商売繁盛心理学・ビジネス心理学講師 酒井とし夫

商売繁盛心理学ブログは集客、売上アップ、販売促進、広告、セールス、コミュニケーション等、中小個人企業経営に役立ちます。

タグ:コピーライティング

『一芸もいらず、能もいらず、遊もいらず、履歴もいらない。ただ日夜ともに武略、調略の工夫をすることこそ肝要である。』
(毛利元就)


「仕事とプライベートは別」
・・その意見に反論はしない。そういう人もいるだろう。

けど、私には理解できない。
独立してから20年以上ず~~~~~と朝から晩まで商売のことを考えていた。

ランチェスター戦略ネットマーケティングコピーライティングブランディング、コミュニケーション、スピーチセールス・・・ず~っと24時間ほとんどこれらに関することばかり考えて、調べて、実行している。

たぶん、プロサッカー選手は朝から晩まで何年もサッカーのことばかり考えているんだと思う。プロ選手は野球のことで24時間頭の中がいっぱいだと思う。
アーチストは創作創作創作で毎日が過ぎるんだと思う。

過ごした時間がその人を創る。


7395本。
これは2005年12月19日からの累計です。
・・・何の累計??


これは私が今までに販売してきた経営戦略、マーケティング、販促に関するテーマのEbook、DVD、セミナー動画の累計販売個数です。


対面販売したものは1個もありません。
全て【文章で販売】したものです。


そう、メルマガやブログやフェイスブックで配信、投稿した文章です。


私は自分の書いた文章を読んで
「お~!面白いなあ・・・。」
と思います。


でも、知人や友人が書いたSNSの記事を読んで
「お~!この人の文章は面白いなあ・・・。」
と思う人は数名だけです。


だから、正直に言うと普通にあなたがメルマガやブログやフェイスブックで文章を書いても売れないと思います。


ほとんどの人が書く文章は自分のことしか書いていません。
だから売れない。


言葉を変え、表現を変えて、読み手に
「そうだよなあ。俺もそんなことあるなあ。やっぱりそれをやらないといけないよね。」
と思ってもらい、その場でURLをクリックしてもらい商品やサービスの説明サイトに誘導して、そのうえで予約や申し込みをしてもらう必要があります。


ネットでモノを販売するということはそれは全部【文章】で行うわけです。


それを続けてきた累計が
7395本。


その書き方の基本を解説したセミナー動画が下記。

 ↓ ↓ ↓

==============================================
▼2週間で給料の2か月分を文章で稼ぎました。
その方法をお教えします。
http://www.middleage.jp/10catch/ 
==============================================


文章が書けない人はネットでモノを販売するということは難しい、です。
おそらく我流でも難しい、です。


もし、あなたがメルマガやブログやフェイスブックでモノやサービス、あるいはあなた自身を【売ろう】とした場合、【文章を書く】ということは避けて通ることができません。

しかも、ただ【文章を書く】だけでは売れない。
【売れる文章を書く】ことがとても大切になります。


ただ、残念ながら
【売れる文章を書く】ことは・・・簡単ではない、です。


でも、一度、身に付けるとそれは一生自分の力で稼ぐための強力な武器になります。


たとえば下記のような簡単なライティング技術を使うだけでも反応は大きく変わってくることは、あなたにもすぐに分かると思います。


 『特製ナポリタン 800円』

 『特製ナポリタン <10皿限定> 800円』


もちろん、嘘はダメですが、こういう書き方の技術が【売れる文章を書く】ということです。


少しの興味とやる気があればあなたにも売れる文章は書けます。

ネットで商品を

元気のでる文章。買いたくなる文章

先日、講演先でお会いした新潟を代表する企業の幹部の方に次のように言って頂きました。
「酒井さんの記事は毎号必ず読んでいます。
いつも読むと元気になります。」


毎月連載をしている下記の雑誌を読んでくださっているのだそうです。

 ▼にいがたの現在・未来(経済社会リサーチセンター刊)



一昨日、某上場企業の工場長から電話を頂き次のように言って頂きました。
「病気で入院している間に“どん底からの大逆転!“を10回以上読みました。元気出ました。」


今までにも何度か書きましたが自分の強みとか特徴って自分では案外分かりません。


私自身、自分の文章を読んでも元気は出ませんから。


でも、
「酒井さんの文章を読むと元気がでる」
とは、実は何度も言われています。


最初はもちろん
「またまた~!お世辞うまいんだから!」
と受け流していました。


しかし、こう何度も言われるとそれも自分の強みとか特徴なのだと気づくことができます。
もしかしたら私の才能や能力なのかもしれません(^o^)//


また、よく次のように言われます。

「買う気はなかったけれど酒井さんの文章を読んでいるうちに買ってしまった。」

「セールスサイトだと分かっていてもつい酒井節を読んで『そうだよね』と思って買ってしまう」


ありがとうございます、です。
でも、これに関しては私の才能や能力ではありません。


80年以上前から存在するキャッチコピーやリード、ボディコピーの書き方のパターンを知っているからです。


このパターンを使えばあなたも私のような文章が書けます。その全ては下記で解説しています。




読み手に感動や気づきを与える、思慮を深める文章というのは才能から生まれます。

一方、売れる文章というのは技術から生まれます。だから、あなたにも私にも書くことができるわけです。

このページのトップヘ