講演依頼講師 酒井とし夫の講演会ブログ

講演依頼講師として講演会で圧倒的な実績の酒井とし夫の講演実績や講演会の感想を紹介したブログです。講演会講師・酒井とし夫は雑誌プレジデントやフジTVでも紹介されている人気講師です。

カテゴリ: 商売心理学と集客方法・広告宣伝・販売促進

実は私はネクラです・・
まぢ。

しかし、よく次のように言われます。
「酒井さんは明るいですね。
酒井さんの講演は楽しくて元気が出ます。
知り合いにも紹介しますネ!」


どうやら講演会主催者の方には私は「明るい」「楽しい」「元気」という印象を持って頂いているようです。


しか~し、正直に言うとほんの数年前までは私は自分では場を盛り下げるタイプだと思っていました。

そんな、私がなぜ「明るい」「楽しい」「元気」という印象を持って頂けるようになったのか?

それは、次のことを意識するようになってからです。

大声で、大げさに笑うゲラゲラ
・・・意識しているのは本当にこれだけ。


不思議だけれど、これを意識しているうちに「明るい」「楽しい」「元気」という印象を持って頂けるようになりました。

よく、パーティ会場で人が集まっている輪の中心にいる人がいるでしょ。その人の話をよく聞いてみると、あんがいフツーのことを話しています。でも、たいがいそういう人は「明るい」「楽しい」「元気」という印象があるはずです。そしてその印象がどこから生まれているかよく観察してみてください。

その印象はたいてい次のことから生まれていることに気がつくはずです。


大声で、大げさに笑うゲラゲラ


自分が大声で、大げさに笑っていると相手もつられて笑います。
だから相手は「この人といると楽しい」と感じます。


すると
「あの人は明るいくて楽しい人だよ。
一緒に仕事をするとすごく元気が出るよ!
と、知り合いに紹介されやすくなります。

紹介されると商売で一番コストがかかる営業活動費、販促費、広告費、事務所代が不要になります。
だから利益が残りやすくなるわけです。




 

売上を上げたい!
利益を増やしたい!!
・・・商売人なら、そう思う。

では、仕事で【お金を生む素】ってどこにあるか知ってます?
【お金を生む素】って何でしょう?

仕事って大きく分けると下記の3つの要素から構成されています。
(1)移動時間
(2)社内業務時間
(3)お客様とのコミュニケーション時間

この3つの要素の中でお金を生むのはどれだろう?

・・・そうですね。(3)だけです。

だから、どんなに移動しても、どんなに社内で頑張っても売上も利益も増えない。
お客様と打ち合わせ、交渉、プレゼン、セールス、PRや営業をしないといけないわけです。

売上を上げたい!
利益を増やしたい!!
っと、本気で思うならお客様との打ち合わせ、交渉、プレゼン、セールス、PRや営業を大きく増やさねば結果は出ない。


「え~っ!だってオレ営業苦手だもん・・・」
というあなたに朗報。


実は私も営業は好きではない。
でも仕事は来る。
なぜか?
 ↓
 ↓
 ↓
SNS営業を行っているからです。


じゃあ、SNS営業って具体的に何だと思う?
 ↓
 ↓
 ↓
情報発信。

メルマガやブログ、フェイスブック、Youtubeで情報を発信するということは、市場に向けて「商品や自分の説明、プレゼンテーション、PRを行なっているのと同じこと」である。


あなたに質問です。
お客様のところに月に一度しか訪問しない営業マンと毎日訪問する営業マンのどちらが仕事を取れる確率が高いと思う?


毎日訪問する営業マンだよね。
だって、営業を成功させる公式は次だもの。

  営業力=訪問回数の二乗×質


では、ネットで商売をしたいと考えているあなたはライバルより多くSNS営業活動をしているでしょうか?

私はよく次のようなことを言われる。
「酒井さん、メルマガを配信しているけどお客さんが来ません。」
「酒井さん、ブログを始めたけれど全然商売になりません。」

・・・そりゃそうだよ。
そういう人から詳しく話を聞くと1週間に一度くらいしか【お金を生む素】=SNS営業をしていないもん。


ひどい人になるとここ数ヶ月の間ブログが更新されていかなったりする。
これはたまにしか来ない営業マンと同じ。


原因を作らなきゃ、結果がでないのは自然の法則。
単に
「売上を上げたい!」
「利益を増やしたい!!」
と思っても、願っても結果はでない。

まめになって【お金を生む素】を作ろう。




 

先週、講演に伺った会場でだいし経営コンサルティング株式会社のM主任からこう言われました。
「私は酒井さんと同じ大学卒なんです!」


昨年、講演で伺った株式会社ファンケルのI会長からこう言われました。
「私は酒井さんと同じ新潟の○○地域に住んでいたことがあります。」


先月、講演で伺ったパナソニックコンシューマーマーケティング株式会社のN社長からこう言われました。
「私は酒井さんの近くの※※が出身なのです。」


やっぱり、デキる人というのは類似点がありますよね。


それは初対面の相手との【類似点】をスグに見つける、ということ。


人は自分と共通項がある相手に好意を抱きやすいという心理があります。
あなたにも次のような経験があるはずです。

・出身地が同じだったので相手に親しみを感じた。
・好きなアーチストが同じだったので相手と話が合った。
・同じ種類のペットを飼っていたので相手と話がはずんだ。
・応援しているチームが同じだったので相手とウマが合った。
・家が近所だと分かったので相手に好印象を抱いた。
・自分と名前や苗字が同じ芸能人に何となく親しみを感じる。


人は自分と関連がある相手、類似性のある相手、共通項のある相手に好意を抱きやすいのです。


社会心理学者R・B・チャルディーニは著書「影響力の武器 実践編」(誠信書房)の中で次のようなことを述べています。

「顧客からよい反応を得るには、名前、信条、出身地、出身校など何であれ顧客と類似点のある販売担当者が売り込みをした方が効果的だ。」


そして、類似点なんて見つけようと思えばいくらでも見つかりますよね。


名刺の表、裏には情報が詰まっています。
会社案内、カタログにもたくさんの情報が書かれています。
また、今なら予めSNSで相手のことを調べることもできます。


第一印象は一生変わらない・・・
そう主張する心理学者もいます。


ぜひ、あなたも相手と最初に出会った3分の間で
「私はあなたと○○が同じです!」
という類似点を探して、それを伝えてみてください。


その後の打ち合わせ、交渉、接客、セールスがぐっ!とスムーズになりますから。






今日は勝ちやすきに勝つ!というお話をしましょう。

先週の土曜の朝のこと。
朝、筋トレに行こうと思い車庫のシャッターを開けようとしました。
「ん!?むぐぐぅ・・・・・・んん??」

シャッターの鍵が回らない(汗)

カミサンと二人で
「むぐぐぅ・・・・・・ぎゅっ~・・・ええっ!?・・・んん??」
と鍵と格闘すること約10分。


昨夜まで回っていた鍵がびくともしません。
当然、鍵が回らないとシャッターが開かないので車も出せません。

「こりゃ、ダメだ」
と諦めてスマホで鍵の修理屋さんを探しました。しかし、地元にそれらしきお店が見つかりません。

しかたなく受付窓口だけの手配サイトのようなところに何箇所か電話をしましたが
「該当地域では登録がありません。」
との返事。

地元の工務店に電話をするも
「滑りスプレーを吹きかけてください」
と要領を得ない。

シャッターメーカーの支店に電話をしても留守電で月曜までお休みとのこと。


「え~!どうしよう??」
と思っていたら1件の鍵屋さんのサイトを発見。

なんと365日24時間営業と書いてある。
住所を見ると隣の市。


さっそく電話をすると
「じゃあ、今、現場なので片付けてからそちらに向かいます。
お昼前には着くと思います。」
とのこと。

電話を切ってから
「むむぅ・・・大丈夫か?」
と若干の不安感を抱きながら鍵屋さんを待つ。


お昼前に同じ年代と思われる男性が大きなワゴン車でやってきた。
「こんちは~!」


それから2時間後が経過・・・・。
鍵部分が見事に取りはずされてシャッターが開き、ピカピカの新しい鍵と交換してくれました。

20180317_120058


実はその修理の間中、私はその鍵屋さんとず~~~~~っと話をしていました。
正確に言うとあれこれと質問をしながらず~~~~~っと話を聞いていました。


だって、興味ありませんか?
鍵屋さんの世界って。


「なんでこの道に入ったのですか?」
「どこで技術を習得したのですか?」
「仕事ができるまで何年くらいかかりますか?」
「営業方法は?」
「営業エリアは?」
「面白い点は何ですか?」
「何が一番大変ですか?」
「開業に必要なものは?資金は?」
「どんな依頼が多いのですか?」
「今までで記憶に残る現場はどんなところ?」


その鍵屋さんはとても話好きな方で私の質問に全部答えてくれました。


ここでは固有名詞を出しては書けないけれど
「え~っ!!そんな人から依頼がくるの??(驚)」
「げげ、それって、まぢやばい現場じゃないですか!(驚)」
「うわ!そんな映画みたいなことがあるんですか(驚)」」
「へ~っ!そういう仕組みになっているんですか!(驚)」
といった面白い話のオンパレード!


そして、私が一番興味を持った話は次のこと。

・実は新潟の上越地域で実質稼動しているのはこの鍵屋さんだけ
・手配サイトに登録するような下請けはやらない


つまり、この鍵屋さんはランチェスター弱者の経営戦略である局地戦、一騎打ち戦、直接戦を地で行っているわけです。


しかも、大手は参入してきません。
だって、新潟の中でも一番市場規模の小さな地域で、面倒だし、手間がかかるし、大手企業が扱う仕事単価ではないですから。


もちろん、依頼が絶えないそうです。
長野、富山、石川辺りからも依頼がくるとのこと。


マーケットは小さいが、ニーズがあり、大手がやらない市場がある。
しかもそこには競争相手が誰も居ない。

まさに一人勝ちでありオンリーワンであり、ナンバーワンであり、勝ちやすきに勝つ・・・です。


(鍵)「また、お願いしま~っす!」
(私)「いや、または呼びたくないけれど・・・」


そう言いながら鍵屋さんは次の現場に向かいました。


目の前で弱者の経営戦略の実例に触れることができた私にとってはとても貴重な土曜となりました。




何度か書きましたが私は講演後に気が抜けて間違った電車に乗ることがあります。


で、しばらくすると目的地から遠く離れたところにたどり着くことになります。


ホームの駅に降り立って
「しまった!乗る電車を間違えた!」
と気付いて、もう一度、乗るべき正しい電車を確認して乗りなおします。

で、しばらくすると目的地に向かうことができます。


当たり前のことですが
「間違った電車に乗る」
から
「間違ったところに着く」
わけです。
遠回りするわけです。


商売も同じかな。


「間違った商売のやり方」
に乗っているから
「間違ったところに着く」
わけです。電車と同じように遠回りするわけです。


じゃあ、行きたいところに行くにはどうすればいいでしょうか?


乗るべき正しい電車を確認して乗りなおせば正しい目的地に着くのと同じで「商売の正しいやり方」に乗ればいいわけです。


間違った電車に乗ってどんなに気合を入れても、やる気を出しても、時間の経過とともに間違った場所に近づくだけです。


あなた自身も、社員もスタッフも社長が作った「乗り物」に乗って仕事をしています。


だから、その「乗り物」が正しい電車であれば、早く、確実に、目的地に着きます。


しかし、もし、その「乗り物」が間違った電車であれば、早く、確実に、間違った目的地に着きます。



正しい目的地に着くために大切なことは正しい電車に乗ること。


そして、それは「乗る前」に確認をすべきことです。


商売で言えば
「始める前」
です。


だから、どんな商品を、どこの、誰に、どう売るかという経営の仕組み・・・つまり「乗り物作り」が実は大切なんですが、案外、たまたま来た電車に乗っている人が多いです。


急がば回れ。
正しい商売電車に乗るべし。


そして、その電車はあなたが勉強してあなたが創らねばならないのです。



昨日、私的なことでテンションがだだ下がりでした・・・(T_T)

しかし、その下がっていたテンションが一本の電話でぐぐっと上がりました('▽'*)ニパッ♪


最初はカミサンが電話に出たのですが、電話で話しているカミサンの表情が一瞬でにこやかになったので
「はて?電話の相手は誰だろう?」
と思いました。


カミサンから電話を変わると
『酒井さーーーーん!!元気ぃ~~っ??』
と大きく、よく通る、ほがらかな声がします。


「あっ!大矢さん!!」
・・・その電話の主は地元のアルミ建材店の大矢さん。


地元では知らない人がいないちょっとした有名人。


大矢さんは年齢的には私よりずいぶんと大先輩の女性(大矢さん、失礼!)ですがとにかく“元気”であります。


落ち込んでいる人は大矢さんに会うとだいたい治るので私は大矢さんのことをひそかに
「メンタルクリニック・大矢さん」
と呼んでいる。


悩んだ時に広い星空を見上げたり、砂浜に座って大きな海とかを見ているとなんだか悩んでいることが
ちっぽけに思えるときがありますよね。
そして、気分がおおらかになる。
少しずつやる気がみなぎってくる。


  大矢さんはそんな感じ。



『酒井さーーーーん!!元気ぃ~~っ??
あのさあ、さくらちゃん元気?
酒井さんの家にさくらちゃんの猫用の扉があるじゃん。
あれどこで買ったの?
ホームセンターで探したんだけど犬用しかないんだよね。』


・・・大矢さんと話したのは2分くらいだったと思う。

だけど本当に気持ちが上向いた。


人間ってスゴくない?
電話の声だけで相手に元気を届けられる存在ってスゴくない?


電話を切った後に私は改めて思いました。

「自分もそういう人になろう。」


大矢さん、いつも元気をあっりがとう!!




 
心理マーケティング100の法則
酒井 とし夫
日本能率協会マネジメントセンター
2018-03-28





ビジネス講演会を行っているとコンサルティングのご依頼も頂きます。

私がずっとコンサルを行ってきて思うのは次のこと。
 ↓
 ↓
自分の話が多い。


だいたい、10人中9人は自分のことか、自社商品のことをずっと話す方が多いです。ものすごく自分の商品やサービスに思い入れがあるのだと思います。


どんなに優れた商品なのかを熱く語ります。
どんな想いで仕事に打ち込んでいるのかを熱く語ります。
どんなに苦労して作っているかを熱く語ります。
どれほど愛情と時間を注いでいるのかを熱く語ります。
自分の頭と心と身体の中にあるものを熱く語ります。


・・・でも、思うように売れていない。
なぜか?


商売をするときに考えねばいけないのは次のこと。
 ↓
 ↓
買うのはあなたはではく、お客さんである。
 

 

だから大事なことは次の2つ。
(1)お客さんが欲しいと思うものを提供せねばならない。
(2)(1)を満たし、かつ競合よりも価値やメリットがなければならない。


さてこの2つの情報はどこにあるでしょうか?
・・・そう、お客さんの頭と心と身体の中にあるんである。

だから、残念ながら一日中自分の頭と心と身体の中にあるものを掘り下げてみても答えは見つかりません。


「なんで、こんなに熱心にやっているのに売れんのだ??」


それは自分に問うているからです。
それはお客さんに問わないとダメです。


お宝は【お客さんの頭と心と身体の中】にあります。


だから、熱く自分の想いと熱意を語るよりあなたがターゲットとしているお客さんに次のことを訊いたほうが良いです。

『どんなものが欲しいですか?』


それに対して提供できる商品やサービスがあればそこに熱い想いを込めるべき、です。

商売人は研究者や芸術家とは違います。
お客さんが買ってくれて存続できる存在です。


だから、お客さんが欲しいと思っていることを訊きださないといけない。


もちろん、そのものズバリの答えがお客さんから返ってくることはないかもしれませんが、間違ってもお客さんが欲しいと思う、感じるものはあなたの頭と心と身体にはありませんから、結論としてはお客さんから引き出すしかないのです。


案外、ここに気がつかないで堂々巡りをしている商売人が多い・・・と感じることが多いです。


私は講演会主催者の方には訊きますよ。

『何が欲しいですか?』って。


 
心理マーケティング100の法則
酒井 とし夫
日本能率協会マネジメントセンター
2018-03-28






前回、告知した下記の新刊本キャンペーンですが、発売前の予約の段階でアマゾン書店の「マーケティング・セールス全般関連書籍」のランキングで4位にまで上昇してきました。


心理マーケティング100の法則
酒井 とし夫
日本能率協会マネジメントセンター
2018-03-28


▼『心理マーケティング100の法則』
アマゾン書店受付キャンペーン詳細サイト
  

FBでもたくさんの方に記事のシェアを頂き本当にありがとうございます。

そして!茨城県中小企業家同友会の今瀬支部長のご配慮で来月4月に出版記念セミナーを開催することが急遽決定しました。

もちろん、『心理マーケティング100の法則』をご予約、お買い求め頂いた方はこの出版セミナーはご招待となりますので、ぜひ、あなたもお友達をお誘いあわせのうえ、ご来場ください。

  



知識と経験知識はまったく別物です。
知識は本で読んだり、人から聞いたり、TV新聞雑誌から得たもの。


でも本を読んで水泳の知識を得ても、TVでゴルフのレッスン番組を見ても実際には水泳もゴルフも上手くはなりません。知っているのと、やってみて分かることは別物です。


  


以前から本を出版したときにはアマゾンキャンペーンをやった方が良いという「知識」はありました。


でも、前作の「どん底からの大逆転!」の出版した時にキャンペーン開始わずか1時間で在庫切れ表示となりました。




「ん??発売1時間で在庫切れ?? おかしいぞ?」
と私は思ったので本の担当プロデューサーに問い合わせたのです。


その時に担当プロデューサーが
「予約販売時点で本の申し込みが少ない場合はアマゾンで在庫をあまり持ってくれないのではないか」
と言ったのです。


その時の経験があったので今回はアマゾン書店での予約受付開始時点からSNSでも新刊本に関する情報の発信を行っています。


これは経験から得た知識です。本で読んだり、人から聞いたり、TV新聞雑誌から得たものとは別物になります。


アガリ症克服の本を読んでも、人前に出るとアガります。
それは単に知識であって、経験知識ではないからです。
経験知識を通してこと、初めて本当に「デキる」ようになります。


出版セミナーに参加しても本を書けるようにはなりません。
それは単に知識であって、経験知識ではないからです。
実際に原稿を書いて、出版社に連絡を取ってみないと本当の意味での経験知識は手に入りません。


同様に起業セミナーに通っても独立して成功するわけではありません。


最近は「知識」だけはやたらにある人が多い。
本当に大切なのは「経験知識」。


本を読んで水泳の知識を得たら次はプールに入ることです。
TVでゴルフのレッスン番組を見たら次は打ちっぱなしに行くことです。
スキーのDVDを見たら次はゲレンデに出ることです。


知っている、理解している、分かっているとやってみて分かることの差はかなり大きい。


私がメルマガやブログに書いていること、
YouTubeで話していることを
「いつも読んでいます。」
「いつも見ています。」
「いつも聞いています。」
と言う人にはよく出会います。


でも、本当に大事なのは
「やっています。」
ということ。


今回のアマゾン受付キャンペーンでは特典として10万文字の商業出版書籍になる前の私の行動の結果である14万文字の本になる前の生原稿も公開しています。



 本なんて
 書いて
 送ればいい
 だけのこと。


そんなことは誰でも「知って」います。
でもほとんどの人は「知っている」だけで「やらない」。


「いつか本を出したい!」
と言う人にはよく出会います。


でも、
「14万文字書いて、出版社に送りました。」
という人には出会ったことがない。
だからそれが実現しない。


行動という経験を通して
手に入れたものが一番強い、のです。

1月に投稿した下記の記事で「どこの出版社から依頼されたわけでもないけれど14万文字の原稿を書いた」と書きました。
  

あれから3ヶ月。
今月26日にはその14万文字の原稿が書籍化されて「心理マーケティング100の法則」として出版となります。


実は原稿自体は講演出張の移動の電車内で2年くらいかかって少しずつ書き溜めてきていました。


どこの出版社からも依頼されて書いていたわけではないので
「これって無駄な努力か!?」
と、何度も何度も思いました。


実際に書籍化される「心理マーケティング100の法則」では文字数が10万文字くらいに編集、割愛されているので努力の1/3は無駄になったのかもしれません。


はたして努力は無駄なのか?

・・・無駄じゃないよね。


「そんなことしたってムダだよ」
というその言葉で行動をしないこと自体が大きな損失であり、ムダ、だと思う。


私はそれほど利口ではないので(むしろこの年になって分かったが頭は悪いほうだと思う)、どの努力が効果的で、どの努力が無駄かは判断できません。


だから、【やろうと思ったこと】は【やる】しかない。


種を蒔かなければ、芽はでない。
どれがムダでどれが無駄じゃないかなんてやってみなくちゃ分からない。


アマゾン書店で今週から「心理マーケティング100の法則」の予約受付が始まりました。 


お求め頂いたあなたには私がやった無駄な努力かもしれない14万文字原稿をすべて公開します。書籍と併せて読んで頂くと、種を蒔けば芽が出ることもけっこうある・・・と感じてもらえるかもしれません。

 
http://www.middleage.jp/m100/



どの努力が成果を生み、どの努力が徒労に終わるのかそんなことは誰にも分からない。

やろうと決めたことは
やるしかない。




私の名刺には
「出版書籍はアマゾン書店のマーケティング部門第一位を獲得」
と書いてあります。

それを目にした人からは
「第一位ですか!スゴいですネ」
と言われることがよくあります。
やはり一位の影響力って大きいですよね。

しかし、私の本(第一冊目)は総合ランキングでは第一位を獲得はできませんでした。

当時、総合ランキングの中にビジネスカテゴリがあり、その中にマーケティングカテゴリがありました。(現在はカテゴリ名称が異なっています)

私の本はその小さなカテゴリで第一位を獲得したに過ぎません。これが「ある限られた条件のもとにおいてのみ当てはまる事実のこと」・・・限定条件下の事実と言います。

たとえば私はある講演会場で参加者の方に次の質問をしました。

「あなたのナンバーワンは何ですか?日本一でなくても構いません。条件を限定するときっとナンバーワンがあるはずです。」

するとその方はこう答えました。
「う~ん、たぶん福祉車両の取扱高は県内で一番多いと思う。」

その方は自動車の整備や販売を行う会社の専務でした。
素晴らしいナンバーワンだと思いませんか。

ちょうどその方は会社のチラシをお持ちでしたので見せて頂きました。
そのチラシのキャッチコピーは次のように書かれていました。
『車のことならなんでも佐藤モータースへ』

「なんじゃ、そりゃ!?」
と私は思わず心の中で突っ込みました。

だって、次のように書いた方が良くないですか?

『福祉車両取扱高 埼玉県下ナンバーワンの実績
福祉車両のことならなんでも佐藤モータースへ』

人は「第一位」「ナンバーワン」という言葉に大きな影響を受けます。あなたは書店で「今年のベストセラーランキング・No.1の本」とPOPに書かれていた本を思わず手にとったことがありませんか?

あるいはアマゾン書店で本を買うときに「人気ランキング」を調べて一番人気のある本を買ったことがありませんか?

さらにあなたはDVDをレンタルするときに陳列棚に「上半期人気ランキング第一位」と書かれたDVDを思わず借りたことがありませんか?

ネットで家電製品を買おうと迷っている時に口コミサイトの人気ランキングを調べて、「人気の一番高い商品」を買ったことがありませんか?
・・・きっと、あるはずです。

さて、あなたのナンバーワンは何ですか?
「ウチにはナンバーワンなんて無いよ」
という方が多いのですが本当でしょうか?

あなたは飲食店に入った時にメニューを見て悩んだ挙句に「当店人気ナンバーワン!」と書かれていた料理を注文したことがあるはずです。

あれも限定された条件の下での第一位なのです。だからあなたの商品の脇のPOPに「当店上半期の売れ筋No.1」と書いておいてもよいわけです。

「スタッフのお薦めNo.1」「当店人気アンケート第一位」「世界一の甘さ!・・を目指して作っています」といった表現で訴求してもよいわけです。


人は「No.1」「第一位」という言葉を聞いただけで無意識にプラスのイメージを持つのです。

さて、あなたのナンバーワンはいったい何でしょう?


PS.
このようなビジネス心理ノウハウを100項目を解説しています。
 ↓
▼酒井とし夫の新刊書籍 予約受付開始
「心理マーケティング100の法則」

小さなサイズ用



このページのトップヘ