商売繁盛心理学・ビジネス心理学講師 酒井とし夫

商売繁盛心理学ブログは集客、売上アップ、販売促進、広告、セールス、コミュニケーション等、中小個人企業経営に役立ちます。

カテゴリ: 商売心理学と集客方法・広告宣伝・販売促進

ブログを更新しても売上や集客につながらない理由とは?


あなたに質問です。
ここに2人の営業マンがいます。

 

一人はいつも世間話をベラベラと話すだけの営業マンA氏。
もう一人はいつも専門的な知識を元にあなたに役立つ話をしてくれる営業マンB氏。

 

さて、どちらの方が商品やサービスが売れるでしょうか?

 


・・・そうですね。たいていは後者になります。

世間話も大切ですが、それだけでは商売にはなりません。
世間話にプラスして専門的な知識があり、あなたの仕事にも役立つ話をしてくれる人の方が重宝されるのは当たり前です。

 


では、あなたに質問です。
ネットを使ってビジネスを行なう場合には「営業マンの話」に相当するものは何でしょうか?
それは・・・。
 ↓
 ↓
 ↓
文章。

 


つまり、実社会のビジネスでの営業マンのトークというのは
ネットの場合にはブログやメルマガやフェイスブックの文章に相当します。

 


さらにあなたに質問です。
よくSNSで発信されている
「先日、旅行に行ってきました。楽しかったです!」
「今日はこんなモノを食べました!美味しかった!」
という文章は実社会の営業マンにたとえると、それは世間話でしょうか?
それとも、専門的な知識を元にあなたに役立つ話でしょうか?

 


そうですね。
それは世間話です。
【世間話】だけでは【モノが売れない】のはネットでも同じです。

 


「ブログを始めたけれど売れない」
「フェイスブックをやっても売れない」
という人が多いですが、それは記事の大半が【世間話】だからです。

 

 

たとえば、あなたがブログで次のような記事を書いたとしましょう。

 

『今日、電車で大またを広げて座っている人を見かけました。
じゃまですよね。最近はマナーが悪い人が多いです!プンプン!』

 

これだと【世間話】。

 

 

でも、次のように書いたらどうでしょう。

 

『今日、電車で大またを広げて座っている人を見かけました。
脚を組んだり、足を通路まで投げ出している人もいます。
空いている車内ならともかく、混雑時はマナー違反です。

 

そんな人の足には人の性格や本音が出ることが心理学の実験から分かっています。
たとえば・・・膝に反対の足首を乗せて脚を組むのは自分をアピールしたい気持の表れ。
足を伸ばして前に投げ出すのは退屈している証拠です。

足を組む時に右足が上になるのは内気、消極的、慎重なタイプ。
足を組む時に左足が上になるのは開放的、楽観的、わがままなタイプです。

そして、あなたと会話中に相手の足先が出口に向いていたとしたら・・・
それはあなたにに興味が無い、あるいはその場から早く離れてたいという気持の現れです。

人の本音と性格は足に出ます。

 


そのため私はビジネスでの打ち合わせの時には相手のツマ先や脚を見て話す内容も変えています。あなたも交渉、セールス、打ち合わせ時にはぜひ相手の表情だけでなく、ツマ先まで観察しましょう。相手の本音が読めると交渉も優位にすすめることができますよ。

そんな、ビジネスに役立つ心理学セミナーを開催します。
詳細はこちらをご覧下さい。』

 

 

・・・と、書くと【世間話】に【専門性】が加味されて、しかも【セールストーク】になりますね。

 


さて、あなたのブログやフェイスブックの記事は世間話になっていませんか?

 


追伸
えっ!?あなたはもしかしたら、
「それは酒井さんのような講師の仕事をしている人だから、【世間話】に【専門性】が加味されて、しかも【セールストーク】になるのだよ。」
と思っていますか?

 

それは違います。
たとえ私が洋服の販売を行なっていたとしても、美容室のオーナーであったとしても、スーパーマーケットの店長だったとしても、健康食品の販売サイトを運営しているオーナーだったとしても、どんな商品やサービスを扱っていたとしても、こういった文章は書けます。その具体例はこちら説明しています。
 

 

 

 


 

▼酒井とし夫の書籍

どん底からの大逆転!人生終わったと思った時が好運の始まり

どん底からの大逆転どん底からの大逆転

1,512円

Amazon

 

 

予算ゼロでも効果がすぐ出る 売り上げが3倍上がる!販促のコツ48/日本能率協会マネジメントセンター

¥1,620 Amazon.co.jp

 

 

酒井とし夫の講演会詳細サイト

中小個人企業に好評の酒井とし夫の動画セミナー

登録者続々増加中!酒井式マーケティング経営戦略講座

 

 

 

 

 


儲けを生み出す商売の仕組み



今日も絶好調!年間講演依頼100本超のビジネス心理学講師・酒井とし夫です。

 

今日は
「商売はどこの、誰に、何を、どうやって、どうやって、で決まる」
というお話。


会社組織でも個人経営でも同じですが
商売とは下記の仕組みを作り、それを実行すること。

 

1.どこの(地域)
2.誰に(ターゲット)
3.何を(商品)
4.どうやって(見込み客を見つけて、新規客になってもらうか)
5.どうやって(顧客を維持するか)

 

 

意識的にせよ、無意識にせよ
商売人はこの仕組みに沿って日々仕事をすることになります。

 


個人ならこれを自分で考えて、自分で動くことになり、
組織体ならトップが考えた仕組みに沿って、社員やスタッフが動くことになります。

 

 

そのためこの仕組みが他の企業よりレベルが高いと
その結果として収益が高くなります。

 

 

どんなに懸命に仕事に取り組んでも
この仕組み自体が低レベルだと
忙しいけど、儲からん・・・となります。

 

 

それは忙しくて儲からん仕組みで
一生懸命に働くからです。

 

 

もちろん一生懸命に働くことは良いことです。
必要です。大切です。

 

 

でも、仕組み自体が低レベルだと
ビジネスとしての結果は出にくくなります。

 


どうやって低コストで市場に存在する見込み客を探すのか?
どうやって見つけた見込み客に商品を買ってもらうのか?
その仕組みが必要です。

 

 

また、SNSを使う場合も同じです。
どんなに毎日ブログに投稿してもなかなか結果にはつながりません。
どんな情報を、誰に、どのタイミングで発信するのかの仕組みが分かっていないとやはり結果はでません。

 


極論すると【商売の仕組みが高レベル】なら、
【本人の能力が低レベル】でも利益は出ます。

逆に【本人の能力が高レベル】でも、
【商売の仕組みが低レベル】なら、
がんばっても結果にはつながりにくいです。

 


私はこのことを40歳を過ぎてからランチェスター戦略で学びました。
だから、競争の激しい講師業の世界でも食っていけているのだと思います。
(講師業界って年に有料講演で依頼を3件受ける人は一桁という世界なんですよ。)

 

 

そもそもこういったことを考える経営者自体が本当に少ないのです。
だから、多くの企業が10年持たないわけです。

 

 

あなたは次の質問に明確に答えることができますか?
「あなたの商圏はどこの地域ですか?」
「あなたはどうやってその商圏に存在する、あなたが扱う商品に興味のある見込み客を探し出すのですか?」
「あなたは見つけ出した見込み客に、どうやって一つ目の商品を買ってもらうのですか?」
「あなたはそのお客様にどうやってリピートしてもらうのですか?」
「あなたが販売する商品が生み出す利益は上記の全ての活動費用をまかなうことができていますか?」
「上記をあなたや社員やスタッフが簡単に実行できるように仕組み化していますか?」

 


これらが明確に回答できないなら、それは商売の仕組みのレベルが低いと言えます。

毎年、この時期には書くのですが年末年始はこういった仕組みを考えるのにはとても良い時期です。

 

 

あなたは1.どこの(地域)、2.誰に(ターゲット)、3.何を(商品)、4.どうやって(見込み客を見つけて、新規客になってもらうか)、5.どうやって(顧客を維持するか)の高レベルの仕組みを持っていますか?持っていない場合にはぜひこの年末年始に構築を。

 

 


 

▼よかったら応援のワンクリックを!

 

▼酒井とし夫の書籍

どん底からの大逆転!人生終わったと思った時が好運の始まり

どん底からの大逆転どん底からの大逆転

1,512円

Amazon

 

 

予算ゼロでも効果がすぐ出る 売り上げが3倍上がる!販促のコツ48/日本能率協会マネジメントセンター

¥1,620 Amazon.co.jp

 

 

酒井とし夫の講演会詳細サイト

新作登場!好評・酒井とし夫の動画セミナー

酒井式マーケティング経営戦略講座

 

 

 

 

 


仕事受注を増やすには売れっ子としてふる舞う



今日も絶好調!年間講演依頼100本超のビジネス心理学講師・酒井とし夫です。

 

今日は『売れっ子としてふる舞うと仕事が増える』というお話をします。

普通、私たちは次のように考えます。

 

(1)頑張って努力する、行動する。
 ↓
(2)すると欲しいものが手に入る。
 ↓
(3)その結果、自分が理想とする人物になる。

 


これをDO・HAVE・BEとい言います。
DO(努力する、行動する)・HAVE(手に入る)・BE(そうなる)ということ。

 

 

でも、20代の頃参加した自己啓発セミナーでは次のように言われました。

「BE・DO・HAVEで生きろ」

 

つまり、次の順にしなさいということ

 

(1)まず、自分が理想とする人物になれ。
 ↓
(2)その人物として行動しなさい。
 ↓
(3)その結果、欲しいものが手に入る。

 


私は講師として活動を始めた当初はDO・HAVE・BEで動いていました。
挨拶周りをして、かばん持ちをして、仕事を手に入れていました。
その結果として人気講師になろうとしたのです。

でも、ダメでしたね。

 


挨拶周りをして、かばん持ちをしてもほとんど仕事になりませんでした。
わざわざ半日掛けて電車に乗ってあいさつ回りにでかけて、お中元やお歳暮を届けて、その結果、大手エージェントからは
「その半分の料金なら仕事があるかもよ」
と言われました。

 


こりゃダメだ!と思いました。
だから、DO・HAVE・BEを止めました。
BE・DO・HAVEにしました。

 


『売れっ子としてふる舞う』ようにしました。
すると不思議なことにどんどん大きな会場での依頼が増え始めました。
そこで結果を出さないといけませんから頑張らざるを得ません。
それが出来ると実際以上の評価がついてしまい、さらに依頼が増え始めました。
依頼が増えると目立つから、さらにオファーが来るようになりました。

 


Fake it till you become it.

 


もし、なかなか結果が出ないのであれば、
たぶん、順番が逆だと思います。

順番を変えてみてください。

 


もちろん、フリだけして、実力を向上させないとダメです。
今の延長を続けるのではなく、理想の自分を演じて、
そこに【今の自分を近づけ続ける】のです。


あなたはもう『売れっ子』なのです。

 

 

 

 


 

▼よかったら応援のワンクリックを!

 

▼酒井とし夫の書籍

どん底からの大逆転!人生終わったと思った時が好運の始まり

どん底からの大逆転どん底からの大逆転

1,512円

Amazon

 

 

予算ゼロでも効果がすぐ出る 売り上げが3倍上がる!販促のコツ48/日本能率協会マネジメントセンター

¥1,620 Amazon.co.jp

 

 

酒井とし夫の講演会詳細サイト

好評!酒井とし夫の動画セミナー

酒井式マーケティング経営戦略講座

 

 

 

 

 

 

 

 


失敗しないビジネスでのブログの効果的な使い方



年に何度か次のような講演依頼を受けます。
「ブログやフェイスブック、YouTubeの商売での

効果的な使い方について講演をお願いします。」

 

 

そんな時には必ず次のことを伝えています。
 ↓
『やみくもに使えば結果が出るというわけではない』

 


実はネットには新しいモノに飛びつく人たちと、情報を吟味する人たち、そして評判によって購買に至りやすい人たちがいます。

 

 

これらの人たちの違いを意識してブログやフェイスブック、YouTubeを使わないと、あまり仕事上での効果は出ません。

 


よく、講演先で参加者の方に次のように言われます。
「うちのホームページは[東京都 鈴木バイク店]で検索するとヤフーの1ページ目に出るんですヨ!」

 

 

その本人は得意満面の笑みを浮かべているのだけれど、
残念ながらこれではダメである。

 

 

だって、東京都でバイク屋を探している人は
[東京都 鈴木バイク店]
というキーワードでは検索しないですから。

・・・分かります?(よね?)
案外、こういったことも理解していない人が多いのにはちょっと驚きます。

 

 

以前、有名なコンサルタントに
「酒井君、商売で一番難しいのは

市場に存在する自社商品に関心の高い見込み客を見つけることだよ。」
と教えて頂いたことがあります。

 

 

つまり、目の前に歩いている人びとの中で誰が自分の扱っている商品に関心があるかを特定するのが難しいということ。

 

 

もっと具体的に言うとその人を特定するための広告費、営業費がむっちゃかかるのであるが、それをまかなう利益を出すのが難しいのだ、ということ。

 

 

そして、ここにSNSをビジネスで利用する大きなメリットがあります。だって、普通は広告費、販促費、営業費をかけてこちらから市場に探しに行くのに、ネットの場合は【興味を持つ見込み客が向こうから検索してアクセスしてくる】という大きな特徴があるのだから。

 

 

さらに普通なら既存客を繋ぎとめるための販促費が発生するけれど、SNSを効果的に使えば、そのコストは限りなくゼロにできるのです。

 

 

だから、このブログでも再三再四
「SNSを効果的に使いましょう!」
と書いているけれど、実際にはうまく使えていない人が多いですね。

 


私の場合はYouTubeはSEOを目的に使っています。
だから、質より量。3000本以上アップしています。
メルマガとブログの目的は情報の伝達です。
だから、文字数が多い。9年続けています。
フェイスブックは実績の報告とイメージ作りとフォローが目的です。
だから、仕事の写真とある特定の写真の投稿が多い。

 


やみくもに使うのではなく
年末にSNSの効果的な使い方の確認を・・・。

 


 


 

▼よかったら応援のワンクリックを!

 

▼酒井とし夫の書籍

どん底からの大逆転!人生終わったと思った時が好運の始まり

どん底からの大逆転どん底からの大逆転

1,512円

Amazon

 

 

予算ゼロでも効果がすぐ出る 売り上げが3倍上がる!販促のコツ48/日本能率協会マネジメントセンター

¥1,620 Amazon.co.jp

 

酒井とし夫の講演会&研修会サイト

酒井とし夫の講演パンフレット(PDF・2ページ)

酒井とし夫の講演最新テーマと概要資料(PDF)

酒井とし夫のプロフィール資料(PDF)

酒井とし夫のちょっと変わった人生物語 

緊張とあがり症を乗り越え、人前で堂々と話し自信を手に入れる方法

あなたがカリスマ性を手に入れて人生を変える7つのこと

キャッチコピーの作成パターン77本

好評!酒井とし夫の動画セミナー

酒井式マーケティング経営戦略講座

 

 

 

 

 

 

 

 

 


先日、高校の同級生4人で飲みました。
1次会、2次会と飲み歩き、さらに次に行こうと思ったのですが、
繁華街にあるお店はどこも人がいっぱいで入れません。

 


「お客様、ただいま満席でして・・。申し訳ございません。」

 

 

すると同級生の一人が言いました。
「う~ん、しょうがない。あそこに行くか・・・」

 

 

そして、彼は私たちを繁華街から少し離れた、しかも路地のひっそりとしたところにある一軒の小さなスナックに連れて行ってくれました。

 

 

店内を見渡すと5人ほど座ることができるカウンターとその奥に小さなテーブルが2つあるだけ。カウンターは常連さんで埋まっていたので、奥のテーブルでまた飲み始めたのですが、私はそのお店であることに気がつきました。それは・・・。

 

 

【異様にママの口が悪い! (T-T) 】

 

 

「え~っ!そんなことをお客さんに言っちゃうの??」
と思うほど、口が悪い。

 

 

しかし、不思議なことにバカだのハゲだのチビだのと言われている常連さんはニコニコしています。むしろそれを喜んでいるようにも見えます。

 

 

後から入ってきたお客さんを見るやいなや
『なんだおよぉ。どこ行ってたんだ。
しばらく来なかったじゃないか、このバカ!』

と言いながら、ママはそのお客さんの頭をバシバシ叩いています。

 


酔った頭で私は次のようなことを考えていました。
『これって差別化なのかぁ!?』

 


同級生に聞くと、このお店は彼がまだ新入社員だった頃から毎週のように上司と飲みに来ているお店だそうです。ということはこのお店は少なくとも30年以上続いているということですね。

 

 

繁華街にあるお店はどんどん入れ替わっているけれど、このお店はず~っとここで営業をしてきたわけです。つまり、経営がなりたっているということ。

 

 

お酒は他のお店で扱っているものと同じ。
おつまみもママお手製のはくさいの漬物だけ。
カラオケも他のお店となんら変わりはありません。

繁華街にある他のお店と違っているのはメインストリートから少し離れた路地にあると言うことと、【異様にママの口が悪い! (T-T) 】ということ。

 


たぶん、繁華街にあるナショナルチェーンの居酒屋ではお客に向かって
『バカ!ハゲ!チビ!』
とは絶対に言わないですよね。

 


でも、ママのお店は激戦の駅前エリアで30年以上も経営が続いていることも事実。

 


ママお手製のはくさいの漬物をポリポリとかじりながら水割りを飲み、
ますます酔った私は次のようなことを考えていました。
『ママはもしかしたら【客層で差別化】しているのかぁ・・??』

 


弱者の基本戦略は差別化。
事業領域で差別化する人もいる。
商品で差別化する人もいる。
サービスで差別化する人もいる。
価格で差別化する人もいる。
流通経路で差別化する人もいる。
立地で差別化する人もいる。
イメージや広告、販促で差別化する人もいる。
理念で差別化する人もいる。

 


そして、客層で差別化する人もいるのだ。

怒られて、叱られて、お酒を飲むのが好きな人も
一定数いるのかもしれません。

 


もしかするとそんな人にとっては
「お客様、いらっしゃいませ。いつもありがとうございます。」

と、どこにいっても同じ扱いを受けるお店は物足りないのかもしれない・・。

 

 

日本中、どこに行っても同じような店ばかり。
だから、
「どこの店でもいいよ。安いとこに行こ!」
となる。

 


テーブルに山のように盛られた漬物をポリポリとかじりながら、もう一杯水割りを飲んでいると、お店のドアが開いて3人組の男性が入ってきました。

ママがすかさず挨拶します。


『なんだおよぉ。
今頃来ても入れないよ。
このアホー!』

 


商売は奥が深い・・・。
 

 

 

 


PS.
 『中小個人企業のための酒井式マーケティング経営戦略講座』
  

▼よかったら応援のワンクリックを!

 

▼酒井とし夫の書籍

どん底からの大逆転!人生終わったと思った時が好運の始まり

どん底からの大逆転どん底からの大逆転

1,512円

Amazon

 

 

予算ゼロでも効果がすぐ出る 売り上げが3倍上がる!販促のコツ48/日本能率協会マネジメントセンター

¥1,620 Amazon.co.jp

 

酒井とし夫の講演会&研修会サイト

酒井とし夫の講演パンフレット(PDF・2ページ)

酒井とし夫の講演最新テーマと概要資料(PDF)

酒井とし夫のプロフィール資料(PDF)

酒井とし夫のちょっと変わった人生物語 

緊張とあがり症を乗り越え、人前で堂々と話し自信を手に入れる方法

あなたがカリスマ性を手に入れて人生を変える7つのこと

キャッチコピーの作成パターン77本

ビジネスコミュニケーション動画セミナー

酒井式マーケティング経営戦略講座

 

 

 

 

 


このページのトップヘ