話し始めはワンフレーズを短くします。
「只今、ご紹介頂きました佐藤です。
新郎の一樹さんとは東京で過ごした大学時代のサークル仲間です。
先日も一緒に飲みました。
待ち合わせ場所は新橋の駅前でした。」
というように文章で書くと句点を一文一文につけるように話をします。

あがり症の人は最初にこのようにワンフレーズを短く話すことを心掛けると、アガリ(あがり症)、緊張がちな人もテンポが出てきます。テンポが出てくると聞き手も乗ってきますし、話し手もリズムが出てきて楽しい気分になり、結果としてリラックス効果があります。

アガリ症や緊張して震える人のために その5

アガリ症・あがり症・緊張・話ベタのアガリ(あがり症)対処のツボアガリ症(あがり症)や緊張、人前で声が震える、話ベタ、口下手な人のための10か条 その5は「リラックスのツボを押すべし」です。

あがり症や緊張症を克服あがり症の人は緊張感を感じたらリラックスするために手のひらのツボを押します。テーブルの下や、体の前で手を組むようにしてツボを押します。下記の3つのツボは全てリラックス効果があります。下の写真も見ながらツボの位置を確認してください。

「労宮」(ろうきゅう)
手のひらのほぼ真ん中です。手を開いてから薬指を軽く曲げてみましょう。薬指の先がつく所です。このツボを5秒くらいゆっくりと押したり、ゆっくりと離したりします。5回~10回程度。

「神門」(しんもん)
手首の横じわの小指側のクボミです。手首の骨と筋との間にある少しへこんだ所です。ここを親指で円を描くように指圧します。

「内関」(ないかん)
手首の横じわから、指3本目辺りの腕の中央です。ここを親指で強く押すと、動悸の安定に効果があります。
アガリ(あがり症)、緊張がちな人はこまめに押してみてリラックスする感覚をつかんでください。

アガリ症や緊張して震える人のために その6

アガリ症(あがり症)や緊張、人前で声が震える、話ベタ、口下手な人のための10か条 その6は「斜め前方を見上げで息を吐くべし」です。

動作としてはまず斜め前方の天井を見るように視線を上げます。そして、口を小さくすぼめて「ふ~っ」と息を吐き出すという動作になります。

あがり症のある有名なプロ野球のピッチャーがピンチに立った時にこの動作を行っていますが、これはメンタルトレーナーから教えてもらったリラックス法なのだそうです。

アガリ(あがり症)、緊張がちな人は口をすぼめて、頬を膨らますようにして、息を強く「ふ~っ」と吹き出します。不思議なことにこの動作を行うと身体から力がすーっと抜けてリラックスできます。息を吐くという行為によって、自律神経のうち交感神経の働きが弱まり、副交感神経の働きが強くなるためです。
単純な動作ですがアガリ(あがり症)、緊張緩和にはとても効果があります。

アガリ症や緊張して震える人のために その7

アガリ症・あがり・緊張・話ベタのアガリ(あがり症)の視線アガリ症(あがり症)や緊張、人前で声が震える、話ベタ、口下手な人のための10か条 その7は「視線を外すべし」です。

アガリ症や緊張の人で視線に恐怖を感じることが多い人は講演や会議、スピーチの出だしで意図的に自分に向かっている聴衆の視線を外します。

具体的にはあがり症の人は会議、プレゼン、講演の最初の部分、序盤部分で「お手元の資料の○ページをご覧下さい。」「レジメの○ページを開いてください。」といったように相手に資料を見てもらうように話の構成を考えると聞き手の視線を外すことができます。

あがり症や緊張症を克服アガリ症の人や緊張の人は「大勢の人の視線」を感じるから余計に緊張します。そのため、会議、プレゼン、講演の前半部分で、意図的にこの「大勢の人の視線」を私から外すようにしておきます。

あがり症の人は「お手元の資料の○ページをご覧下さい。」「レジメの○ページを開いてください。」と言いながら、自分に向けられていた「大勢の人の視線」を資料に向かわせて、しばらく資料に書かれているデータや今日の話の概略、自分のプロフィールなどを説明します。

アガリ(あがり症)、緊張がちな人は「大勢の人の視線」を自分から外しながら、話を進めている間に自分の緊張感が和らいでいきます。披露宴などでは「お手元の資料の○ページをご覧下さい。」とは言えないので「新郎の顔をご覧頂くと分かりますが・・・」「あちらに新婦のお母様がいらっしゃいますが、私はお母様に学生の頃とてもお世話になったことがあり・・・」といったような話を入れて、聞き手の視線を自分から外すようにしても良いでしょう。

アガリ症や緊張して震える人のために その8

アガリ症(あがり症)や緊張、人前で声が震える、話ベタ、口下手な人のための10か条 その8は「傾聴すべし」です。傾聴とは相手の話を心をこめて関心を持って聴くことですが、具体的方法としては次のようにスキルも用いながら話を聴くことになります。
(1)うなずき、あいづちを打つ。
(2)バックトラッキング(おうむ返し)をする。
(3)名前を呼ぶ。
(4)ミラーリングやペーシングをしながら聴く。
※相手の動作を鏡映しでマネたり、感情や声のスピード、トーンを合わせながら聴く。

アガリ(あがり症)、緊張がち、話ベタな人はこのような傾聴スキルを用いながら相手の話を聴くと、話し手は安心感、信頼感を抱きやすくなり、あなたに対して「この人とは相性が合う。波長があう。」という印象を抱きやすくなります。

アガリ症や緊張して震える人のために その9

アガリ症・あがり・緊張・話ベタのアガリ(あがり症)のオープン質問アガリ症(あがり症)や緊張、人前で声が震える、話ベタ、口下手な人のための10か条 その9は「水平質問をつかうべし」です。

あがり症や緊張症を克服アガリ(あがり症)、緊張がち、話ベタな人は自分で話すことを意識するより相手からたくさんの会話を引き出すことに注力します。具体的には「それで?」「それから?」「他には?」という質問を相手に投げかけます。これは水平質問といって話しを横に展開する質問になります。相手の会話に対して「それで」「それから?」「他には?」と問うと相手は自ら話す内容の選択肢や話しの内容を広げていくことができます。

不思議なことに人は自分の話をたくさん聞いてもらうと「あの人といると話がはずむ=あの人は会話が上手い」と思うようになります。

アガリ症や緊張して震える人のために その10

アガリ症(あがり症)や緊張、人前で声が震える、話ベタ、口下手な人のための10か条 その10は「オープンクエスチョンをつかうべし」です。

例えば下記の2つの質問の違いを考えてみてください。
『仕事が好きですか?』
『仕事のどんなところが好きですか?』

前者の質問には相手は「はい」「いいえ」と答えることができます。このような質問をクローズドクエスチョンと言い、会話が続かない質問の使い方となります。

後者の質問であれば相手は「好きなところを説明する」ことになるの会話が長く続き、相手からたくさんの話を引き出すことができます。
このような質問をオープンクエスチョンと言います。

『朝は早起きですか?』
『朝起きたら何をしますか?』

『お酒は好きですか?』
『どんな人と、どんな時に飲むお酒が好きですか?』

これらの質問も前者がクローズドクエスチョンで後者がオープンクエスチョンになります。アガリ(あがり症)、緊張がち、話ベタは人は後者を主に使うようにしましょう。


動画 アガリ症や緊張症をコントロールする動画 


























補足 アガリ症はコントロールできる!

あなたはアガリ症を克服したいですか?実は以前の私は人前に立つと緊張から足はガクガク、指先と手はブルブルと震え、口はカラカラ、声も震え、顔は真っ赤、頭は真っ白になっていました。

でも、今は下記の写真のように大勢の前で話すことを楽しんでいます。

mimi06



「こんなに大勢の前で話すことができるなんて、
もともとそんなにアガリ症じゃなかったんじゃないの?」
・・・とよく言われます。

でも、以前の私は本当に数十人の前で話す時でさえも心臓はドキドキバクバクして、手も声も震えて、顔は引きつっていました。
(本当の話です。人前で話す直前はトイレにしゃがみこみ、もどすほどのアガリ症でした。潰瘍で胃に穴があいて手術したこともあります。)

以前の極度の上がり症だった私と、今の私の違いは何か?
それは下記の8つのことを少しずつ訓練して改良してきたからです。

(1)あがり症克服の考え方を変える
(2)あがり症克服の日常訓練をする
(3)あがり症克服の事前練習を行う
(4)場所の下見をする
(5)人前で話す当日に意識的にやることを決める
(6)人前で話す直前の話し方やパフォーマンスを変える
(7)本番でのあがり症克服のためにいくつかのことを心掛ける
(8)本番後に良い成功体験を意識して記憶にとどめる

あなたもこのうちの2つ~5つ位を行うだけであがり症を克服することができるはずです。

私はあがり症の苦しみ、辛さが人一倍分かります。そしてあがり症は「克服できない性格」ではなく、ちょっとした工夫と習慣付けで誰でも「克服できる単なるクセ」「長年の習慣」であることを実体験として理解しています。

このあがりをコントロールする8つのステップを収録した動画をこちらのセミナー動画であなたに公開します。つい最近もこの動画をご覧頂いた方から下記のメッセージを頂きました。

agari01


他にもこちらのようにアガリを克服した感想を多数頂いています。

 
あなたもあがり症を克服できます。
緊張を克服し人前であがらずに話し、そして、今こそ新しい人生を手に入れませんか?

本気で緊張症やアガリ症を克服したい方はこちらをクリックしてください。