商売繁盛心理学・ビジネス心理学講師 酒井とし夫

商売繁盛心理学ブログは集客、売上アップ、販売促進、広告、セールス、コミュニケーション等、中小個人企業経営に役立ちます。

カテゴリ: 緊張症アガリ症

こんにちは、ビジネス心理学講師の酒井とし夫です。現在、私はこちらに記載のとおり年間100本以上の講演依頼を受けて北海道から九州まで全国で講演を行っています。

しかし、実は私はほんの数年前まで極度のアガリ症、緊張症で悩んでいました。そのためアガリ症や口下手、話し下手、人前でのスピーチに悩んでいるあなたの気持は人一倍よく分かります。
そんな私が今では数百人の前で話しをするようになりました。

 shinagawa

たとえ今のあなたがアガリ症で緊張しがちなタイプであったとしても人前で堂々と話ができるようになります。なぜなら私自身が長年悩んできたアガリ症を克服して人前で話しをすることができるようになった全てのノウハウとスキルをあなたにも教えることができるからです。続きはこちらのサイトでお読みください。



あなたは人前に出ると緊張します?
ここ一番の大舞台で緊張しますか?
アガリますか?


そんな時、私は緊張します。
きっと心臓はバクバク。
手には汗をかいています。


ちょっと想像してください。オリンピックの100m決勝のスタートラインに立っている選手の気持ちを想像してみてください。


何年も何年もの時間をかけてやっとこの決勝の舞台に立つことができたわけです。

スタジアムの観客は総立ちです。各国の国旗が何十万、何百万と揺らめいています。その声は天空を突き刺す雷鳴のようであり、その振動が地響きのように大地を揺らしています。ボルテージは最高潮。

右隣のレーンには金メダルの最有力候補。
左隣のレーンには世界記録保持者保持者。

「がんばれ!」
チームの声援が耳に飛び込んできます。その瞬間に今までお世話になった人、ずっと応援してくれる人、監督、コーチ、チームメイト、生み育ててくれた両親の顔が次々に思い浮かびます。


「On Your Marks」
・・・あなたはスタートラインに手を置きます。


さて、このときの選手の気持ちは
はたして【平静】だと思いますか?
【落ち着いている】と思いますか?


そうではないと思います。
心臓はドキドキして、手のひらには汗をかき筋肉に力が入っているはずです。
もしかしたら緊張して震えているかもしれません。
 ↓
 ↓
 ↓
だから【新記録が出る】のです。


私はここ一番の大舞台で緊張します。
だ・か・ら!
ここ一番の大舞台で最高のパフォーマンスを発揮することができるのです。



武道館でライブを行うアーチストは楽屋ではたして【平静】で【落ち着いている】と思いますか?


契約を決めたら何億円もの利益が生まれる交渉の席ではたして経営者は【平静】で【落ち着いている】と思いますか?


9回の裏ツーアウト満塁一打逆転の場面でバッターボックスに入る野球選手ははたして【平静】で【落ち着いている】と思いますか?


心臓はドキドキして、手のひらには汗をかき筋肉に力が入っているはずです。
もしかしたら緊張して震えているかもしれません。
 ↓
 ↓
 ↓
だから【最高のパフォーマンス】を発揮できるのです。


これが
【【緊張症やアガリ症で悩む人にとっての克服の鍵】】
です。


えっ!?
抽象的でわかりずらい?ですか。


では、別の例を出しましょう。
ソチオリンピックのフィギュアスケート最終演技のリンクに立った羽生結弦選手は
『今までで一番緊張した』
そうです。
 ↓
 ↓
 ↓
だから【最高のパフォーマンス】を発揮できるのです。


繰り返しますがこれが
【【緊張症やアガリ症で悩む人にとっての克服の鍵】】
です。


えっ!?これでもわからない?


では、もう一つ。
スタンフォードの心理学者ケリー・マクゴニガル女史が
「あなたはここ1年でひどいストレスを受けましたか?」
という質問に対して
「はい」
と答えた3万人を8年間にわたり跡調査をしたそうです。

「はい」
と答えた人の死亡率は・・・なんと43%!!


やはりストレスは悪者なのですね・・・って本当か??
実はその亡くなった人たちは
「ストレスは害を及ぼすと信じていた人だけ」
であり、
「ストレスは無害だと信じていた人」
は全被験者の中で最も低い死亡率だったのだそうです。


わかりました?これが
【【緊張症やアガリ症で悩む人にとっての克服の鍵】】
です。


分からない方、もっと詳しく知りたい方は下記のセミナー動画を見てアガリ症と緊張症の克服を。

▼アガリ症は自然には治らない
http://www.middleage.jp/dokidoki/
 
アガリ克服セミナー

先日アガリ症・緊張症克服セミナーを開催しました。このセミナーでは私自身の実体験をもとにアガリ症と緊張症を克服するために役立つ次のすべてのことを具体的にわかりやすく解説しました。
  • 意識とエネルギーの流れとは?
  • 自己嫌悪とアガリの半生
  • アガリを克服するきっかけとなった出会い
  • メンターのアガリ症克服の教え
  • 実はこんな大物もアガリ症だった!
  • アガリ症や緊張症の人の特徴
  • アガリを招くの2大要因
  • 心理学者R・ヤーキーズの実験
  • 緊張の中で最高のパフォーマンスを出す法方法
  • 極度のアガリ症だった私が100人の前で話せるようになったワケ
  • アガリ症や緊張症を克服する黄金ルール その1
  • アガリ症や緊張症を克服する黄金ルール その2
  • アガリ症や緊張症を克服する黄金ルール その3
  • タイプ別リラックスの具体的方法
  • 普通のOLから人前で話す講師になった女性の緊張コントロール実話

このセミナーを収録し動画『アガリ症・緊張症克服セミナー』としてリリースします。このセミナーで私が参加者の方にお伝えしたのはアガリ症や緊張症を克服するために難しいことや辛いことを強要したり、「気合を入れろ」といった根性論ではありません。

極度のアガリ症だった私が数百人の前でも堂々と話ができるようになった考え方と具体的で誰にでもスキルをお教えしています。

このセミナーに参加した方や動画を視聴しただけでも多くの人がアガリ症や緊張症を克服することに成功していますが、今回はそのセミナー動画のすべてをこちらでリリースしてあなたに公開します。

アガリ克服セミナー

極度のアガリ症を克服し、全国講演会講師になった酒井とし夫があなたがアガリを克服するためのレッスンを行います。
(強制的に人前で話をさせたり、スピーチを行う実習はありません)

※今回の開催の後はしばらく本テーマでのセミナー開催はありません。
ご希望の方は今回のご参加をお勧めします。

 ▼日時
 平成29年12月9日(土曜)
 午前10時15分~11時30分予定

 ▼場所
 東京都内(神田地域)
 予約者には詳細な案内メールをお送りします。

 ▼対象
 ・アガリ症や緊張症を克服したい方
 ・人前で話すと声や手や足がブルブル震える方
 ・人前で話をするときに自分の意見がうまく伝えられない
 ・会社の朝礼や会議でのちょっとしたあいさつで緊張してしまう
 ・人数の前で自己紹介になると心臓がドキドキして困る
 ・研修会や会議に出ても不安で人前に出る機会を避けてしまう
 ・リーダー的な立場にいるが皆の前に出ると堂々とできない
 ・プレゼンや商談の時にあがってしまう
 ・披露宴やパーティのスピーチで恥をかきたくない方

 ▼レッスン内容
 ・極度のアガリ症を克服した経緯
 ・アガリの仕組み
 ・アガリ症や緊張症をコントロールする方法
 ・人前でリラックスする具体的ノウハウ
 ・自分への自信を手に入れる一生に一度のワーク
 ・その他

 ▼参加費
 4,800円

 ▼参加希望フォーム



プレゼンやスピーチでの人前緊張や震え改善のコツ

私は20代の頃、広告制作会社を運営していました。その時、プレゼンが大の苦手でした。緊張してしまうからです。そのためコンペプレゼンでの勝率はあまり良くありませんでした。

でも、ある時からプレゼンに連勝するようになったきかっけがあります。それは考え方を「緊張しないように話そう」ではなく「熱く語ろう」と変えた時からです。


それまでの私はプレゼンでクライアント(お客さん)に緊張を悟られまいとしていました。緊張感を隠すためにプレゼンの前に何度も何度も何度も繰り返し繰り返し一字一句を暗誦するように練習しました。その結果、時にはプレゼンに勝ち、大きな仕事を獲得することもあったのですが、緊張感からボロボロになることもありました。


あるプレゼンの時に私はなぜか熱くなってしまい、時間も考えずに熱心に自分の考えをクライアントに語り続けたことがあります。プレゼン終了後、それまでのプレゼンの満足度とは比べ物にならないくらいに自分自身の中で充実感と達成感がありました。もちろんプレゼン中は自分が緊張していることすら忘れていました。

その日、事務所に帰る電車の中で
「プレゼンやスピーチでの人前緊張や震え改善のコツはこれだ!!」
という確信が生まれました。


それ以降、プレゼンでは「上手く話そう」とはせずに、「熱く語る」ことを心掛けました。自分で考えた企画を「上手く話す」のではなく、自分の信じることを「熱く語る」のです。

熱く語っていると次第に緊張感などどこかへ行ってしまい、熱弁をふるっている自分が居るだけになります。一種の没頭状態です。自分を飾らずにありのままストレートに出している、あるいは自分に酔っているという表現の方があっているかもしれません。

スマートではなく、泥臭いのですが、キレイに格好良く、上手にまとめる、のではなく、自分を飾らずに、単に思いを熱く語るという姿勢です。その後、クライアントにも私の熱意が伝わるようになったせいかコンペ形式のプレゼンテーションでは連戦連勝で勝ち続けました。


また、披露宴のスピーチもよく頼まれていたのですが、やはりいつも緊張してドキドキしていましたが、こちらも「上手く、格好良く話す」のではなく、新郎新婦の幸せを心から願う、その気持ちを正直に言葉に乗せて「熱く語る」ようにしてから上手く行くようになりました。



このページのトップヘ