講演会人気講師の講演話法|ビジネス心理学講師・酒井とし夫

 
以前、「人気講演家のEP話法」について書きましたが、今回はその第二弾です。講演会人気講師の話法として今日はもう一つ有名な話法を紹介します。

講演会人気講師の講演話法

次の文を読んでみてください。
 
「私は週に2回はトレーニングをしますが、
特に40代、50代の方は定期的な運動が必要だと思います。
 
なぜなら運動をすると血行がよくなり、酸素や栄養素を体中に効率よく行きわたらせることができます。老廃物も体外に排出しやすくなります。
 
また、運動をすると骨に力が加わり骨を丈夫にしますので、骨粗鬆症の予防効果があります。
 
さらに、体を動かすと脳に刺激を与えることができ、認知症を予防・改善する効果が期待できます。
だから、定期的な運動をおススメします。」
 

・・・これが有名な話法である一理三例話法です。
伝えたいテーマがある場合に3つの事例や実例とともに話すと説得力が増すわけです。
 

講演会人気講師は一理三例で話す

たとえば次のように伝えると、運動習慣のない人は抵抗感が出てしまいます。
 
「私は週に2回はトレーニングをしますが、
特に40代、50代の方は定期的な運動が必要だと思います。
だから、定期的な運動をおススメします。」
 

また、次のように伝えるとどうでしょう?
「私は週に2回はトレーニングをしますが、
特に40代、50代の方は定期的な運動が必要だと思います。
体を動かすと脳に刺激を与えることができ、認知症を予防・改善する効果が期待できるからです。」
 
 
これだと
「っていうか、認知症じゃねーし・・・」
となるかもしれません。

具体例や実例を3つくらい出すと、そのうちの1つは
「そういえば、そうだなあ」
と思い当たる人が出てくる確率が高まります。
 
 
また、事例が1つだけでは聞き手の記憶に残りにくいとも言えます。
 
だから、私は講演会で
 
「あなたのナンバーワンは何ですか?
一番、ナンバーワンを訴求することが大切です。
なぜなら以前、愛知県でこんなことがありました・・・。
また、埼玉県でこんな話を聞きました・・・。
そして、私自身こんな経験をしたのです・・・。」
 
と、3つ程度の事例を紹介しながら話をします。
 
これが一理三例話法です。
 
 
顧客の行動心理を考えたブログ、フェイスブック、YouTubeの効果的な使い方
更新の励みになるので、下記バナーを1日1回クリックして応援をお願いします。
livebnr