商売繁盛心理学・ビジネス心理学講師 酒井とし夫

商売繁盛心理学ブログは集客、売上アップ、販売促進、広告、セールス、コミュニケーション等、中小個人企業経営に役立ちます。

タグ:コミュニケーション

企業様から研修の依頼を受けることもありますが幅広いリクエストに私一人では対応できません。

そのため、下記のような先生方にもよく協力をお願いをしてきました。

◆プロ簿記講師
  
◆元東武百貨店カリスマ靴販売員
高林 巌 先生

◆POP広告クリエイター
  
◆元カネボウ化粧品宣伝部
ビジネスメイク講師

◆店頭販売コンサルタント

◆スモールビジネスコンサルタント
  
◆フリーアナウンサー・研修講師
中山 留美 先生

◆VMDインストラクター

◆カリスマ接客販売員

◆キャリアカウンセラー・研修講師
金井 准子 先生

◆クレーム対応コンサルタント

◆伝説のカリスマ販売員・元山形新幹線「つばさ」 車内販売員 


これらの一流の先生方と一緒に仕事を行い、
私自身が気づかされ、学ばせて頂くことがとても多いのですが
これらの先生方に共通する要素の一つは下記のこと。
 ↓
 ↓
 ↓
【早い高い上手い!】


早いとは
レスポンスのスピードの速さです。

「ご協力お願いできませんか?」
と問うてから24時間以上返信に時間がかかった方は一人もいません。
というよりほぼ全員、即決即答です。


高いとは
クオリティの高さです。
リクエストに対して決められた研修の時間内で最高最良最善のコンテンツでパフォーマンスを発揮してくださいます。


上手いとは
コミュニケーションが上手いということです。
たとえ私がその場にいなくても主催担当者や参加者と短い時間の中で良好なコミュニケーションを取ってくださいます。


つまり行動が早く、クオリティと、コミュニケーション能力が高い、ということ。


逆に一緒に仕事をしても
「う~ん、この人とは次は無いな・・・」
と思うのは連絡や決断が遅く、クオリティがフツーで、コミュニケーション力が低いという場合。


メール、FB、電話、LINE、メッセンジャ-、ショートメールが使える今の時代に連絡が遅いというのは
「乗り気ではない、やる気がない」
と判断されます。

また、出し惜しみをしてバックエンドの商品やサービスに誘導しようとする意図が見える場合には二度と一緒に仕事はしません。

そして、案外見落としがちなのですが講師やコンサルタントの中にもコミュニケーション能力の低い人がいます。
具体的には横柄、ぞんざい、高慢、気配りができない、相手に対して会話を自ら振ることができない、という人も一緒に仕事はしません。

だって、もし私がなんらかの理由でその場を離れなくならなければなったときに担当者や参加者と良好なコミュニケーションが取れなければ
「酒井さん、あの人はいったい何様ですか!?」
ということにもなりかねない。


だから、企業や商工団体から
「酒井さん、こういう案件があるけれど誰か紹介して欲しい。」
と依頼を受けたときにもこの3つを満たす人しか紹介しません。


私のとの間で連絡や決断が遅い人は
「きっと、紹介しても担当者への連絡が遅いだろうな・・・」
と思ってしまうからです。


出し惜しみをしてバックエンドの商品やサービスに誘導しようとする人は
「きっと、紹介しても同じことをするのだろうな・・・」
と思ってしまうからです。


コミュニケーション能力の低い人は
「きっと、紹介しても良好な関係は築けないだろうな・・・」
と思ってしまうからです。


仕事ではもちろんクオリティは大事です。
でも、それだけだとダメだと私は考えます。

クオリティが高いというのは仕事では当たり前のこと。


「なぜ、質の高い仕事をしているのにオファーが少ないのだろう?」
と感じる人は【早い高い上手い】が出来ているかどうかも自分自身で問うてみてください。

PS.
そして、当たり前ですが冒頭で紹介した皆さんは声が魅力的な人ばかりです。

  

モゴモゴ・・っと小さな声で話す人は一人もいません。
全員がハリのある、明瞭な、声の持ち主です。

守秘義務があるのであまりSNSでは投稿しないけれどアガリ症、話ベタ、緊張症、スピーチ、コミュニケーション、会話、口下手で悩んでいる方向けにマンツーマン指導も結構やってます。

来月も都内の勉強会開催の日程に合わせてご依頼を頂きました。講演出張の間に調整ができる時だけやっていますが、年内はあと1人位指導できるかもというスケジュールです。詳細はこちらのサイトで。

個人レッスン

アガリ症でコミュニケーションが上手くできない人へ

ある超有名なミュージシャンが次のように言ったのを聞いたことがあります。
「俺ってアガリ症じゃん。だから・・・」

その言葉を聞いた時に跳び上がるほど驚きました。
もう何十年もトップに君臨し続けているミュージシャンです。

ある有名なコンサルタントに聞いたことがあります。
「累計講演回数が4千回を超えるけれど、1000回くらいまではかなりあがった。」


また、ある有名なシャンソン歌手、有名大物歌手も毎回舞台に上がるたびに足がガクガク震えるのだそうです。

こういった話を聞いた時に「これほど場数を踏んでいる人でも緊張するのだ」と少し意外な感じがしました。ということはどんなに場数を踏んでも「緊張をなくすことはできない」ということです。


私も年間に100本以上の講演の依頼を受けますが、今でも緊張します。そして私の師匠も次のように言っていました。

「緊張しなくなったらおしまい。適度に緊張していないと良い仕事はできない。いかに緊張感を持って本番に臨むかが大事。」

アガリ症で悩んでいる人は “緊張”で悩んでいるのに、“緊張”が必要だと言っているのです。
そして、師匠はこう教えてくれました。

「緊張するのは良いことだが、そのままで最後まで行ってはいけない。
緊張感を上手くコントロールすることが大切だよ。」

“緊張”を無くすのではなく、“コントロール”することが大切だと言うのです。

その話を伺った時には実感としてはよく理解できませんでしたが、その後、話し方講習会や数々のあがり克服法に関する本を読み、そして実際に私自身が講演回数を重ねながら実感として理解できたことがあります。

それは次のこと。

「誰でも人前に出るとあがり、緊張する。緊張することを無くすことはできない。しかし、人前に出た後に2つのタイプに分かれる。1つ目のタイプはずっとそのまま緊張しっぱなしであがりっぱなし。しかし、2つ目のタイプの人は緊張感とあがりとをコントロールして、リラックスした状態に入るのが早い。」

アガリ症や緊張症は放っておいても治りませんし、どんなに場数を踏んでも無くなりません。アガリや緊張は無くすものではなく、味方につけるものなのです。

「酒井さんってセールスがへたくそなのに、なんでそんなに仕事がポンポン取れるのですか?」

・・・っと営業の達人に言われたことがあります。


そうです。
はっきり言って私はセールスや営業、販売、交渉がヘタです。押しも強くないし、優れたセールステクニックを持っているわけではありません。


なぜ、そんな私に仕事がポンポンと入ってくるのか?
それは・・・。


その話の前にあなたに質問です。
「あなたは好きな人と嫌いな人のどちらに仕事を依頼しますか?」


さらに次の質問に答えてみてください。
「口はうまいけど的外れな企画提案をしてくる人と、口下手だけど的確な提案をしてくる人のどちらに仕事を依頼しますか?」


間違いなく私はセールスや販売、交渉がヘタです。
でも、私は商売をうまく回すコツは次の3点だと思っています。

(1)好かれること
(2)気に入られること
(3)思い出してもらえること


この3つをよく読んでもらうと商売をうまく回すコツの中には次の要素が入っていないことが分かるはずです。

・口が達者なこと
・セールスが上手いこと
・交渉が上手いこと
・販売テクニックがあること


私はこの要素をひとつも持っていません。
なぜ、そんな私に仕事が面白いようにポンポンと入ってくるのか?
それは・・・。


(1)好かれること
=相手と好意と信頼を築くのが上手い

(2)気に入られること
=相手の欲していることを捉えて相手が分かるように提案できる

(3)思い出してもらえること
=「あっ!そうだ!あの人にお願いしよう」と思い出してもらえる


つまり、私は下記の(A)ではなく、(B)を実践しているわけです。


(A)ゴリ押しで話術巧みにモノやサービスを売るタイプ

(B)相手と好意と信頼を築き、欲求を的確に捉えて分かりやすく提案し、
時間が経っても「そうだ!酒井さんにお願いしよう」と思い出してもらえる
タイプ


そのため、ほとんどセールスや交渉をゴリゴリしなくても自然に仕事が入ってくるということです。もし、あなたがゴリ押しで話術巧みにモノやサービスを売るタイプであるなら、これ以上読む必要はありません。


でも、もし、あなたが口もそれほど達者でもなく、押しがそれほど強いわけでもなく、ゴリゴリとセールスや交渉をするタイプでなければ、これからあなたに説明することはあなたの仕事や人生に大きな影響を与えるはずです。


先ほど私は次のタイプであると言いました。
(1)好かれること
=相手と好意と信頼を築くのが上手い

(2)気に入られること
=相手の欲していることを捉えて相手が分かるように提案できる

(3)思い出してもらえること
=「あっ!そうだ!あの人にお願いしよう」と想起してもらえる


だから、あなたもこの(1)(2)(3)を実践すれば無理なセールスや交渉をゴリゴリしなくても自然に仕事が入ってくるようになります。


まず、(1)好かれること、ですが初対面であっても好かれる人というのは世の中に存在します。あなたの周りにも居るかもしれませんね。

その人たちがどんなことを行っているのかを知り、それをあなたも行えばいいだけです。心理学の実験の結果から出会ってから三秒以内に好印象を与えることができればよりよい人間関係を築く確率が高まるということが分かっていますので、あなたも仕事では最初の3秒から数分の間にやるべきことがあるのです。


私はいつもそれを行っています。
だから、仕事で私に会った人は分かると思いますが私の第一印象はとても良いです。


次に(2)気に入られること、ですが、仕事では相手も忙しいのでできるだけ短時間に相手の欲していることを知る必要があります。自分の売りたいものを売るのではなく、相手が欲していることを理解してそれを提案することが大切です。そこを外すと「要領を得ないやつ」と思われてしまい、気に入られることはありません。


また、相手の欲していることを理解できても、相手が分かるように説明しないとやはり気に入られることはありません。実は人間というのは各人のタイプによって理解できる言葉が異なります。だからAタイプの人にBの言語で話しても伝わらないのです。


外国人が道を尋ねているのが分かっていても、あなたが相手の言葉を理解していないと道順を教えることができませんよね。それと同じです。


あなた自身も目の前の営業マンが一生懸命に説明しているのに
「何を言っているのかわからない」
と思ったことがあるはずです。それは相手の人が普段使っている言葉と、あなたが使っている言葉が違うからです。


相手が欲していることを理解して、それを相手が理解できるように提案して初めて気にいられるわけです。


第一印象が良くて、相手から気に入られて、しかも相手の欲するものを、相手が分かるように話しているのですから仕事につながるのは当然です。だから、私には仕事が面白いようにポンポンと入ってくるわけです。


また、仕事ですからタイミングの問題も考慮する必要があります。昨日、商品を買ったばかりの相手に今日同じ商品を提案しても買ってはもらえません。


でも、次回の購買時にはあなたのことを
「あっ!そうだ!あの人にお願いしよう」
と思い出してもらえると、毎回毎回セールスや営業活動をしなくてもモノやサービスは売れることになります。これが(3)思い出してもらえること、です。


人間は20分経つと42%のことを忘れます。1日経つと7割以上のことを忘れます。だから、あなたの元に仕事がポンポンと入ってくるようにするためには(1)好かれること、(2)気に入られること、だけではなく、(3)思い出してもらえること、も必要になるのです。

分かりますよね。


ここまでの説明で分かるとおり、現代の商売やビジネスでは次のことはほぼ不要なのです。

・口が達者
・セールスが上手い
・交渉が上手い
・販売テクニックがある


だから、
「酒井さんってセールスが上手ではないのに
なんでそんなに仕事がポンポン取れるのですか?」
っと営業の達人に不思議がられるわけです。


その営業の達人はゴリ押しで話術巧みにモノやサービスを売るタイプなので、私がやっていることは理解できないと思います。


もし、あなたも私と同様にゴリ押しで話術巧みにモノやサービスを売るタイプでないのであれば、私が説明したことはあなたの仕事や人生でも大いに役に立ちます。ここまでに説明した(1)好かれること、(2)気に入られること、(3)思い出してもらえることさらに詳しく説明すると下記のようになります。


・ビジネスコミュニケーションの上手な人の特徴
・第一印象の良い人が行っていること
・初対面で心をつかむスキル
・好意を形成し、影響を与える会話スキル
・相手に3分で好かれるテクニック
・タイプ別言葉の使い方
・コミュニケーションの要素の理解
・セールスに効果的な心理学理論の理解と応用法
・セールスや交渉能力を高める質問の使い方
・相手のニーズを読み取る質問
・相手の方向性を知る
・商売で説得効果を高める人数
・余韻を残す繁盛店や売れっ子の共通点
・お客様と接するビジネスの基本態度


先日、これらのことを解説した下記の
シークレットセミナーを開催しました。

===================
===================


そしてこの『セールス・販売・交渉に役立つビジネスコミュニケーション術』セミナーに実際に参加頂いた方、そしてそのセミナーを収録した動画を視聴した方からは次のような感想を頂きました。


08kanso05


08kanso04


08kanso03




08kanso02


08kanso01


08kanso07


08kanso08


08kanso09


今回、このシークレットセミナーとして開催した『セールス・販売・交渉に役立つビジネスコミュニケーション術』を一般公開します。

もし、あなたもゴリ押しで話術巧みにモノやサービスを売るタイプでないのであれば、このセミナー動画で私が説明していることのすべてはあなたのセールス、営業、販売、交渉のみならず人生での相手との良好な人間関係作りにも大いに良い影響をもたらすものです。


商品やサービスが飽和している現在においてはゴリ押しや説得型の営業トークはかえってお客様から嫌われる要因にさえなります。
これからの時代はあなたがお客様に(1)好かれ、(2)気に入られ、(3)思い出してもらえることが大切です。


これを実現できればあなたはほとんどセールスや交渉でゴリ押ししなくても自然に仕事が入ってくる時代であるということでもありますので、ぜひ、あなたも下記の動画を視聴しビジネスでのコミュニケーションの腕を上げて仕事や人生でその効果を実感してください。


===================
▼セールス・販売・交渉に役立つ
ビジネスコミュニケーション術
収録時間 約1時間30分  
===================


この『セールス・販売・交渉に役立つビジネスコミュニケーション術』セミナーでは下記のことを解説しながらあなたがお客様と好意と信頼を築き、お客様の欲求を的確に捉えて分かりやすく提案し、時間が経っても
「そうだ!あの人にお願いしよう」
と思い出してもらえる存在になるための手順と方法論とスキルを紹介しています。そのため、あなたがどんな業界や業種の方であろうとこのセミナー動画を視聴するだけで自分自身のセールス、営業、交渉、販売に応用して今日からすぐに実践することができます。

・ビジネスコミュニケーションの上手な人の特徴
・第一印象の良い人が行っていること
・初対面で心をつかむスキル
・好意を形成し、影響を与える会話スキル
・相手に3分で好かれるテクニック
・タイプ別言葉の使い方
・コミュニケーションの要素の理解
・セールスに効果的な心理学理論の理解と応用法
・セールスや交渉能力を高める質問の使い方
・相手のニーズを読み取る質問
・相手の方向性を知る
・商売で説得効果を高める人数
・余韻を残す繁盛店や売れっ子の共通点
・お客様と接するビジネスの基本態度



広く知れ渡ると競合も生まれる内容のため一定数の視聴者数に達した場合には公開を中断する可能性もありますので視聴ご希望の方はお早めにご覧ください。今日の決断があなたの1年後、3年後の仕事の成果と人生を決めることになります。


一昨日は都内でマンツーマンのコミュニケーションレッスン。
ご依頼を頂きましたT様、ありがとうございました。

T様の素直さ、受容力、熱意、向上心、未来志向のおかげで
私も本当に楽しい一日を過ごすことができました。
ありがとうございます!ワクワクしましたネ~ (^o^)/


九段下


T様からご希望を頂いたのは下記のマンツーマンレッスン。

 ▼話し方と表現力が変わると仕事と人生が変わる!


なんと一昨日は一日で下記の内容をお伝えしました。

 ◎意識を向ける先
 ◎アガリの正体を知り、味方にする
 ◎緊張・プレッシャーの2つの原因
 ◎言葉で認知を変える
 ◎緊張・プレッシャーの具体的コントロール法
 (視覚、つぼ、引き込み現象の利用他)
 ◎リラックスするためのスキル
 ◎緊張・プレシャーの中で100%の自分を発揮する方法
 ◎パフォーマンス・ルーティーン
 ◎主観視点客観視点
 ◎パブリックスピーチの基本視線の使い方
 ◎初頭効果と親近効果
 ◎力のポーズ
 ◎フィジオロジー
 ◎サブモダリティを変える
 ◎動画撮影
 ◎印象シート
 ◎理想の人物になる方法
 ◎重心の取り方
 ◎カリスマ性や信頼性を高める身振り手振りの基本
 ◎表情筋トレーニング
 ◎アイコンタクトの基本
 ◎言葉以外のコミュニケーション
 ◎理想の印象を手に入れる一番簡単な方法
 ◎撮影してみよう!
 ◎発声の基本
 ◎声の印象度について
 ◎良い声を出す呼吸法
 ◎喉に負担をかけない発声
 ◎滑舌を良くする練習
 ◎声の表情
 ◎話法
 ◎自己認識と暗示
 ◎コミュニケーションのテクニック
 ◎天使の傾聴法
 ◎偉人の質問
 ◎未来を経験する


このマンツーマンレッスンは依頼者のご要望により
内容をカスタマイズしているのですが、昨日のT様の場合は
A4サイズデータで120ページ以上の分量となりました。


しかも、途中途中でワークを入れているので
だいたいこのレッスンを受けた方は頭の中がパンパンになって
混乱してきます・・・それが良いのです。


混乱するということは新しい脳の回路が形成される前兆です。
すでにある回路は信号がスムーズに進むので混乱しません。

まだ、ちゃんとシナプスが形成されていないので信号が
混乱するのです。


あなたも新しいことに挑戦した時に混乱したことがあるはずです。
自動車の運転を習い始めた頃、新しい学校に通い出した頃、
新しい資格取得を目指した頃、新しい技術を身に付けようと
四苦八苦した頃・・・すべて混乱していたはずです。


これを意識的無能状態と言います。
『やろうと思うけれど、うまくできない・・・』
これが混乱です。


この時に練習を繰り返すと、意識してなんとか
「デキる」ようになります。
これを意識的有能と言います。


さらにそこから練習を繰り返すと
意識せずに物事ができるようになります。
これを無意識的有能と言います。


あなたが意識せずに仕事を進めることができたり、
何も考えずに車の運転ができるのはこの無意識的有能状態です。


今の自分には無いもの、新しいこと、違う状態に向かう過程では
誰でもこの意識的無能→意識的有能→無意識的有能という
経路を通ります。


だから、今、あなたがアガリ症である、緊張するタイプである、
コミュニケーションが下手だ、カリスマ性が無い、自分に自信が無くても
まったく気にする必要はありません。


すべて「意識的無能→意識的有能→無意識的有能」状態を通過させれば
あなたも堂々として、魅力的で、コミュニケーション上手な、
自分に自信を持つあなたになることができます。


このレッスンは講演やセミナーの合間のスケジュールを調整して随時実施していますので、下記のようなレッスンを希望の方はサイトからお問い合わせ、ご予約ください。


●人前で堂々と話すための基本
コミュニケーションの3要素
身体と顔のストレッチ・トレーニング
堂々とした姿勢の基本
呼吸法
滑舌と発声
本格的ボイストレーニング

●あがりと緊張のコントロール
あがりの正体
あがりとパフォーマンスの関係
アガリは敵ではなく味方
認知的不安
生理的覚醒
焦点化
パフォーマンスルーティーン

●カリスマ性のある話し手になるトレーニング
カリスマ性の3要素
セルフイメージを創る
リフレーミング
アンカリング
パワーポーズ
メソッド演技法

●影響力を持つパブリックスピーチ
大勢の前での話すための日常のトレーニング
理想のスピーチをするためのモデリング
影響を与える言葉の使い方
聴衆を引き付ける全身を使ったジェスチャーと動作
人を魅了するストーリーの構成法

●相手を魅了するパフォーマンススキル
非言語表現
目や顔の使い方
手や上半身の使い方
コミュニケーションの天才が使うスキル
人を魅了する表情・動作
好印象と信頼感を与えるパフォーマンススキル

●セールス・交渉能力を高めるスキル
影響言語の使い方
相手の本音を引き出す質問のスキル
相手のタイプに応じた言葉の使い方
コーチングスキルを応用したセールス・交渉スキル
非言語的動作による説得スキル

●相手に影響を与えるコミュニケーション
暗示話法
連結話法
命令の二重構造
理由話法
ゲイン・フレーミングとロス・フレーミング
コーチング・コミュニケーションスキル

●影響力のある話す内容の作り方
PREP法
Problem法
ドキュメンタリー法
ストーリー法
ユニット法

 ▼話し方と表現力が変わると仕事と人生が変わる!



このページのトップヘ