商売繁盛心理学・ビジネス心理学講師 酒井とし夫

商売繁盛心理学ブログは集客、売上アップ、販売促進、広告、セールス、コミュニケーション等、中小個人企業経営に役立ちます。

カテゴリ: 広告宣伝・マーケティング

繁盛するお店の割引券の工夫とは?商売人よ知恵を出せ!

 今日も絶好調!年間講演依頼100本超・ビジネス心理学講師の酒井とし夫です。


地元のホームセンターで買い物をすると金券(小さな紙片の割引券)をもらうことがあります。表面に「10円」「20円」「50円」と描かれている1色刷りの券です。でも、あまり利用したことがなくゴミ箱に捨ててしまうことがよくあります。

でも、よく考えるとその紙片は「10円玉」や「50円硬貨」と同じですよね。私は「10円玉」や「50円硬貨」をゴミ箱に捨てていることになります。

普段、手に握り締めた「10円玉」や「50円硬貨」をゴミ箱にポイッと捨てることはないけれど、小さな紙片の割引券だと捨ててしまうわけです。お金と違って「ありがたみ」が無いためです。

ということは売り手側が「お客さんのために良かれ!」と思っている割引券の配布やクーポン券の配布も、単に紙に「○○円券」と印字しているだけでは、お客さんはあまり「ありがたさ」を感じていない可能性があるということになります。

そんなことを考えていたら、ビジネス本に下図のような金券の見本例が掲載されていました。(「販売スタッフがワクワクつくる カンタンアイデア販促ツール」進麻美子著 同文舘出版 52ページより転載)

waribiki

なんだか、本当のお金みたいに見えますね。本当のお金のように思えるので「ありがたみ」があります。このように割引券の紙片であっても「これはお金と同等の価値があるものなのですよ」ということが分かるようにしなければ、お客さんはその販促ツールを「ありがたい!」「ラッキー」「うれしい」と思わないということです。

販促ツールは「作ればよい」のではありません。お客さんが「ありがたい」と感じるように作らなくてはいけませんね。

小さな会社やお店ではお金をかけなくても売り上げを伸ばすためには知恵を絞ることが大切ですね。セミナー動画「新版・お金をかけずに売上を伸ばす!7つの広告宣伝販促ノウハウ」も参考にしてください。



顧客の行動心理を考えたブログ、フェイスブック、YouTubeの効果的な使い方
更新の励みになるので、下記バナーを1日1回クリックして応援をお願いします。
livebnr
 

 


☆ビジネス心理学講師・酒井とし夫 675☆
【講演台本公開】


今月初旬に開催したセミナー後、参加者の方からこんなご希望を頂きました。
「この台本を頂けませんか?」

その時に使っていたセミナー用の台本はオリジナル原版だったので、差し上げることはできませんでした。

そこで、後日、プロジェクターに投影していたデータ60ページ分は参加者の方に専用サイトからダウンロードできるようにしました。

実は講演先でも
「結構なボリュームの台本があるのですね。」
と言われることがちょくちょくあります。

私は講演の時にはまず「プロジェクター用のデータ」を作ります。
2時間の講演だとおおよそ30ページから40ページくらいです。
 ↓
 下記サイトの「プロジェクター用のデータ」みたいなもの。
 http://www.middleage.jp/daihon.html 

それから「台本」を作ります。
これは2時間の講演だとおおよそ20ページ程度です。
パソコンで作って、印刷してさらに手書きで話すことを付箋紙に書いて貼り付けていきます。
 下記サイトの「台本」の写真みたいなもの。
 http://www.middleage.jp/daihon.html 

で、講演をするたびに
「あそこは、ああした方が良かったかな。」
「ここはこうしよう!」
と思うことが増えるので、それを書き込む「調整用台本」が生まれてきます。
これは講演の度に追加、削除、編集されて進化します。
 下記サイトの「調整用台本」の写真みたいなもの。
 http://www.middleage.jp/daihon.html 

そして、講演のたびにその時の講演時間の60分、90分、120分の長さにあわせておおよその時間割を決めています。
 下記サイトの「タイムスケジュール」の写真みたいなもの。
 http://www.middleage.jp/daihon.html 

私の場合、講演のテーマごとにこんな感じの台本があるわけです。

台本に無いその場で思いついたことや、ひらめいたこと、旬な話題を話すこともありますが、それは全体の1割くらいです。

講師によってはその場の思いつきや感じたことを中心に話す方もいますが、私の場合には上述のような台本がベースになります。

だって、歌詞を覚えないでステージに立つ歌手はいないし、台詞を覚えないで舞台に立つ役者はいないもんね。

アドリブを言っているように見えて、実際には台本がある・・・。
そういう話し手になりたいと思っているので毎回こんな台本を準備するわけです。だから、結構、時間はかかるんですね。

先週の金曜の講演後、そして昨夜の講演後にもご参加頂いた方からメールやフェイスブックで次のようなメッセージを頂きました。

『私は、残念ながら18時から商工会の別の委員会があり、そこに出席のため後半の10分程、お聞きできないのが残念でした。しかし、名刺に書かれている通り眠くならない講話…素晴らしかったです。』

『私も今までいろんなセミナーや講演会に参加させていただきましたが、一番パワフルでした。』

台本を準備するのは時間と手間がかかりますが、こんなメッセージを頂くと嬉しくて!!また、「調整用台本」を手直ししている私がいるわけです。

まあ、好きなんですね。きっと。
天職、天職。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆酒井とし夫のセミナー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼仕事や人生で好運を味方につける方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆酒井とし夫の月一開催の勉強会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ビジネス心理学講師・酒井とし夫が毎月一回都内で開催しているビジネスマン・起業家・商売人のための定期勉強会の詳細は下記です。参加ご希望の方は下記をお読みください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆酒井とし夫の商売繁盛 講演会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
NEC、三井住友海上火災保険、東芝ソリューション、キャタピラージャパン、三菱UFJリサーチ&コンサルティング、新潟県庁、横浜市経済局、そして日本全国の商工会議所、商工会、商工会連合会、行政機関で大好評!年間依頼100本超の酒井とし夫のビジネス講演会
 
▼酒井とし夫の講演会詳細サイト
▼『ツルハシを持ったおっさんから人気講演講師になった男の物語』
 

☆ビジネス心理学講師・酒井とし夫 674☆
【情けは人のためならず】


NHKの朝の連続テレビ小説「マッサン」でエリーがこんなことを言っていました。
「情けは人のためならずだよ。」

その言葉を聴きながら
「だよね~」
と私は思った。

話は変わるけど昨年の10月17日に配信したメルマガ【ローマ法王に米を食べさせた男】でローマ法王に神子原米を献上した高野誠鮮さんからお話を伺った日のことを書きました。

その中で私が高野さんに
「ベクトルが自分に向いていると上手くいかない。これは個人でも会社でも同じです。ベクトルが相手や周りの人に向いていて、利他の心で大義に基づいて行動することです。」
と教えて頂いたと書きました。

ず~っと、この言葉が頭に残っていたんですけど、昨日、ふとツルハシを持って下水道を掘っていた時のことを思い出しました。

その時の私は毎日ツルハシとスコップを担いでせっせと下水道施設のための穴を掘っていました。
土をすくっては投げ、すくっては投げ・・・炎天下で一日中穴を掘っていました。

スゲー、キ・ツ・カ・ッ・タ。
掘っても掘っても終わらない。
もう、ヘトヘトになって道路に倒れこみました。

その時にカミサンのことを思い出した。
ず~~~っと失敗続きだった私に文句一つ言わずに世話をしてくれているカミサンのことを思い出しました。

で、歌った。
『か~ちゃんのためな~ら、エンヤコーラ。
もひとつおまけに、エンヤコーラ!!』

すると身体に力がみなぎってくるのを感じた。
かーちゃんのために頑張ろうと思った瞬間に本当にぐっと!力が入ってきた。

その時に
「へ~、人のためにやろうと思えばチカラって出るんだね。」
と、思った。
この話は以前にもメルマガで書いたけど・・。

京セラの創業者稲盛和夫さんは事業を始めるに際しては必ず次のように自分に問うらしい。

『動機善なりや、私心なかりしか』

バカな私は最近やっと分かったのだけれどベクトルが自分に向いていたり、自分のために何かをやろうとすると妥協や後ろめたさや、やましさが言葉や行動や思考に出ちゃうんだ。だから、チカラを出せたとしても最大でも100%しか出せない。

でも、相手のためにそれをやろうとか社会のためにそれに取り組もうとした時には妥協や後ろめたさや、やましさがないのでものすごいチカラが出るんだね。
自分でも思っていなかったパワーや突進力が出る。
壁がなくなる。

子供のため、カミサンのため、会社のため、あいつのため、社会のため、日本のため。
『動機善なりや、私心なかりしか』
で、ことに当たると想像もしていなかったようなパワーと眠っていたエネルギーが吹き出る。

「情けは人のためならず」

自分の本来持っている能力を発揮するためには
自分のことを忘れてことに当たるのがよいらしい。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆酒井とし夫のセミナー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼仕事や人生で好運を味方につける方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆酒井とし夫の月一開催の勉強会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ビジネス心理学講師・酒井とし夫が毎月一回都内で開催しているビジネスマン・起業家・商売人のための定期勉強会の詳細は下記です。参加ご希望の方は下記をお読みください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆酒井とし夫の商売繁盛 講演会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
NEC、三井住友海上火災保険、東芝ソリューション、キャタピラージャパン、三菱UFJリサーチ&コンサルティング、新潟県庁、横浜市経済局、そして日本全国の商工会議所、商工会、商工会連合会、行政機関で大好評!年間依頼100本超の酒井とし夫のビジネス講演会
 
▼酒井とし夫の講演会詳細サイト
▼『ツルハシを持ったおっさんから人気講演講師になった男の物語』

☆ビジネス心理学講師・酒井とし夫 673☆
【神様の言葉】
 
私は講演中は話します。
セミナー中も話します。
懇親会でも場が温まるまでは話します。
 
でも、それ以外は【聴く】ことが多い。
 
それは次の言葉を信じているから。
 
『神様は他の人の口を借りて
 必要なことを教えてくれる。』
 
話しているとその間はインプットされない。せっかく、相手が教えてあげよう!と思ってもこちらが話し始めると相手は口を閉じてしまう。
 
せっかく、これから相手が情報を提供しようと思ってもこちらが「それは違うよ」と話し始めると相手は口を閉じてしまう。
 
せっかく、相手が私の成長のためにアドバイスをしようと思ってもこちらが「小言が始まった・・」と受け止めると相手は口を閉じてしまう。
 
極論すればコミュニケーションとは簡単である。
よく話を聴く・・・これだけ。
 
「へ~!」
「具体的には?」
「さすが!」
「他には?」
「すごいですね!」
「何のために?」
と、訊いていけば、どんどんコミュニケーションが進み、神様の言葉をどんどん聴くことができる。
 
『私は学問のある他人が全部、私より良く見え、どんな話でも素直に耳を傾け、自分自身に吸収しようと努めました。』
 
これは松下幸之助さんの言葉。だから、神様からのアドバイスをたくさん受けることができたのではないだろうか。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆酒井とし夫のセミナー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼仕事や人生で好運を味方につける方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆酒井とし夫の月一開催の勉強会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ビジネス心理学講師・酒井とし夫が毎月一回都内で開催しているビジネスマン・起業家・商売人のための定期勉強会の詳細は下記です。参加ご希望の方は下記をお読みください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆酒井とし夫の商売繁盛 講演会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
NEC、三井住友海上火災保険、東芝ソリューション、キャタピラージャパン、三菱UFJリサーチ&コンサルティング、新潟県庁、横浜市経済局、そして日本全国の商工会議所、商工会、商工会連合会、行政機関で大好評!年間依頼100本超の酒井とし夫のビジネス講演会
 
▼酒井とし夫の講演会詳細サイト
▼『ツルハシを持ったおっさんから人気講演講師になった男の物語』



このページのトップヘ