講演依頼講師 酒井とし夫の講演会ブログ

講演依頼講師として講演会で圧倒的な実績の酒井とし夫の講演実績や講演会の感想を紹介したブログです。講演会講師・酒井とし夫は雑誌プレジデントやフジTVでも紹介されている人気講師です。

タグ:汗

人前で話す時に緊張して不安になる人へ!怖い顔をした人は怖くない

人前で話していて、ふと視線を上げると参加者の中に「怖い顔」でこちらをにらんでいる人です。人前で話をすることに不安を感じる人や緊張症、アガリ症の人は、この「怖い顔」をしている人を眼にしただけで心臓の鼓動が早くなります。

「何か怒っているのだろうか?」「自分の話がつまらないのだろうか?」などと余計な心配が頭をよぎります。

でも、安心してください。ほとんどの場合、「怖い顔」でこちらをにらんでいる人は単に「真剣に聞いている」だけです。

実は私自身があるセミナーに聴講生として参加をしていた時に、その時の講師の方が講演中に近くに来てこう言ったのです。
「ずいぶんと怖い顔をされていますが、どうかされましたか?」

私はその講師の方の話す内容がとても良かったので一言も聞き逃すまいと「真剣に聞いていた」のですが、おそらく壇上の講師の方からは「ずいぶん怖い顔をしてこちらをにらんでいる奴がいるなあ。」と思ったのでしょう。

私自身も講師として壇上に立つようになってから分かりましたが、怖い顔をしてこちらをにらんでいる参加者の方ほど、講演後に名刺交換に来てくださいます。そして、「とても役に立ちました。」「よいお話をありがとうございました。」と言ってくださるのです。

このような方は怒っているから「怖い顔」なのではなく、真剣なので「怖い顔」になるのです。だから、あなたが参加者の中にうなずく人を見つけようとして、「怖い顔でこちらをにらんでいる人」を見つけたら、怖がらずにこう思ってください。
「この人は真剣に聞いてくれているのだ。私の味方だ。」



このエントリーをはてなブックマークに追加

人前で話すと緊張する人はうなずく人を見る

人前で話すと緊張する人は人前で話をする時にはなるべく会場全体を見るようにします。恥ずかしさのため視線を上げないで話す人がいますが、それは緊張症やあがり症克服のためにはもったいないことです。

なぜかというと視線を上げて話すと「あなたの味方」が見つかるからです。
会場内にはあなたの味方がいます。それはあなたの話を聞きながらうなずく人です。

披露宴会場でも、会議室でも、講演会でも必ずあなたの話しにうなずく人がいます。視線を上げて話すとその人が見つかるのです。うなずく人が何人か見つかったらその人をたまに見るようにして話をすると落ち着いてきます。

うなずきは、「あなたの話を聞いていますよ」というサインであり、会場内でもハッキリと目で見えます。

うなずくというのは、肯定の意思表示です。人は肯定されると安心感を覚えます。そのため場内でうなずく人を見つけて、その人を見ながら話をすることは、話し手にリラックスした状態をもたらす効果があるのです。あなたも大勢の人の前で話をする時には、視線を上げてうなずいている人を見つけてください。

緊張やアガリは放っておいても治りません。むしろ年月が経つほどその度合いはひどくなります。緊張とアガリの改善克服には一日でも早めに取り組むことが大切です。

  
このエントリーをはてなブックマークに追加

あがり克服と震えや緊張改善には視線を外す

あがり克服と震えや緊張改善には会議、プレゼン、講演の最初の部分、序盤部分では
「お手元の資料の○ページをご覧下さい。」
「レジメの○ページを開いてください。」
といったように相手に資料を見てもらうように話の構成を考えましょう。

アガリ症や緊張タイプの人は「大勢の人の視線」を感じるから「緊張」します。そのため、私自身は会議、プレゼン、講演の前半部分で、意図的にこの「大勢の人の視線」を私から外すようにしているのです。

「お手元の資料の○ページをご覧下さい。」「レジメの○ページを開いてください。」と言いながら、私に向けられていた「大勢の人の視線」を資料に向かわせて、しばらく資料に書かれているデータや今日の話の概略、自分のプロフィールなどを説明します。「大勢の人の視線」を自分から外しながら、話を進めている間に自分の緊張感が和らいでいくのです。

披露宴などでは「お手元の資料の○ページをご覧下さい。」とは言えないので「新郎の顔をご覧頂くと分かりますが・・・」「あちらに新婦のお母様がいらっしゃいますが、私はお母様に学生の頃とてもお世話になったことがあり・・・」といったような話を入れて、聞き手の視線を自分から外すようにしても良いでしょう。

アガリ症、緊張症、震えや赤面は放っておいても治りません。むしろ時間が経てば経つほどアガりの度合いはひどくなります。アガリ症、緊張症、震えや赤面の改善と克服対策はお早目をお薦めします。 


このエントリーをはてなブックマークに追加

人前で話す本番に緊張する人は短いワンフレーズをつなぐと効果的

人前で話す本番に緊張する人は話し始めはワンフレーズを短くします。

たとえば
「只今、ご紹介頂きました酒井と申しますが、私は新潟に住んでおりまして、新郎の一樹さんとは大学時代のサークルが一緒で、卒業後も付き合いがあり、先日も仕事の帰りに一緒に新橋の駅前で待ち合わせて、それから・・・・」
といったように長々としたセンテンスは避けます。


このように長々とした話は聞き手もその内容が分かりづらいだけでなく、緊張している話し手が「あれ?どこまで話をしたっけ?」と途中で言葉に詰まる原因にもなります。
そのため、特に話し始めは下記のようにワンフレーズを短くします。

「只今、ご紹介頂きました酒井です。
私は新潟に住んでおります。
新郎の一樹さんとは大学時代のサークル仲間です。
先日も一緒に飲みました。
待ち合わせ場所は新橋の駅前でした。」
というように文章で書くと句点を一文一文につけるように話をします。

最初にこのようにワンフレーズを短く話すことを心掛けると、テンポが出てきます。テンポが出てくると聞き手も乗ってきますし、話し手もリズムが出てきて楽しい気分になり、結果としてリラックス効果があります。

研究結果によるとアガリ症や緊張症は放っておいても治りません。むしろ時間が経てば経つほどアガりの度合いはひどくなります。改善と克服は早めに取り組むことをお薦めします。
  

このエントリーをはてなブックマークに追加

人前で緊張して動悸や震えや汗が出てあがる人の克服には

あなたは野球選手がバッターボックスに入る前に毎回同じ動作をするのを見たことがありますか?
この「同じ動作」の繰り返しが集中力を生み、リラックスするためのスイッチになっているのですが、トップアスリートと呼ばれる人たちほど、本番前にこの「同じ動作」を繰り返します。
これをパフォーマンス・ルーティーンと言います。


緊張する場面でも力みすぎることなく、リラックスして、雑念も騒音を消し、集中力を高めるために本番前に「同じ動作」を繰り返すわけです。


これは「同じ動作を繰り返す」→「リラックスして集中力を高める」という自分への一種の条件付けです。私は毎回、大勢の前で話す時にはこのパフォーマンス・ルーティーンを行い、長年悩んできた人前で緊張して動悸や震えや汗が出てあがる症状を克服しました。

  


このエントリーをはてなブックマークに追加

緊張で声や手が震え赤面して汗が出て足が震える人へアドバイス

緊張で声や手が震え赤面して汗が出て足が震える人・・・それが私でした。その私が今は講演会の講師として数百人の前で話をするようになりました。これは本当の話です。

下記の記事でも緊張で声や手が震え赤面して汗が出て足が震える人へアドバイスを書いたので参考にしてください。


→ 人前で緊張しない法|アガリを克服した実話


緊張で声や手が震えるのは真面目な証拠

真面目な人ほど人前に出ると緊張で声や手が震え赤面して汗が出て足が震えます。
真面目だからこそそうなるのです。

適当な性格の人は人前で話すことにそれほど重きを置いていませんから準備も練習もしません。真面目な人は準備を完璧にしようとしますが、そのせいで至らない点に多々気づきます。

真面目な人ほどいたらない点を何度も反省するので、どんどん人ほど人前に出ると緊張で声や手が震え赤面して汗が出て足が震えるということを覚えておいていください。

真面目な人ほど「足りない点」「至らない箇所」に目が向きがちなので、人前に出て緊張で声や手が震え赤面して汗が出て足が震えたことを何度も思い出し反省します。

しかし、失敗体験を何度も思い起こすとその記憶は側頭葉に保存されて長期記憶になってしまいます。そのため次に人前に出たときもその長期記憶がよみがえるのです。えてして適当な人は失敗したことも忘れるので記憶に残りません。

緊張で手や声が震える人ほど成功した部分を反芻すべし

真面目な人が長期記憶すべきは成功した部分、できた部分です。
少しでも次のようなことがあればそれを反復して思い起こしたほうが良いです。

話す直前に天井を見上げたら落ち着いたこと、名前を呼ばれてマイクに向かう時に案外落ち着いていた自分を客観視できたこと、マイクを握る手がリラックスしていた感触、大地を感じながら足元がしっかりしていた感覚、第一声が大きくはっきりと口からでた瞬間、参加者の顔を見ることができたこと、うなずく人がいたこと、視線を動かして話が出来たこと、ウケたシーン、場内の雰囲気を和らげる笑い声、うなずく人が多かった話題を話している自分、拍手の音、みんなが真剣な表情で自分の話しに聞き入っている光景、万雷の拍手等「良く出来た部分」を何度も思い返します。

そして、自分で自分にこう言葉をかけます。
「よくやった。俺は(私は)偉い。」
これが「成功体験の積み重ね」となります。
その成功体験が側頭葉に保存されて長期記憶になり、次回人前に出たときもその長期記憶がよみがえるので自信になります。

真面目な人ほど完璧を目指すので
「70点の出来だった。なぜのろこ30点がうまくできなかったのだ。
ダメだな自分は・・・」
と至らない点を繰り返し反省します。

70点はできているのです。どうせ記憶するならそこを記憶するようにします。
たとえ20点の出来でも、プラス2割はできているということです。
そこを自分でほめてあげましょう。


緊張で手や声が震える人へのアドバイス

もし、あなたが人前に出て緊張で声や手が震え赤面して汗が出て足が震える人であればアドバイスがあります。

それは・・・
できていない部分ではなく、できている部分を意図的に見つけて、それを思い返すということです。

人前で話すことを了承した時点ですでにたいしたものです。
そのために準備をしたあなたは素晴らしい。
そして、勇気を振り絞って人前に出たというそのことだけでも賞賛ものです。

できていることを1つ1つ増やせば良いだけです。
自分は人前に出ると緊張で声や手が震え赤面して汗が出て足が震えると自覚している人は、自分は人の数倍真面目であるとても良い人だということも自覚してください。

えてして人前で緊張しない人の話は冗長で面白くなく、
緊張する人の方が身のある話をするものです。


補足 アガリ症はコントロールできる!

あなたはアガリ症を克服したいですか?実は以前の私は人前に立つと緊張から足はガクガク、指先と手はブルブルと震え、口はカラカラ、声も震え、顔は真っ赤、頭は真っ白になっていました。

でも、今は下記の写真のように大勢の前で話すことを楽しんでいます。

mimi06



「こんなに大勢の前で話すことができるなんて、
もともとそんなにアガリ症じゃなかったんじゃないの?」
・・・とよく言われます。

でも、以前の私は本当に数十人の前で話す時でさえも心臓はドキドキバクバクして、手も声も震えて、顔は引きつっていました。
(本当の話です。人前で話す直前はトイレにしゃがみこみ、もどすほどのアガリ症でした。潰瘍で胃に穴があいて手術したこともあります。)

以前の極度の上がり症だった私と、今の私の違いは何か?
それは下記の8つのことを少しずつ訓練して改良してきたからです。

(1)あがり症克服の考え方を変える
(2)あがり症克服の日常訓練をする
(3)あがり症克服の事前練習を行う
(4)場所の下見をする
(5)人前で話す当日に意識的にやることを決める
(6)人前で話す直前の話し方やパフォーマンスを変える
(7)本番でのあがり症克服のためにいくつかのことを心掛ける
(8)本番後に良い成功体験を意識して記憶にとどめる

あなたもこのうちの2つ~5つ位を行うだけであがり症を克服することができるはずです。

私はあがり症の苦しみ、辛さが人一倍分かります。そしてあがり症は「克服できない性格」ではなく、ちょっとした工夫と習慣付けで誰でも「克服できる単なるクセ」「長年の習慣」であることを実体験として理解しています。

このあがりをコントロールする8つのステップを収録した動画をこちらのセミナー動画であなたに公開します。つい最近もこの動画をご覧頂いた方から下記のメッセージを頂きました。

agari01


他にもこちらのようにアガリを克服した感想を多数頂いています。

 
あなたもあがり症を克服できます。
緊張を克服し人前であがらずに話し、そして、今こそ新しい人生を手に入れませんか?

本気で緊張症やアガリ症を克服したい方はこちらをクリックしてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ