商売繁盛心理学・ビジネス心理学講師 酒井とし夫

商売繁盛心理学ブログは集客、売上アップ、販売促進、広告、セールス、コミュニケーション等、中小個人企業経営に役立ちます。

タグ:話し方

大きい声でニコニコしていればたいていうまくいく

「大きい声を出して、いつも元気にニコニコしていれば、
たいていのことはうまくいく。」
(実業家、アサヒビール中興の祖・樋口廣太郎)

この言葉は私の好きな言葉のひとつです。
私はこの言葉は人生で好運を招く真理のひとつだと確信しています。


講演先に伺い、会場に到着し、講演会場の扉を開ける。
たいていそのときには主催者の方や関係者がすでに場内に居ます。


その時に
「(小さな声で神妙に) こんにちは・・・」
などと入ってはダメです。
・・・これはあなたの仕事でも同じだと思います。

第一印象は一生変わらないという心理学者もいるくらいですから、
初対面での第一声というのはとても重要なコミュニケーション要素です。


私は講演先に伺い、会場に到着し、講演会場の扉を開ける前に
次のことをします。

その場でつま先立ちになり、
静かにかかとを下ろして、重心位置を決めます。

それから2、3回深呼吸をして、
その場で腹に空気をためます。

そして、扉を開けて腹式呼吸から送り出される大量の空気に
響きの良い声を乗せて明瞭な声を口から発射します。

「こんにちは!!」


あなたは信じないかもしれませんが
この第一声でほぼその日の仕事の評価の
半分以上が決まります。

ちなみに講演会場に向かう時やお客様に会う前には
道すがら、あるいはタクシーの中で
簡単な発声練習を行い、のどを暖めています。


だから、よく次のように言われます。
「酒井さんの声は本当に良い声ですね。」
「お坊さんがお経を読むときのような響く声ですね。」
「心地の良い、聴いていると元気が出る声ですね。」


ちなみに採用面接官は
面接者が入室して第一声を発する時点で
採用するか不採用かの47%以上を決めているのだそうです。


【声】ってあなたが考えている以上に
影響力があるのです。


いろいろな業種の会社やお店に伺うことも多いのですが、
「もうちょっと明るい声で挨拶するだけで
お客様に良い印象を与えることができるのに。
惜しいなあ・・」
と感じる時が少なくありません。
これは私が個別コンサルティングを行う
社長や営業マンや士業の方も同じです。




声には下記の2種類があります。
気導音(きどうおん)=空気振動で伝わる声
骨導音(こつどうおん)=骨の振動で伝わる声

自分自身は気導音と骨導音で伝わった自分の声を聞きますが、
周りの人はあなたの声を気導音だけで聴いています。

だから、自分で聞く自分の声と
相手が聞いている声は違うわけです。

これを認識していないと
自分ではちゃんと明るい声で明瞭に話しているつもりでも
「えっ!何って言ったの?」
「もう一度言って!」
と言われることが多くなります。


これだと、採用面接では不採用の確率が高まります。
商売やビジネスでは第一印象のイメージダウンにつながります。


あなたの周りにも【声】の良い人がいるでしょ。
電話の声が素敵な人。
営業や接客の時にお客様に声をほめられる人。
その人の声を聴くと元気がでるような人。


その人たちはたいがい営業成績も良く、
周りの人にも好かれているはずです。


私はそのことに気づいたので一年近く
都内でボイストレーニングのレッスンを受けました。
その結果、あきらかにそれ以前と比べて
仕事先でも講演先でも相手の反応が良くなっていることを
強く実感していますので、あなたもビジネスに大いに役立つ
ボイストレーニングを学んで見ませんか?
 ↓ ↓ ↓
==============================================
▼酒井式、ボイストレーニング
 小さな声やかつぜつの悪さは生まれつきだとあきらめていませんか?
==============================================


このブログでも何度か書いていますが
メラビアンの法則でも声の影響度合いは38%もあります。


正しい、ボイストレーニングの練習の仕方を覚えれば、
早い人なら2週間で自分の声の変化に気が付くはずです。

あなたの声が変わると、周りの人の反応が変り、
仕事と人生に大きな影響を与えます。
私はそのことを実体験から知っています。



あがり症や赤面緊張による不安や震えは「性格」ではなく「長年のクセ」「長年の習慣」です。
そのため、修正できないものではなく、修正が可能です。

ただし、「長年のクセ」「長年の習慣」を完全に修正するには、やはりある程度の時間をかけた方が効果があります。

今までの「人前に出ると緊張する」というクセを、ある程度の時間をかけて「人前にでるとリラックスする」というクセに置き換えるわけです。

クセや習慣を直すにはどうすればいいでしょう。
それは条件付けです。あなたも学生の時に「パブロフの犬」の実験の話を聞いたことがあるはずです。
犬にエサを与えるときに必ずベルを鳴らすようにしたところ、ベルを鳴らすだけで犬がよだれをたらすことを発見した実験ですね。

実は私は以前この条件付けを利用して禁煙に成功した経験があります。
私は20代、30代の頃1日に40本~60本の喫煙をしていました。何度か禁煙を試みたのですがことごとく失敗しました。

いつも「やめよう!」と意思を固めるのですが、どうしても禁煙できなかったのです。
つまり長年のクセや習慣は「意志」で変えることは難しいのです。

そこで私は喫煙と痛みを条件付けすることにしたのです。
私は内臓の手術で2度入院したことがあります。その時には術後にとても痛い思いを経験しました。その痛みは強烈な痛みでした。

この強烈な痛みの経験をタバコと条件付けしようとしたのです。つまり、タバコが吸いたくなる度に、意識的に術後の痛みを思い起こす、想起する、イメージするようにしました。

タバコの欲求と痛みを関連付けたのです。私はタバコが吸いたくなる度に腹部に残った手術の傷を見るようにしました。そして、術後の痛みや院内の情景をありありと思い起こし、さらに腹部に突き刺さっていたチューブ管とその痛さ、院内での情けない気持ちを思い出すようにしました。

この条件付けを継続して行っているうちに禁煙に成功したのです。それまではどんな禁煙法を試しても禁煙に失敗していた私がみごとにタバコと縁を切ることができるようになったのです。しかも、それまでの禁煙よりも、楽に、しかも簡単にタバコをやめることができたのです。
それからもう15年ほど経ちますが1本のタバコも吸っていません。

私が講演活動をスタートすることになった時、この条件付けをあがりをコントロールするために活用しようと思ったのです・・・アガリ症や緊張症は放っておいても治りません。むしろ時間が経てば経つほどアガりの度合いはひどくなります。改善を決意するなら今です。 


話しべたの対処法

下記の2つの質問には話ベタを克服する会話上手のヒントがあります。
あなたには2つの違いが分かりますよね?

「今日は朝ごはんを食べましたか?」

「今日の朝ごはんは何を食べましたか?」


前者は「ハイ」「イイエ」で答えられる質問です。いわゆるクローズド・クエッションです。

後者は「ハイ」「イイエ」ではなく、相手が自由に答えることのできる質問。
こちらはオープン・クエスチョン。

クローズド・クエスチョンは、相手の考えや事実、立場を明確にしたい場面に有効です。例えば「これでいい?」「楽しかったの?」「参加しますか?」といった質問です。

それに対してオープン・クエスチョンは、相手から多くの情報を引き出したい場面で有効とされる質問です。例えば「どうして?」「どんな感じですか?」「あなたはどうお考えですか?」といった質問です。


話べたな人はクローズド・クエスチョンが多くなります。すこし意識して質問をオープン・クエスチョンに変えてみましょう。


話べたの

  

私は一日あれば人生は変わる、と思っています。
そして、何年あっても変わらない人は変わらない、とも思っています。



私は会社員時代に受けた1本の電話で人生の進路が大きく変わりました。

私は長期入院中に出会った1冊の本で仕事に対する考え方が大きく変わりました。

私は受信した1通のメールで本を書くことになりました。

私はたまたま置いた名刺一枚で講師を始めることになり、それから10年が経ちました。

私はたまたま間違えて予約した1箇所の会議室で勉強会を立ち上げて3年が過ぎました。


それぞれ時間にして1日にも満たない瞬間の出来事で人生が変わりました。
だから、基本的には私が開催するセミナーや指導というのは1日完結型が多いのです。


私自身が半年とか一年に及ぶセミナーや研修に参加してきた経験がありますが、その時に一緒にいた人たちを見てもほとんどの人は半年経っても一年経っても変わりません。


変わる人はそのセミナーや研修中に変わります。朝と夕方の間に決心して変わっています。


一日あれば人生は変わる。
何年あっても変わらない人は変わらない。



先月、マンツーマンでコミュニケーション指導をさせて頂いたA・T様は人は一日で変われることを実際に体験してくださいました。

(以下、A・T様から頂いた感想)
*********************************
「無意識的無能⇒意識的無能⇒意識的有能に変化していく自分をたった数時間感じながら脳がフル回転。たった一日でこうも変われるのか!と自分でも信じられないくらいでした。

無事、新しいチャレンジも成功に終わり自分に自信が持てるように!通常の商談も以前よりスムーズに進むようになり立て続けに大口案件も決まっています。

自分を客観的にみてあらゆる場面でコントロールできると会話の内容も自然と変わってくるんですね!
考え方そのものが常にポジティブに変わり、人生の中で明らかなターニングポイントになりました。」
*********************************



A・T様はとても素直な方なので指導内容をどんどん吸収して、一日の中で明らかにその姿勢、在り方、雰囲気、エネルギー、表情が変わっていきました。


私自身がアガリ症やコミュニケーション下手、自信のなさ、口下手で長年悩んでいましたが、それをNLP心理学、コーチング、パブリックスピーチ、コミュニケーションを学び、実際に仕事で実践しながら克服してきました。


本気で変わろうという意思と決意があり素直な方であれば、1日でアガリも口下手も、コミュニケーション下手も、話べたも大きく改善します。


もし、あなたがアガリ症、話ベタ、スピーチ下手、口下手で悩んでいるのであれば、私が1日マンツーマンで指導します。


講演やセミナー、勉強会のスケジュールの合間で日程を調整するため、本気で1日で仕事や人生を変えたい方だけを指導します。年内はあと3名ほど指導できる予定です。
予約と詳細は下記からお願いします。

▼話し方と表現力が変わると仕事と人生が変わる!
 http://www.middleage.jp/toshio/consul.html 


1日あれば

仕事ができない人に足りないのは話し方です

あなたは話し方が下手で損をしていませんか?人前で上手に話ができない人の印象は悪くなり、仕事でも評価が下がります。

あなたに年間講演依頼100本超えの現役人気講師が「人を魅了する【話法】の秘密」を明かします・・・詳細はこちらでお読みください。


このページのトップヘ