商売繁盛心理学・ビジネス心理学講師 酒井とし夫

商売繁盛心理学ブログは集客、売上アップ、販売促進、広告、セールス、コミュニケーション等、中小個人企業経営に役立ちます。

カテゴリ: インターネットビジネスで稼ぐ

みんな、SNSの使い方がヘタだと思う。

今、このブログを書きながら
フェイスブックのタイムラインをざっと眺めていますが
投稿されている記事の内容は次のとおり・・・。


1.飲み会の写真で~す。
2.ブログ更新しました。
3.釣りに行きました。
4.昼飯食いました。
5.旅行に来ています。
6.今日の夕食です。
7.病院に来ています。
8.買い物中です。
9.今日は○○様で研修会です。
10.これから出かけます。
11.掃除中です。
等々・・・。


もちろん、友達同士の近況報告や
内輪ネタで盛り上がるためにSNSを
使っているのであれば
これらの記事でまったく問題はありません。


でも、商売人や個人事業主、フリーで仕事をしている人なら
これではダメだよね。

だって、これらの記事を目にしても
瞬時に次のことが分かる人が少ない。
 ↓
『この人はいったい何をしている人か?』


もし、あなたが商売人や個人事業主、フリーで仕事をしている人で
SNSを使って仕事を受注しようと考えているならこれではダメ。


繰り返しになるけれどSNSを
友達同士の近況報告ツールとして使うならOKです。


でも、友達から年間の売り上げをまかなうほどの
仕事の継続的な依頼がないから
SNSを使って友達以外から新たな仕事の受注を獲得しようと
考えているわけですよね。


それなら一目見ただけで
『この人はいったい何をしている人か?』
が分からないとダメ。


前述の記事で言うと
「9.今日は○○様で研修会です。」
の記事だけが商売人や個人事業主、フリーで仕事をしている人で
SNSを使って仕事を受注しようと考えている人の
正しい投稿です。


しかも、この
「9.今日は○○様でセミナーです。」
の記事を投稿している方は頻繁に
「今日は○○様でセミナーです。」
という記事を投稿しているのをよく目にします。
しかも○○部分には有名企業の名前が入っていることが多い。


だから、私はその人のことを次のように思っています。
「この人は大手企業から研修の依頼を受ける人気の講師なんだな」


もし、私が大手企業の研修担当なら
【絶対にその人が気になる】
はずです。


そして、私は
「いったい、この人はどんな人だろう?」
と思いながら、その人のほかのSNSをチェックしたり
サイトでプロフィールや仕事内容、実績を調べるわけです。


そして、
「この人に仕事を依頼しても安心だ。」
と判断したならば電話やメールで
研修内容を問い合わせることになります。


かなり簡素化して分かりやすく書きましたが
商売人や個人事業主、フリーで仕事をしている人で
SNSから新規の受注が取れる人は上記のような
流れで仕事が発生します。


もし、SNSでどのように
仕事が発生するのかを理解していない人は
下記のセミナー動画も参照してください。

----------------------------------------------------
▼SNSが売上げにつながらない?そりゃそうだ。だって・・・
http://www.middleage.jp/sns/ 
----------------------------------------------------


また、以前にも書きましたが、
私は地方銀行での講演前に応接室で
担当役員の方に次のように言われたことがあります。
「日本全国に行かれてお忙しそうですね。
先週の東北地方での講演の写真も拝見しました。」


その役員の方とは初対面です。
つまり、その方は私のSNSを
事前にチェックしていたということです。
実はつい先日も講演後の懇親会で同じようなことを言われました。

SNS全盛の今どき。
あなたはSNSに投稿する記事や写真によって
【イメージ】づけられます。


そして、あなたが思っている以上に
人は【イメージ】によって大きな影響を受けます。



もし、あなたがSNSを使って
仕事を受注しようと考えているのであれば
投稿の8割は一目で次のことが分かるコンテンツにした方がいい。

『あなたはいったい何をしている、どんな人なのか?』


【【追伸】】
あなたはブログからの売り上げだけで生活をしている
本物のブロガーの仕事のやり方を知りたくはありませんか?
詳細は来週11月29日のこのブログで紹介しますのでお見逃しなきよう!


ブログが売上につながらない?そりゃそうだ。

ブログ、ツイッター、フェイスブック、メルマガ、サイト、YouTubeを仕事に結びつける方法を知っている人は100人中一人くらいしかいない・・・。

日々、みんなのSNSを見ているとそう感じます。


「ブログを書いているけれど売上につながらない」
「フェイスブックを始めたけれど仕事に結びつかない」
「YouTubeで動画を投稿したけれど何の反応もない」

そんな声を聞く度に次のように思います。

「そりゃそうだ。」


はっきり言いましょう。
あなたが食べたランチの写真や旅先の写真など誰も興味がありません。
あなたが書いた商品やサービスの案内記事など誰も読みません。

・・・だから、反応がないのです。


マーケティングや顧客心理を理解していないSNSの活用、それは単なる暇つぶしです。


想像してください。
新聞にチラシが折り込まれていました。
そこにはこう書かれていました。
『今日は都内のホテルで食事会です。いえーい!』


チラシにはあなたが知らない誰かが食べたであろうホテルの
ランチ風景の写真が掲載されています。
あなたはそんなチラシなんかに興味ないでしょ。

きっとこう思うはずです。
『ふざけるな!』


さらに想像してください。
あなたは本を買いました。
そこにはこう書かれていました。
『こちらが弊社の商品です。特徴は競合商品と比べて性能が良いことです。弊社の信頼と実績は誰にも負けません。価格は9,800円です。お申し込みはこちらです。
限定50個です。さあ、今すぐクリック!』


本にはあなたが知らない会社の商品の説明がぐだぐだと書かれていて、写真が掲載されています。
あなたはそんな本に興味はないでしょ。

きっとこう思うはずです。
『ふざけるな!』



ブログやフェイスブック、ツイッター、YouTubeでは商品やサービスは次のようなプロセスを通って売れるようになります。

(1)あなたは偶然に認知される。
  ↓
(2)情報を自分で吟味するイノベーターやアーリーアダプターがあなたを採用、購買する。
  ↓
(3)周囲から影響を受けるマジョリティ(多数派)が追随する。


もちろん、このプロセスはあなたのことを既に知っている友だちや知人は除きます。


(ついでに言っておくとあなたの友だちや知人にしか売れない商品やサービスは半年から一年後には頭打ちになるので注意。生保や損保の営業が友だちや親せきを一巡すると契約が取れなくなるのと同じですね。)


しかも、通常の商品やサービスを扱っている場合には、この(1)(2)(3)のプロセスのうち、利益が出るのはなんと(3)の段階だけです。


だから、友だちや知人にしか売れない商品やサービスはもってのほかであるけれど、まず偶然にあなた自身やあなたの商品やサービスを知ってもらうようにSNSを利用する必要があるけれど100人中90人の人はこれができていません。
知られていないのに売れるわけがない。だから、売れない・・・。


次にそのプロセスをクリアした10人の人も、気に入ってくれた一部のお客だけに売れてホッとしていると次のように思うことになります。
『あれ?あんまり儲からんぞ・・』


実はここまでの(1)と(2)のプロセスで得た情報や顧客特性、実績を利用して、一定数の「周りの人に追随するマジョリティ(多数派)」を取り込むことに成功しないと、利益はあまり出ません。


だから、漫然と、漠然と、適当にブログやフェイスブック、ツイッター、YouTubeを使っていても100人中九十九人の人は仕事にはならない、ということ。


私が10年配信し続けているメルマガやブログの読者の方、あるいはフェイスブックの友達であればお分かりのとおり、私の主な講演テーマはビjネス心理学やマーケティング、コミュニケーションです。


しかし、年に数回は必ず次のような講演依頼が来ます。

「ブログやフェイスブック、YouTubeの商売やビジネスでの使い方をテーマにしたセミナーをお願いしたい。」


その時には私は下記のテーマでセミナーを行っています。

===========================================
 ブログ、フェイスブック、YouTubeの効果的な使い方
===========================================

これはさきほど説明した顧客の行動心理と新製品や新サービスの市場への広まり方をあらわした(1)(2)(3)のプロセス概念であるキャズム理論と、実際に私が10年以上使い続けているメルマガやブログ、そして3000本以上の動画をアップしているYouTube、さらに約2500人の友達とフォロワーがいるフェイスブックやフォロワー数が2万人を超えたツイッターを使い続けている経験知識を重ね合わせた効果的なSNSの使い方を紹介しているセミナーです。



実はこの顧客の行動心理を考えたブログ、フェイスブック、YouTubeの効果的な使い方について私が主宰している勉強会のメンバー向けに語った様子を収録した動画があります。


セミナー動画を視聴したメンバーからは次のような感想をもらっています。


(感想 ここから)

 **************************************

●「酒井先生、動画見ました。
すごい内容ですね!この動画を三回見ました。一回目はあまりに濃い内容に一気に見ました。二回目はメモを取りながら。そして三回目は自分の場合に当てはめながら。

私は今まで仕事でfacebookやブログ、YouTubeのSNSを集客のツールとしてきましたが、その使い方は「なんとなくこんな感じかな」というかなり曖昧なものでした。

それが酒井先生のこの動画を見て、スッキリ頭の中が整理されました。ターゲットに合わせた効果的なSNSの使い方から文章の書き方まで、今日からすぐ使える内容でこれからの発信をワクワクしながらできます。SNSで集客している人みんなに教えてあげたいですが、本当は私だけの秘密にしておきたいような内容です。」

 **************************************

●「酒井先生の経営セミナーは、10年以上前からDVDを購入したり本を買ったりしながら、常に経営の参考書として使わせていただいています。今回の動画セミナーは、今まであまり出てこなかったカテゴリーの、SNS活用法とのことで、大変興味深く視聴させていただきました。

拝見したところ、形ある商品とサービスの両方を販売している私にとって、とても参考になるものでした。イノベーターからマジョリティに至るまで、全てのクライアントに対してどのように発信したらよいのか、明確に示していただいたことが、とてもわかりやすかったです。

ランチェスター戦略を深く理解していなくても、それを現場の環境に合わせて使えるように、わかりやすく解説してくださる酒井先生の講義は、どんなカテゴリーにおいても参考になります。

今後はフェイスブックページとYouTubeを駆使した集客と、リピーターを確保する戦略を立てて、さらなる成長を目指していきたいと思っています。酒井先生が提唱する「大量の行動」は、資金をかけずにできることが多いので、その点でもとても助かっています。
これからも中小企業の私たちに向けて、少しでも発展できるコンテンツの発信をお願いします。ありがとうございました。」

 **************************************

●「酒井式・顧客の行動心理を考えたブログ、フェイスブック、YouTubeの効果的な使い方』を受講致しました。ありがとうございました。

私はネットショップを運営しており、重要な施策が、『SEO』、『お客様の声』、『売れている感』、『実績のPR』等々多数あります。
各項目について、ショップに反映をさせていますが、それぞれどのように紐づいているのか、わかっているようでわかっていませんでした。

今回酒井先生のセミナーを受講し、イノベーター理論を噛み砕いてご説明いただいたので、自分が日々行っている施策がイノベーター(革新者)、アーリーアダプター(初期採用者)、マジョリティ(追随者)のどの層に向けたもので、何故必要なのか明確になりました。

ネットショップは運営していく上で、やるべきことが沢山ありますが、今後はやるべきことを見分けて、優先順位をつけられそうです。

また、文章の作成の仕方が大変参考になりました。これまで、ブログを書く時、なんとなくツラツラと書いていましたが、文章構成方法の既知のことor話題・ニュースorストーリー+専門性はとても勉強になりました。

これまで専門性だけを打ち出していた記事が多かったと思うのでこれからはもっと読んで下さる方が読みやすい記事が書けそうで楽しみです。

酒井先生、ありがとうございました!」

 **************************************

(感想 ここまで)



勉強会のメンバーには半年先に公開したこの動画をいよいよ一般公開します。



=======================================
顧客の行動心理を考えた 
ブログ、フェイスブック、YouTubeの効果的な使い方

 ●収録時間 約1時間20分 

 視聴希望フォームは下記

=======================================


もしかしたら、あなたもブログ、フェイスブック、YouTube、ツイッター、ホームページの効果的な使い方を知らないで損をしているのかもしれません・・・。


このセミナー動画を視聴した方の感想は下記です。


01kaso01

01kaso02
01kaso03


01kaso04


01kaso05

01kaso06



01kaso07


01kaso08



01kaso09


01kaso10


01kaso11

01kaso12

01kaso13


 01sem
 
=======================================
顧客の行動心理を考えた 
ブログ、フェイスブック、YouTubeの効果的な使い方

 ●収録時間 約1時間20分 
 ●視聴費価格:6,800円(クレジットカード決済)
 
 視聴希望フォームは下記。

=======================================

フリーランスよ!顧客心理を考えたブログ、フェイスブック、YouTubeの使い方を

マーケティングや顧客心理を理解していないSNSの活用は単なる暇つぶしに過ぎません。そのままでは何年経ってもあなたのネットの活用が集客、売り上げ、利益増につながることはありません。

私はこちらにも書いたように40歳を過ぎて無職無収入でした。そんな私がなぜ本を4冊も出版し、講演家として日本全国を周ることができるようになったのか?

それは顧客の心理を理解した上でブログやフェイスブック、YouTubeを活用したからです。

このセミナー動画は私と同じように地方に住む中小個人企業がビジネスでの全国展開を目指すために必要な顧客の行動心理の理解とキャズム理論をベースにした今日から実行できる効果的なブログ、フェイスブック、YouTubeの使い方を紹介しています。

地方から日本全国にモノやサービス、あるいは自分自身を”売る”ためのSNSの使い方を手に入れたい方は今すぐに下記をクリックしてセミナー動画をご覧ください。

▼顧客心理を考えたブログ、FB、YouTubeの使い方
(24時間PC、スマホ、タブレット閲覧可・詳細レジメ資料付)
視聴費:9,800円→リリース記念期間特別価格 4,980円


【セミナー動画感想】
●「酒井先生の経営セミナーは、10年以上前からDVDを購入したり本を買ったりしながら、常に経営の参考書として使わせていただいています。今回の動画セミナーは、今まであまり出てこなかったカテゴリーの、SNS活用法とのことで、大変興味深く視聴させていただきました。拝見したところ、形ある商品とサービスの両方を販売している私にとって、とても参考になるものでした。イノベーターからマジョリティに至るまで、全てのクライアントに対してどのように発信したらよいのか、明確に示していただいたことが、とてもわかりやすかったです。ランチェスター戦略を深く理解していなくても、それを現場の環境に合わせて使えるように、わかりやすく解説してくださる酒井先生の講義は、どんなカテゴリーにおいても参考になります。今後はフェイスブックページとYouTubeを駆使した集客と、リピーターを確保する戦略を立てて、さらなる成長を目指していきたいと思っています。酒井先生が提唱する「大量の行動」は、資金をかけずにできることが多いので、その点でもとても助かっています。これからも中小企業の私たちに向けて、少しでも発展できるコンテンツの発信をお願いします。ありがとうございました。」

●「酒井先生、動画見ました。すごい内容ですね!この動画を三回見ました。
一回目はあまりに濃い内容に一気に見ました。二回目はメモを取りながら。そして三回目は自分の場合に当てはめながら。以下感想です。
私は今まで仕事でfacebookやブログ、YouTubeのSNSを集客のツールとしてきましたが、その使い方は「なんとなくこんな感じかな」というかなり曖昧なものでした。それが酒井先生のこの動画を見て、スッキリ頭の中が整理されました。ターゲットに合わせた効果的なSNSの使い方から文章の書き方まで、今日からすぐ使える内容でこれからの発信をワクワクしながらできます。SNSで集客している人みんなに教えてあげたいですが、本当は私だけの秘密にしておきたいような内容です。」

●「『酒井式・顧客の行動心理を考えたブログ、フェイスブック、YouTubeの効果的な使い方』を受講致しました。ありがとうございました。私はネットショップを運営しており、重要な施策が、『SEO』、『お客様の声』、『売れている感』、『実績のPR』等々多数あります。
各項目について、ショップに反映をさせていますが、それぞれどのように紐づいているのか、わかっているようでわかっていませんでした。今回酒井先生のセミナーを受講し、イノベーター理論を噛み砕いてご説明いただいたので、自分が日々行っている施策がイノベーター(革新者)、アーリーアダプター(初期採用者)、マジョリティ(追随者)のどの層に向けたもので、何故必要なのか明確になりました。ネットショップは運営していく上で、やるべきことが沢山ありますが、今後はやるべきことを見分けて、優先順位をつけられそうです。また、文章の作成の仕方が大変参考になりました。これまで、ブログを書く時、なんとなくツラツラと書いていましたが、文章構成方法の①既知のことor話題・ニュースorストーリー+②専門性はとても勉強になりました。これまで専門性だけを打ち出していた記事が多かったと思うのでこれからはもっと読んで下さる方が読みやすい記事が書けそうで楽しみです。
酒井先生、ありがとうございました!」


▼視聴はとても簡単で24時間PCやスマホ、タブレットでご覧頂けます。
こちらをクリック。次画面の「カートに入れる」をクリック。次画面で「ゲストとして購入」をクリックし、以降は画面の指示に従います。決済はクレジットカードとなります。

②決済が完了すると1通目の決済確認メールが届きます。

③その後、弊社でクレジット決済を確認後48時間以内に2通目のメールを送信します。そのメール内に動画セミナー公開サイトのURLとパスワードが記載されていますのでご視聴ください。

※1通目のメール受信から48時間経っても、視聴URLとパスワードが記載された2通目のメールが届かない場合には1通目メールに記載の「注文ID」番号を明記の上、左記「問い合わせ先」にご連絡ください。

コミュニケーションがテーマのセミナーや講演で招いて頂くと、こう思うことがある。

「だよね~」

なにが
「だよね~」
なのか?

だって、会場に入って
「こんにちは!」
と声を掛けてもスマホから目が離れず、返事もないし、背もたれに寄りかかって腕を組んで会場の後ろの方で座っている方が少なからずいらっしゃるから。


「だよね~」
でしょ。


そもそも良好なコミュニケーションを取ろうと思うなら
その基本は相手に興味を持つことだ。


相手に興味を持てば自然と顔は上がり、目は輝くし、絶対に背もたれにふんぞり返る姿勢にはならない。

良いコミュニケーションのスキルがあるとしてもそれほど難しいことはなく、次の3つが基本になる。

(1)聞く姿勢をとる
相手に話を真剣に聞いているという姿勢をとる。手や足を組まない。足先と身体は相手に向ける。

(2)視線を合わせる
視線を合わせて会話をする。あなたが話している時に相手の人の視線が他を向いていたら話す気持ちが失せますよね。
視線恐怖を感じる人はまつ毛を観察する、まばたきの回数を数える、相手の瞳に映る自分を見る等いろいろなスキルがあります。

(3)うなづく
人は情報の8割以上を視覚から得るという心理学者もいますが、これはあなたが相手の話を聞いていることが、相手の目から分かるようにしなくてはいけないということ。あなたがうなずくことによって相手は聞いてくれているという気持になります。


コミュニケーション能力の向上というと
「面白いことを話す」
「よどみなく流暢(りゅうちょう)に話す」
と勘違いしている人がいますが、そんな人はあなたの周りにけっこう居ますよね。あなたはそんな人になりたい?あなたはず~っと話している人とコミュニケーションを取っていて楽しいでしょうか?


話は変わるけれどあなたが「楽しいな!」と思う時間ってどんな風に感じますか?

きっと、時間の経過が早く感じられますよね。
楽しい時間はあっという間に過ぎる。


あなたはず~っと話している人と一緒に居て、その時間を短く感じるでしょうか?

きっと、逆ですよね。
長く感じるはずです。
人はつまらない時間は長く感じます。

できれば
「あなたと一緒にいると楽しい!」
と相手が感じるようなコミュニケーションを取りたい。

では、そのためにすべきことは何か?
そう、相手に興味を持ち、聞く姿勢をとり、視線を合わせ、うなづくのである。
こんなことからコミュニケーションは上手くなる。




=>>酒井とし夫の毎月開催の勉強会について
=>>酒井とし夫の講演詳細サイト
=>>仕事や人生で好運を手に入れる3つの方法(動画セミナー無料視聴可)
=>>酒井とし夫のプロフィール
=>>酒井とし夫の話し方個別指導
=>>酒井とし夫の講演・研修・セミナー実績
=>>酒井とし夫の講演・研修・セミナー参加者の感想
=>>酒井とし夫のマスコミ履歴
=>>ツルハシを持ったおっさんから人気講師になった男の実話
=>>フリー・レポート『あなたがカリスマ性を手に入れて人生を変える7つのこと
=>>フリー・レポート『キャッチコピーの作成パターン77本
=>>フリー・レポート『緊張とあがり症を乗り越え、人前で堂々と話し自信を手に入れる方法
=>>予算ゼロでも効果がすぐ出る 売り上げが3倍上がる!販促のコツ48/日本能率協会マネジメントセンター

¥1,620
Amazon.co.jp



出版社の編集長にこう言われたことがある。
「どんな本でも4千人は買う。」

総務省統計局の調査では2015年5月29日公表のデータでは日本の就業者数は6342万人だから、もし、これらの人たちが本を買う可能性があると考えると、4000人はその0.006%である。


かなり少数派ではあるけれどたとえそれが何であって買う人というのは世の中に存在するのである。


つまり、
「酒井とし夫、講演しま~す!!」
と宣言した瞬間に何であって依頼する人というのは世の中に存在するのである。


同様に、
「私は○○を売ってま~す!!」
とあなたが宣言した瞬間にそれが何であって買う人というのは世の中に存在するのである。


これらの人たちはマーケティング的な分類で言うと
イノベーター
である。
極論するとこの人たちは新しいもの、聞いたことがないもの、見たことがないものが好きなのである。


だから、あなたや私が何を売っても必ず買う人はいる。
しかし、それはイノベーター層であり、絶対数が少ない。
そのため商売が軌道に乗るほど売上が上がらない。


フツーの商売人は自分の商品にすぐに飛びついてくれるこれらの人を大切にする。とても大切にする。それは良いのである。


ただし、商売が軌道に乗るほどに売上をもたらしてくれるのは
たいていの場合、これらの人々に続くマジョリティ層(多数派層)である。


困ったことにこのマジョリティ層(多数派層)は
「何でもかんでも買う」
ことはない。


マジョリティ層(多数派層)にはいくつかの購買基準があるのである。
その基準を知りたい??
 ↓
 ↓
機会があればいつかこのブログで書くなり、講演やセミナーで話そうと思いますが、ヒントはね・・・。
 ↓ 
 ↓
あなたもおそらくマジョリティ層(多数派層)。
だから、あなたが最近買ったモノを思い出すと良い。
なぜ、それを買ったのかをよく思い出すと良いです。
あなたの心の中に購買のきっかけがあったハズ。
それがマジョリティ層(多数派層)の基準です・・・。






=>>酒井とし夫の毎月開催の勉強会について
=>>酒井とし夫の講演詳細サイト
=>>仕事や人生で好運を手に入れる3つの方法(動画セミナー無料視聴可)
=>>酒井とし夫のプロフィール
=>>酒井とし夫の話し方個別指導
=>>酒井とし夫の講演・研修・セミナー実績
=>>酒井とし夫の講演・研修・セミナー参加者の感想
=>>酒井とし夫のマスコミ履歴
=>>ツルハシを持ったおっさんから人気講師になった男の実話
=>>予算ゼロでも効果がすぐ出る 売り上げが3倍上がる!販促のコツ48/日本能率協会マネジメントセンター

¥1,620
Amazon.co.jp



このページのトップヘ