商売繁盛心理学・ビジネス心理学講師 酒井とし夫

商売繁盛心理学ブログは集客、売上アップ、販売促進、広告、セールス、コミュニケーション等、中小個人企業経営に役立ちます。

カテゴリ: ブランディング

私は今でも時間があると下記の
ランチェスター戦略DVDを見返しています。

▼ランチェスター法則応用の弱者必勝の戦略原則『戦略☆名人』
 http://www.middleage.jp/lanchest/index.html 


このDVDを何度も何度も見返して思うのは次のこと。

弱者の基本戦略は【差別化】。

私は全国の講演会場で
多くの社長に会って次の質問をします。

「あなたの商品やサービスは
 いったい他と何が違うのですか?」


正直に言うと、その答えを聞いて
「うん!確かにそれは他とは違う!」
と感じたことはほとんどありません。


詳細に他社の商品との違いを説明してくれる人もいますが
「そもそもお客さんはそんな差別化を
望んでないんじゃない?」
と思うことも少なくありません。


あなた自身やあなたの商品やサービスが
適切に差別化できているかを確認する
簡単な6つの質問があります。

これからその質問を下記に書きますので
あなたも実際に答えをメモしてください。


質問1
あなたの扱っている商品やサービスには
お客様のニーズ(需要)がありますか?

・・・当たり前ですが、この質問への回答が
「ノー」なら商売としては成立しません。



質問2
世の中にはあなたの扱っている商品やサービスと
同様のものがありますか?

・・・もし、質問1の回答が「イエス」で、
質問2への回答が「ノー」ならオンリーワン商品です。
売れるはずです。
自信を持って今のまま商売を続けてください。



質問3
質問2で「イエス」と答えた方への質問です。
あなたと他の商品との明確な
はっきりとした違いがありますか?

・・・この回答が「ノー」であれば、
あなたは価格競争にさらされます。
なぜなら、市場に類似品が出回っているのであれば
選択権はお客様にあり、お客様にとって一番簡単な
比較条件が価格だからです。




質問4
質問3で「イエス」と答えた方への質問です。
あなたと他の商品との明確な違いは何ですか?
20秒で簡潔に説明してください。

・・・もし、、隣の人に誰か居れば、その人に
あなたの商品の違いを20秒で説明してください。

隣の人から
『うん!確かにそれは他とは違う!』
と言ってもらえたでしょうか?



質問5
質問4で20秒以内に説明できた方への質問です。
それは競合には無く、
【あなただけの武器】ですか?

・・・この回答が「ノー」であれば、
それは差別化要因ではありません。



質問6
質問5で「イエス」と答えた方への質問です。
はたしてその武器はお客様が望んでいるものですか?



この質問で「イエス」と答えられた方は
弱者の基本戦略としての【差別化】が
できている可能性が高いです。

ここまで到達できなかった場合は
アウト!です。
差別化できていません。


私は講演家として特定市場のターゲット層に対して、
記の質問には
「イエス」
「イエス」
「イエス」
「20秒で説明可能」
「イエス」
「イエス」
と答えられます。



では、なぜこのように差別化をしなくてはいけないのか?
それについてはこのメルマガやブログでも
何度も書いてきましたが、もし分からない方は
下記のセミナー動画で学んでください。

▼商売がうまくいかない?そんなの当たり前だろ
http://www.middleage.jp/lan/ 


需要がある市場で、
お客様の目から見て
「確かに他とは違う。メリットがある。欲しい」
と思ってもらえて、
さらにあなた自身が
その商品やサービスに関して
強い関心と興味があり、
しかもそれを販売するための
能力と適性と向上心があれば、
それは商売人として最強です。


私は講演という市場で
お客様の目から見て他の講師との違いがはっきり分かり、
講師として招聘することにメリットがあり、
さらに私自身が講演について強い関心と興味があり、
適性があり、もっと上手くなりたいという向上心があります。
だから、最強・・・。

あなたは?

あなたをブランド化する質問

長期入院しているときのこと。
朝、病院の待合室に行って驚いた。
『うわぁつ・・!』


私はその光景を忘れることができません。
以前にも書いたけれど、私はこの瞬間に次のことを決めました。


下請け仕事は止めよう。
営業することを止めよう。
「仕事をください」というのは止めよう。
いやな仕事をするのは止めよう。
いやな人と仕事をするのは止めよう。
安い仕事は止めよう。


そのとき、病院で考えたビジネス戦略があります。
私はそれを“先生、ありがとう戦略”と命名しました。


その日から
「先生、ありがとうございました」
と言われる仕事をしようと決めました。


「先生、ありがとうございました」
と言われるポジショニングを取ろうと決めました。


だから、当初はサイトに掲載する感想文は「酒井先生」と書いてある感想文だけ掲載するようにしました。


本を県内のマスコミ各社に配布して掲載してもらい、それを権威効果として活用しました。


有名な先生にお願いして推薦文を書いて頂きました。
中には有料の場合もありましたがこれも権威効果として利用しました。


そして、情報を発信することを大切にしてきました。なぜなら、一般社会では役割として情報を発信する側が「先生」で、受ける側が「生徒」や「患者」になるからです。


最近、ブランディングについても質問を受けますが、ブランディングの基本となる第一歩目は下記の問いを真剣に考えることから始まります。


【自分がどう思われたいか?
 どう言われたいか?
 そして何をしないか?】


これがブランディングの一歩めです。
ブランド化、ブランディングというと漠然としていますが、日々の活動の積み重ねの結果として
自然に「そうなる」ものではありません。


このブランディング化のステップについては下記のセミナー動画で詳しく解説しています。

=========================================
▼頑張っても努力しても儲からない!!
あなたが頑張っても努力しても儲からない時代が来ています。
あなた自身をブランディングしなければ、あなたはどんどん
安く叩かれる・・ 
=========================================



ヴィトンだってアップルだってナイキだって
【どう思われたいか? どう言われたいか?何をしないか?】
を徹底的に考えて、そこに向かって日々の活動を積み重ねてブランディングしています。


単に良いものを作って、一生懸命売って、自然にブランド化されたわけではありません。


これは個人であっても中小企業であっても同じです。

あなたはどう思われたいのでしょうか?
どう言われたいのでしょう?そして何をしたくないのでしょう?


どう思われたいか




営業もせずに楽々と仕事がドンドン入る人がいます。一方、一生懸命頑張って努力しているのになかなか仕事が取れない人もいます。
その差はどこから生まれるのでしょうか・・・続きはこちらでお読みください。
営業せずに


このページのトップヘ