講演依頼派遣の講師の注意点|ビジネス心理学講師・酒井とし夫

 
「酒井さん、講演依頼派遣を受けました。ドキドキです。どんな点に注意したら良いでしょうか?」とアドバイスを求められました。

私は話法時間厳守等について助言をしましたが、もう一つ大切なことをアドバイスしました。
それは・・・


講演依頼派遣を受けたら講師は一歩前へ

講演を始めたばかりの初心者の講師を見ていると、参加者の視線に圧倒されるのか、立ち位置が後ろの方へ下がりがちになる人をよく見かけます。
 
一対多の会場では場の雰囲気をあなたがコントロールすることが大切です。あなたの立ち位置が後ろになると迫力とエネルギーが減少してしま、それが会場の空気感を弱くしてしまいます。

人前で話すことに慣れない時期には勇気のいることですが、できるだけ一歩前へ出て話すように意識します。

時には演台を離れ、参加者の座っている最前列の机のすぐ近くまで進み出ても大丈夫です。それくらい前に出たほうがあなたの熱意が伝わり、参加者との一体感が出てきます。
 
さらに場内を自由に動いても良い場合には、ワイヤレスマイクを持って意識的に参加者の間に入ることも良いでしょう。
 
意識をして一歩前に出るようにしましょう。

今日は講演依頼派遣を受けたら講師は一歩前へ、というお話でした。


顧客の行動心理を考えたブログ、フェイスブック、YouTubeの効果的な使い方
更新の励みになるので、下記バナーを1日1回クリックして応援をお願いします。
livebnr