講演依頼講師 酒井とし夫の講演会ブログ

講演依頼講師として講演会で圧倒的な実績の酒井とし夫の講演実績や講演会の感想を紹介したブログです。講演会講師・酒井とし夫は雑誌プレジデントやフジTVでも紹介されている人気講師です。

タグ:ブランディング

感想紹介
セミナー動画『心理学的ブランディング戦略』
 

「ブランディングという難しくて重要な内容を、明るい雰囲気で楽しみながら学ばせていただきました。

ブランディングの仕方、覚悟、それに沿った行動を起こしていく、そして、ブランドアイデンティティを決めたら、それに対する向き合い方や心意気もぶらしてはならない、「捨てること」の重要性など、大変理解しやすいセミナーでした。

新製品リリース、新社名決定に当たり、ギリギリのところで聞くことができて良かったです。

機能だけ良くても好かれなくては売れないなど、具体的な事例も織り込まれていて、これから、自分がしなくてはならないことが明確化できました。

「すべきことが、自分の頭の中でも明確化できた」というのは、ありがたいです。

見るのが「今」で本当に良かった。酒井先生、ありがとうございます。」

ニックネーム・GUNちゃん

ブランディング戦略

▼セミナー動画『心理学的ブランディング戦略』
 頑張っても努力してもそれだけでは儲からない

 http://www.middleage.jp/brand/ 

このエントリーをはてなブックマークに追加

「酒井さん、ランチェスターを勉強すれば売上が上がりますか?」
私の答え。
 ↓
 No!


「酒井さん、ブランディングすれば売上が上がりますか?」
私の答え。
 ↓
 No!


「酒井さん、コピーライティングを学べば売上が上がりますか?」
私の答え。
 ↓
 No!


「酒井さん、ブログやフェイスブックやYouTubeの使い方を
理解すれば売上が上がりますか?」
私の答え。
 ↓
 No!


「酒井さん、コミュニケーションスキルを身に付ければ売上が上がります
か?」
私の答え。
 ↓
 No!


申し訳ないけれど
全ての答えはNo.です。


だって、商売は
掛け算だもの。


どんなに営業が上手くても商品が粗悪なら結果は出ません。
商品が良くても戦略が間違っていれば売れません。
戦略を学んだとしてもコミュニケーション下手であれば
契約は取れません。
コミュニケーションが上手でもコピーライティングや
SNSの使い方が分からなければネットでは申し込みは来ません。
SNSの使い方が分かっていても
戦略がないために単に商品の写真と料金を載せただけでは
売れません。


商売は
「それをやれば儲かる」
といった単純なものじゃない。

「あれ」も「これ」も「それ」も必要な世界。


よく、コピーライティングを極めようとして
しゃかりにきになっている人がいるけれど
コピーライティングの能力なんて70%をマスターすれば
十分です。


また、セールスの技術を極めようとして
しゃかりにきになっている人がいるけれど
セールスの能力なんて70%をマスターすれば
十分です。


SNSの使い方を極めようとして
しゃかりにきになっている人がいるけれど
その70%をマスターすれば十分です。


ランチェスター弱者の戦略を極めようとして
しゃかりにきになっている人がいるけれど
これも70%をマスターすればOKです。


だって
コピーライティング能力が100であっても
経営の戦略知識が0であれば
「100×0=0」ですもの。
これでは結果は出ないです。


ブランディングについて100を学んでも
セールス能力が0であれば、これもやはり
「100×0=0」です。
これも結果は出ないです。


どんなにSNS全般の使い方を知っていても
コピーが書けない、あるいは動画で話ができないのであれば
これもやはり
「100×0×0=0」。


なぜ、私は様々なテーマのセミナーを開催したり、
下記のような様々な動画を
公開しているのか?

  

  
  
  
  
   


それはランチェスターもブランディングもコピーライティングも
ブログやフェイスブックやYouTubeの使い方も
コミュニケーションスキルもセールススキルも
全部大切だから。


そしてそれらは何ヶ月もかけて
100%の習得を目指すようなものじゃない。


数時間で理解して習得して、
その本質の7割を学べば
十分である。


あなたは「群盲象を評す」という言葉を知っているだろうか?

6人の盲人が、象に触れた。
象の足を触った盲人は「象は柱のようです」と答えた。
尾を触った盲人は「象は綱のようです」と答えた。
鼻を触った盲人は「象は木の枝のようです」と答えた。
耳を触った盲人は「象は扇のようです」と答えた。
腹を触った盲人は「象は壁のようです」と答えた。
牙を触った盲人は「象はパイプのようです」と答えた。
それを聞いた王は答えた。
「あなた方は皆、正しい。象はあなた方の言う特徴を、
全て備えているのです」と伝えた・・・。
(参照:ウィキペディア)



ある人は
「商売を軌道に乗せるには戦略を勉強すればいい」
と言う。
でも、それは象のような商売の
「戦略」という部分だけに触っている人である。


別の人は
「商売を軌道に乗せるにはブランディングが大事だ」
と言う。
でも、それは象のような商売の
「ブランディング」という部分だけに触っている人である。


また、
「ネットで商売をするにはコピーライティングが大事だ」
と言う人もいる。
でも、それは象のような商売の
「コピーライティング」という部分だけに触っている人である。


だから、冒頭で書いたように
「酒井さん、コピーライティングを学べば売上が上がりますか?」
と訊かれればNo!と答える。


「酒井さん、ブログやフェイスブックやYouTubeの使い方を
理解すれば売上が上がりますか?」
と訊かれればNo!と答える。


「酒井さん、コミュニケーションスキルを身に付ければ売上が上がります
か?」
と訊かれればNo!と答える。


それらは象のような大きな商売の
全体の一部でしかないから。


商売、とくに中小個人レベルの商売では
「あれ」も「これ」も「それ」も必要。


どれか一つが0ならば
出てくる答えは常に「0」なのだ。


100%にする必要はないけれど
すべてを学び、習得し、実践する必要はある。


新宿セミナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

『一芸もいらず、能もいらず、遊もいらず、履歴もいらない。ただ日夜ともに武略、調略の工夫をすることこそ肝要である。』
(毛利元就)


「仕事とプライベートは別」
・・その意見に反論はしない。そういう人もいるだろう。

けど、私には理解できない。
独立してから20年以上ず~~~~~と朝から晩まで商売のことを考えていた。

ランチェスター戦略ネットマーケティングコピーライティングブランディング、コミュニケーション、スピーチセールス・・・ず~っと24時間ほとんどこれらに関することばかり考えて、調べて、実行している。

たぶん、プロサッカー選手は朝から晩まで何年もサッカーのことばかり考えているんだと思う。プロ選手は野球のことで24時間頭の中がいっぱいだと思う。
アーチストは創作創作創作で毎日が過ぎるんだと思う。

過ごした時間がその人を創る。


このエントリーをはてなブックマークに追加

もし、病院の医者や看護師が白衣ではなく黒衣だったらどんな印象だろう?

もし、重要な仕事の打ち合わせに相手がTシャツと短パンとサンダルで現れたらどんな印象を持つだろう?

もし、僧侶がショッキングピンク色の法衣をまとって現れたらどんな印象を持つだろう?

良い悪いは別にして人は色や外見から多くの影響を受ける。


もし、あなたが相手にこういう影響を与えたい、こんなイメージで見られたい、こういう印象を持って欲しいと思うなら、一番簡単な方法は髪型、服装、色、小物、姿勢、歩き方、身のこなしといった外見を変えることである。

これも他者と差別化するブランディングのひとつの戦術である。これからの時代は、たんに頑張っても努力しても儲からない・・・あなた自身をブランディングしなければ、どんどん安く叩かれます

黒衣だったら

このエントリーをはてなブックマークに追加

たんに頑張って、それだけでは儲からない

あなたも薄々感じているかもしれませんが、今はたんに頑張っても努力しても、それだけでは残念ながら儲からない時代が来ています。

なぜなら今の日本の市場では質の高い商品を一生懸命に売る人ばかりだからです。これからは自身をブランディングしなければ、あなたはどんどん安く叩かれる時代になっています・・続きはこちらでお読みください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

営業もせずに楽々と仕事がドンドン入る人がいます。一方、一生懸命頑張って努力しているのになかなか仕事が取れない人もいます。
その差はどこから生まれるのでしょうか・・・続きはこちらでお読みください。
営業せずに


このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ努力もしていないあいつの方が儲かるのか?なぜ努力しているのに自分は儲からないのか?

人生は不公平ですね。
でも、あなたがどんなに努力してもそれだけでは儲からない時代が来ています。


このエントリーをはてなブックマークに追加

日本全国に講演に行って、会場で社長さんに訊きます。
「社長さんの会社の特徴って何ですか?」

第一位の回答は下記。
「質が高い」

そして、第二位の回答が下記。
どこよりも一生懸命やっている」

私は北海道から九州まで講演で伺っているけれど、日本中で
「質の悪いものを、適当に売っている人」
には会ったことがない。

これからの時代は質が高い一生懸命だけでは売れない時代になる・・続きはこちらで。
質が高い


このエントリーをはてなブックマークに追加

質が良くても一生懸命でも売れない原因、それは・・・。あなたや商品、サービスが他と比べてブランド価値が低く評価されているからです。続きはこちらで。

質が

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたがたんに頑張っても努力しても儲からない時代が来ています。
あなた自身をブランディングしなければ、あなたはどんどん安く叩かれます。
こちらであなた自身をブランド化する戦略を教えます。

努力しても

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ