講演依頼講師 酒井とし夫の講演会ブログ

講演依頼講師として講演会で圧倒的な実績の酒井とし夫の講演実績や講演会の感想を紹介したブログです。講演会講師・酒井とし夫は雑誌プレジデントやフジTVでも紹介されている人気講師です。

カテゴリ: ブランディング

私は今でも時間があると下記の
ランチェスター戦略DVDを見返しています。

▼ランチェスター法則応用の弱者必勝の戦略原則『戦略☆名人』
 http://www.middleage.jp/lanchest/index.html 


このDVDを何度も何度も見返して思うのは次のこと。

弱者の基本戦略は【差別化】。

私は全国の講演会場で
多くの社長に会って次の質問をします。

「あなたの商品やサービスは
 いったい他と何が違うのですか?」


正直に言うと、その答えを聞いて
「うん!確かにそれは他とは違う!」
と感じたことはほとんどありません。


詳細に他社の商品との違いを説明してくれる人もいますが
「そもそもお客さんはそんな差別化を
望んでないんじゃない?」
と思うことも少なくありません。


あなた自身やあなたの商品やサービスが
適切に差別化できているかを確認する
簡単な6つの質問があります。

これからその質問を下記に書きますので
あなたも実際に答えをメモしてください。


質問1
あなたの扱っている商品やサービスには
お客様のニーズ(需要)がありますか?

・・・当たり前ですが、この質問への回答が
「ノー」なら商売としては成立しません。



質問2
世の中にはあなたの扱っている商品やサービスと
同様のものがありますか?

・・・もし、質問1の回答が「イエス」で、
質問2への回答が「ノー」ならオンリーワン商品です。
売れるはずです。
自信を持って今のまま商売を続けてください。



質問3
質問2で「イエス」と答えた方への質問です。
あなたと他の商品との明確な
はっきりとした違いがありますか?

・・・この回答が「ノー」であれば、
あなたは価格競争にさらされます。
なぜなら、市場に類似品が出回っているのであれば
選択権はお客様にあり、お客様にとって一番簡単な
比較条件が価格だからです。




質問4
質問3で「イエス」と答えた方への質問です。
あなたと他の商品との明確な違いは何ですか?
20秒で簡潔に説明してください。

・・・もし、、隣の人に誰か居れば、その人に
あなたの商品の違いを20秒で説明してください。

隣の人から
『うん!確かにそれは他とは違う!』
と言ってもらえたでしょうか?



質問5
質問4で20秒以内に説明できた方への質問です。
それは競合には無く、
【あなただけの武器】ですか?

・・・この回答が「ノー」であれば、
それは差別化要因ではありません。



質問6
質問5で「イエス」と答えた方への質問です。
はたしてその武器はお客様が望んでいるものですか?



この質問で「イエス」と答えられた方は
弱者の基本戦略としての【差別化】が
できている可能性が高いです。

ここまで到達できなかった場合は
アウト!です。
差別化できていません。


私は講演家として特定市場のターゲット層に対して、
記の質問には
「イエス」
「イエス」
「イエス」
「20秒で説明可能」
「イエス」
「イエス」
と答えられます。



では、なぜこのように差別化をしなくてはいけないのか?
それについてはこのメルマガやブログでも
何度も書いてきましたが、もし分からない方は
下記のセミナー動画で学んでください。

▼商売がうまくいかない?そんなの当たり前だろ
http://www.middleage.jp/lan/ 


需要がある市場で、
お客様の目から見て
「確かに他とは違う。メリットがある。欲しい」
と思ってもらえて、
さらにあなた自身が
その商品やサービスに関して
強い関心と興味があり、
しかもそれを販売するための
能力と適性と向上心があれば、
それは商売人として最強です。


私は講演という市場で
お客様の目から見て他の講師との違いがはっきり分かり、
講師として招聘することにメリットがあり、
さらに私自身が講演について強い関心と興味があり、
適性があり、もっと上手くなりたいという向上心があります。
だから、最強・・・。

あなたは?

あなたをブランド化する質問

長期入院しているときのこと。
朝、病院の待合室に行って驚いた。
『うわぁつ・・!』


私はその光景を忘れることができません。
以前にも書いたけれど、私はこの瞬間に次のことを決めました。


下請け仕事は止めよう。
営業することを止めよう。
「仕事をください」というのは止めよう。
いやな仕事をするのは止めよう。
いやな人と仕事をするのは止めよう。
安い仕事は止めよう。


そのとき、病院で考えたビジネス戦略があります。
私はそれを“先生、ありがとう戦略”と命名しました。


その日から
「先生、ありがとうございました」
と言われる仕事をしようと決めました。


「先生、ありがとうございました」
と言われるポジショニングを取ろうと決めました。


だから、当初はサイトに掲載する感想文は「酒井先生」と書いてある感想文だけ掲載するようにしました。


本を県内のマスコミ各社に配布して掲載してもらい、それを権威効果として活用しました。


有名な先生にお願いして推薦文を書いて頂きました。
中には有料の場合もありましたがこれも権威効果として利用しました。


そして、情報を発信することを大切にしてきました。なぜなら、一般社会では役割として情報を発信する側が「先生」で、受ける側が「生徒」や「患者」になるからです。


最近、ブランディングについても質問を受けますが、ブランディングの基本となる第一歩目は下記の問いを真剣に考えることから始まります。


【自分がどう思われたいか?
 どう言われたいか?
 そして何をしないか?】


これがブランディングの一歩めです。
ブランド化、ブランディングというと漠然としていますが、日々の活動の積み重ねの結果として
自然に「そうなる」ものではありません。


このブランディング化のステップについては下記のセミナー動画で詳しく解説しています。

=========================================
▼頑張っても努力しても儲からない!!
あなたが頑張っても努力しても儲からない時代が来ています。
あなた自身をブランディングしなければ、あなたはどんどん
安く叩かれる・・ 
=========================================



ヴィトンだってアップルだってナイキだって
【どう思われたいか? どう言われたいか?何をしないか?】
を徹底的に考えて、そこに向かって日々の活動を積み重ねてブランディングしています。


単に良いものを作って、一生懸命売って、自然にブランド化されたわけではありません。


これは個人であっても中小企業であっても同じです。

あなたはどう思われたいのでしょうか?
どう言われたいのでしょう?そして何をしたくないのでしょう?


どう思われたいか




営業もせずに楽々と仕事がドンドン入る人がいます。一方、一生懸命頑張って努力しているのになかなか仕事が取れない人もいます。
その差はどこから生まれるのでしょうか・・・続きはこちらでお読みください。
営業せずに


あなたがたんに頑張っても努力しても儲からない時代が来ています。
あなた自身をブランディングしなければ、あなたはどんどん安く叩かれます。
こちらであなた自身をブランド化する戦略を教えます。

努力しても

モノは良いのに売れないワケ

「この人はもっと売れるのになあ。もったいないねえ」
・・・っと思うことがあります。

SNSのおかげで個人でも大手に負けずに仕事ができる時代ですよね。

SNSのおかげで地方の個人企業でも都市部に負けずに仕事ができる時代ですよね。

でも、多くの個人、フリーで働く人がなかなか自力で仕事が取れないのも事実。

その理由は・・・・
 ↓
 ↓
 ↓
見せ方がヘタだからです。

もちろん、反論もあるでしょう。

でも、私が
「この人はもっと売れるのになあ。もったいないねえ」
っと思う人に
「もっとこうした方がいいよ」
とアドバイスした人たちは仕事が入ってきています。
(もちろん、その本人が私のアドバイスを受け入れて【実践】した人だけですが。)

そのアドバイスは間単に言うと自分のターゲット業界やターゲット層に対して【自分をどう見せるか】ということをちゃんと考えよう、ということです。

個人、フリーで働く人の場合大事なことは
「仕事の依頼がくる→仕事の依頼がくる→仕事の依頼がくる→・・・売れる!」
ではありません。
「売れている!→仕事の依頼がくる→また仕事の依頼がくる→→またまた仕事の依頼がくる→さらに仕事の依頼がくる」
という順で仕事を取ることです。

無名の個人、フリーで働く人の元に
「仕事の依頼がくる→仕事の依頼がくる→仕事の依頼がくる→」
なんてことはありませんから。

【売れっ子であるように見える】から仕事の依頼がくるんです。

個人、フリーで働く人は
「仕事の依頼がくる→仕事の依頼がくる→」
なんてことを【願っている】だけじゃダメです。


私の場合も【売れっ子であるように見える】ことからスタートしています。

だって、あなたが講演の主催者だったらどこの誰だかわからない無名の新人講師に依頼はしないでしょ?

あなたはどこの誰だかわからない人が主催するセミナーにお金を払って参加しないでしょ?

無名の個人、フリーの基本はゲリラ戦。


「あっ、なんかこの人すごそうだ」
と思うから仕事が来るんです。
(もちろん、仕事のクオリティが低いと2度目の依頼はありませんが。)


だから、商品やサービスを売る前には
【自分を売る】という作業が必要になります。
・・・これをブランディングと言います。


これからの時代は
【一生懸命努力する】
だけじゃ売れないし、生き残れません。

これからの時代は
あなた自身にもブランディングが必要になります。

一生懸命に頑張っても
あなた自身をブランディングしなければ、
あなたはどんどん安く叩かれる時代です。


▼頑張っても努力しても儲からない。
あなた自身をブランディングしなければ、
あなたはどんどん安く叩かれる・・
http://www.middleage.jp/brand/


モノは良いのに




▼アガリ症は自然には治らない!時間が経つほどひどくなります

なぜ能力がある俺よりあいつが儲かるんだ?


「くそ!俺の方が能力があるのに、
 なぜあいつの方が儲かるんだ?」

・・・あなたはそう思ったことがあるでしょ。


「なんでうちのサービスの方が優れているのに
 あいつには仕事の依頼が来て、俺には来ないんだ?」


「俺の方がよほど親身なのに
 なぜあいつの方が売れるんだ?」


私は講演活動を始めた当初、よくそう思いました。
「どう考えても俺の話の方が仕事の役に立つのに、
 なんであいつの方が講演料が高いのだ?」


「なぜあんな話を有り難がって聞くんだ?
 俺の方が100倍面白いのに・・・」


そう、確かにあなたや私の方が
アイツより優れています。
おそらくそれは正しい。


そもそも客観的に相手より優れていなければ
普通の人はそう思いませんから。


世の中は不思議です。
優れているからといって
売れるわけじゃない。


歌唱力のある人が
売れるわけじゃないんです。


演技のうまい人に
仕事のオファーがくるわけじゃないんです。


話の上手な人に
講演の依頼がくるわけじゃないんです。


もちろん、長期的視点でみると
音痴な歌い手、大根役者、話べたな講師は
淘汰されます。


でも、人気の無い歌のうまい人より
人気のあるアイドルのチケットの方が売れます。


演技が上手い無名人より
知名度の高い大根の方が売れます。


話の上手な講師より
口下手だけど話題の人物の講演会に人が集まります。


これが【現実】です。


話はコロッと変わりますが
一昨日、BSのお笑い番組に「ザ・ぼんち」が登場していました。


舞台下手に登場した
おさむちゃんが顔と身体を硬直させて
きばって言う。

『ん・・んぁぁ・・ぐ・・・・ぁあ・・・・
んん・・・・が・・・ぉさ・・・・ぉさ・・・・ぅ・・・
むぅぅ・・・おさっ、おさぅ・・・ぉさむぅ、おさむ、
おさむちゃ~~~ん・・・でぇーーっす!!!』


その瞬間に私、大うけです。おもしろい!むっちゃおもしろい!
『おさむちゃん、相変わらずオモシロいなあ!』


おさむちゃんが
舞台に出てきただけでオモシロい。
おさむちゃんの、その存在自体が面白い。


でも、きっと同じことを他の人が言っても面白くはない。
文字だけで下記の言葉を読んでも面白くはない。

『ん・・んぁぁ・・ぐ・・・・ぁあ・・・・
んん・・・・が・・・ぉさ・・・・ぉさ・・・・ぅ・・・
むぅぅ・・・おさっ、おさぅ・・・ぉさむぅ、おさむ、
おさむちゃ~~~ん・・・でぇーーっす!!!』



でも、これをおさむちゃんが言うと面白い。
なぜか?


それは、おさむちゃんという
【ブランド】イメージが出来ているからだね。


実は【売れる】ためにはここが大事。
同じ行政書士でもコンサルタントでもエスティシャンでも
ネイリストでも建築士でも大工でも歌手でも講演家でも同じ。


ターゲット層の人たちが認めてくれる
【特定の良いイメージ】
が出来上がっていくと
【他の人より人気】
が出て、その結果として
【他の人より売れる】
ということ。


これが特定市場での【ブランディング】


お笑い芸人さんも星の数ほどの競合がいますが
その中では単に
【一生懸命努力する】
だけじゃ売れないし、ましてや生き残れない。


これはあなたや私がいる業界でも同じ。
これからの時代は
あなた自身にもブランディングが必要になる。


そして、あなた自身をブランド化しなければ
一生懸命に頑張っても
仕事は減り、かつどんどん安く買い叩かれる。


そうならないために自分自身のブランド化手順を
分かりやすく解説した動画が下記。


 ▼酒井とし夫の心理学的ブランディング戦略
 ●収録時間 約1時間30分


冒頭に次の問いを書きました。

「くそ!俺の方が能力があるのに、
 なぜあいつの方が儲かるんだ?」


「なんでうちのサービスの方が優れているのに
 あいつには仕事の依頼が来て、俺には来ないんだ?」


「俺の方がよほど親身なのに
 なぜあいつの方が売れるんだ?」


・・・今日の記事でその答えが分かったはずです。
自身のブランド化には時間がかかります。
自分のブランド化の重要性にピンと来たならこちらから早めの視聴を。


ブランディング03



フリーランスが自分を10倍高く売る!心理学的ブランディング戦略

あなたは今、有名大学の医学部卒がワーキングプアになり、TOEIC900点レベルの英語力を持つ人材が就職に苦労し、資格があっても仕事が無い人が増えていることをどれだけ知っていますか?

今の日本では全産業で人材のコモディティ化(一般化、普通化、陳腐化)が進んでいます。私の周りでも有名大を出ているのに何十年も契約社員で働いている人、資格があっても収入の低い人は結構います。

コモディティ化が進むと多くの社会人、ビジネスマン、商売人の労働賃金や労働単価は安くなります。さらに人工知能の発達でこれから10年で多くの仕事がロボットに取って代わられるという予測がでています。日本中に仕事の無い人や安い賃金で働かざるを得ない人が溢れる時代がすぐそこまで来ています。

これからの日本であなたの労働対価を下げないための方法論の一つが特定市場でのあなた自身のブランド化になります。ブランド物が値崩れしにくいようにあなた自身もブランド化する必要があります。

集客や売上アップ、セールス、販売、広告、販促、マーケティングに役立つこちらのサイトにも書いているように、なぜ過疎の村に住む私が全国で講演家として上場企業や商工団体、行政団体に招かれて講演を行うことができているのか?それは特定市場でのブランド化に成功しているからです。

このセミナー動画では特に士業や有資格者、個人やフリーランスで仕事をしているあなた自身をブランド化するためはどうしたらよいのか?そ具体的なの戦略の組み立て方とノウハウを紹介します。

もし、あなたが大手企業勤務ではない小規模事業主、個人事業主、フリーランスの方であれば今から【自分のブランド化】の準備を行ってください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
▼自分を10倍高く売る心理学的ブランディング戦略
(24時間PC、スマホ、タブレット閲覧可・詳細レジメ資料付)
視聴費:9,800円→リリース記念期間特別価格 4,980円

【セミナー動画感想】
sem04●「心理学的ブランディング戦略」セミナー、素晴らしかったです!この一年、自分がブランディングについて考え、コンサルにもついてアドバイスを受けていただけに、タイムリーなお話でした。これからの時代、自分と提供するサービスをブランド化していくことは、生き残っていくためにやはり必要不可欠と感じます。そして必要なのは今回のお話にあったこと!ブランド化に欠かせない6つの要素は、実に頭が整理されました。」

●「コモディティ化されないためのブランディング戦略!このままの自分で食っていけるのか?そんな不安にかられている方におすすめです!時代はものが有り余る時代です。人も余る時代になるかもしれません。とすると自己を他者と差別化をしないと、労働価格を下げられてしまったり、ゆくゆくは、AI(人工知能)などに仕事をとって代わられてしまうかもしれません。そこで今後生き残りたい人には、差別化戦略が必要です。そして、最終的には自分が周りから思われたいイメージと周りが思う自分とのイメージを同化させることが必要です。「私と言えば~だよね!」「~と言えば、あなたよね!」と 言われるようする。そのための手順を7つの要素に沿って、講師の酒井氏をモデルにわかりやすく解説してくれています。」

●「今回のセミナーを通してブランドに欠かせない7つの要素をじっくり考えオリジナルNO1を探して出しブランドアイデンティティ考え明文化するところまでたどり着くことができました。これから10年後はオリジナルNO1のブランドを持たないで生き抜くことは難しい時代に入ると思います。このタイミングで酒井先生の「心理学的ブランディング戦略」セミナーに出会えて本当に超ついてます。

●「セミナーの受講は、個人ミッション再構築の機会になりました。セミナーのワークで行った自分自身のブランディングは3種類。1.『今の自分の強み』を元にしたブランディング 2.『今学んでいることが強みとして確立した』ことを前提としたブランディング 3.『今の自分にはない強みを持つ、理想の自分』を前提にしたブランディング

低品質ではブランディング化は不可能と教えていただいたので、現時点では3番のブランディングは不可能です。酒井先生ご自身が、今のブランディングを構築して行く過程で重要だったのが、『他の人より競争優位性があり、かつ楽しい』と思える分野とおっしゃっていました。この為1番のブランディングも捨てることにしました。強みにより競争優位性はあるけれど、楽しいと思える分野ではないからです。このブランディングセミナーを通じて、自分が進むべき方向性がハッキリしました。2番のブランディングです。既にその方向に向かって歩み始めており、ブランディングが出来た自分を想像すると、ワクワク、楽しい気持ちになります。」

▼視聴はとても簡単で24時間PCやスマホ、タブレットでご覧頂けます。
こちらをクリック。次画面の「カートに入れる」をクリック。次画面で「ゲストとして購入」をクリックし、以降は画面の指示に従います。決済はクレジットカードとなります。

②決済が完了すると1通目の決済確認メールが届きます。

③その後、弊社でクレジット決済を確認後48時間以内に2通目のメールを送信します。そのメール内に動画セミナー公開サイトのURLとパスワードが記載されていますのでご視聴ください。
※1通目のメール受信から48時間経っても、視聴URLとパスワードが記載された2通目のメールが届かない場合には1通目メールに記載の「注文ID」番号を明記の上、左記「問い合わせ先」にご連絡ください。



このページのトップヘ