講演依頼講師 酒井とし夫の講演会ブログ

講演依頼講師として講演会で圧倒的な実績の酒井とし夫の講演実績や講演会の感想を紹介したブログです。講演会講師・酒井とし夫は雑誌プレジデントやフジTVでも紹介されている人気講師です。

タグ:話し方のコツ

「彼は早口で話し、強調したい箇所にくると速度を落として、声を強め、そのあとは文末まで稲妻のように話し終えた・・・強調したい言葉には、それほどでもない言葉の6倍の時間をかけたのである。」
(「話す力」D・カーネギー著)


先日、TVを見ていたら地方でダントツの売上を誇る個人商店のスーパーマーケットの特集が放送されていました。

「なんとこのスーパーマーケットの年間売り上げの6割をある商品の売上が占めています。それは・・・」

「このスーパーマーケットには日本全国から600社もの見学があるのです。その売上の秘密は・・・」

「さっそくお店に入ってみましょう・。一見すると品揃えは普通のスーパーと変わりませんね。ところが・・・」


っというように本題に入る前に期待を持たせる紹介が続いていました。

私は
「うーーーーっ、何だ?何がそんなに売れているのだ??」
と気になり、ずっとその番組を見ていました。


結局、お惣菜とおはぎが人気商品で売れているスーパーだと分かりましたが、そもそもこの番組は次のように言えば10秒で済む番組です。

「なんとこのスーパーマーケットの年間売り上げの6割を手作りのお惣菜とおはぎが占めています。それがこちらです。」


でも、これだと
「ふ~ん。そうなんだ・・・」
で終わりですよね。


でも、
「なんとこのスーパーマーケットの年間売り上げの6割を
ある商品の売上が占めています。それは・・・」
「このスーパーマーケットには日本全国から600社もの
見学があるのです。その売上の秘密は・・・」
「さっそくお店に入ってみましょう・。一見すると品揃えは普通のスーパーと変わりませんね。ところが・・・」
などという前フリや間があると視聴者は興味を持ちます。


これはプレゼンや交渉やスピーチでも同じです。
あなたが単に結論から言うとお客様は
「ふ~ん。そうなんだ・・・」
で終わるわけです。


たとえば、次のような文章があります。
『私は 花子さんが 好きです。』

では、下記の【 】部分を少し大きめの声で読んでみてください。

-----------------------------------------
『【私は】 花子さんが 好きです。』
-----------------------------------------
『私は 【花子さんが】 好きです。』
-----------------------------------------
『私は 花子さんが 【好き】です。』
-----------------------------------------

一番目の読み方だと
「他の人はどう思っているかしりませんが、【私は】花子さんが好きなのです。」
という意味になります。

二番目の読み方だと
「洋子さんや静子さんではなく私は【花子さん】が好きなのです。」
という意味になります。


三番目の読み方だと
「私は花子さんのことが嫌いじゃないです。【好き】なんです。」
という意味になります。


これは効果的なプレゼンや交渉やスピーチを行うための最も基本的な「強調」というスキルです。


では次は文章の☆印のところで2秒の時間を空けて読み上げてみてください。

-----------------------------------------
私は ☆ 花子さんが好きです。』
-----------------------------------------
『私は花子さんが ☆ 好きです。』
-----------------------------------------

どうでしょう?
時間を空ける場所によって伝えたいことが変わることが分かるでしょうか。

これも効果的なプレゼンや交渉やスピーチを行うための最も基本的な「間を取る」というスキルです。


冒頭のTV番組と同じように同じ内容を伝えるのであっても前フリや間、抑揚、強調、スピード、緩急によって相手が抱く印象は大きく変わるのです。


ほんのちょっとしたことなのですがこのような相手に興味を持たせる話し方や声の出し方、効果的なプレゼンや交渉やスピーチを行うための発声法や話法の技術というものがあります。


ところがほとんどの商売人、ビジネスマンはこのことに無頓着(むとんちゃく)です。

「なぜ、一生懸命に説明をしているのに営業成績が伸びないのだろう?」
「なぜ、ちゃんと応対しているのに接客が上手くいかないのだろう?」
「なぜ、正確に伝えているのに相手から理解してもらえないのだろう?」
と思う人は、声の出し方や話す順番、間、トーン、強調、抑揚、話の構成に問題があるのかもしれません。

  

  


私は人前で話すとき、相手と話すとき、打ち合わせをするときに声を意図的にコントロールする、間、抑揚、強調、スピード、緩急や声の大小を意識することによって相手の反応に大きな違いが生まれることを実体験で経験しています。

だから、声を大にして言いたい。
話し方やスピーチの話法、そして声の使い方をマスターするとどこに行っても、どんな仕事をしても一生の武器になります。


そして、それらはもって生まれたものではなく、練習で習得が可能です。



このエントリーをはてなブックマークに追加

話しべたの対処法

下記の2つの質問には話ベタを克服する会話上手のヒントがあります。
あなたには2つの違いが分かりますよね?

「今日は朝ごはんを食べましたか?」

「今日の朝ごはんは何を食べましたか?」


前者は「ハイ」「イイエ」で答えられる質問です。いわゆるクローズド・クエッションです。

後者は「ハイ」「イイエ」ではなく、相手が自由に答えることのできる質問。
こちらはオープン・クエスチョン。

クローズド・クエスチョンは、相手の考えや事実、立場を明確にしたい場面に有効です。例えば「これでいい?」「楽しかったの?」「参加しますか?」といった質問です。

それに対してオープン・クエスチョンは、相手から多くの情報を引き出したい場面で有効とされる質問です。例えば「どうして?」「どんな感じですか?」「あなたはどうお考えですか?」といった質問です。


話べたな人はクローズド・クエスチョンが多くなります。すこし意識して質問をオープン・クエスチョンに変えてみましょう。


話べたの

  
このエントリーをはてなブックマークに追加

私は一日あれば人生は変わる、と思っています。
そして、何年あっても変わらない人は変わらない、とも思っています。



私は会社員時代に受けた1本の電話で人生の進路が大きく変わりました。

私は長期入院中に出会った1冊の本で仕事に対する考え方が大きく変わりました。

私は受信した1通のメールで本を書くことになりました。

私はたまたま置いた名刺一枚で講師を始めることになり、それから10年が経ちました。

私はたまたま間違えて予約した1箇所の会議室で勉強会を立ち上げて3年が過ぎました。


それぞれ時間にして1日にも満たない瞬間の出来事で人生が変わりました。
だから、基本的には私が開催するセミナーや指導というのは1日完結型が多いのです。


私自身が半年とか一年に及ぶセミナーや研修に参加してきた経験がありますが、その時に一緒にいた人たちを見てもほとんどの人は半年経っても一年経っても変わりません。


変わる人はそのセミナーや研修中に変わります。朝と夕方の間に決心して変わっています。


一日あれば人生は変わる。
何年あっても変わらない人は変わらない。



先月、マンツーマンでコミュニケーション指導をさせて頂いたA・T様は人は一日で変われることを実際に体験してくださいました。

(以下、A・T様から頂いた感想)
*********************************
「無意識的無能⇒意識的無能⇒意識的有能に変化していく自分をたった数時間感じながら脳がフル回転。たった一日でこうも変われるのか!と自分でも信じられないくらいでした。

無事、新しいチャレンジも成功に終わり自分に自信が持てるように!通常の商談も以前よりスムーズに進むようになり立て続けに大口案件も決まっています。

自分を客観的にみてあらゆる場面でコントロールできると会話の内容も自然と変わってくるんですね!
考え方そのものが常にポジティブに変わり、人生の中で明らかなターニングポイントになりました。」
*********************************



A・T様はとても素直な方なので指導内容をどんどん吸収して、一日の中で明らかにその姿勢、在り方、雰囲気、エネルギー、表情が変わっていきました。


私自身がアガリ症やコミュニケーション下手、自信のなさ、口下手で長年悩んでいましたが、それをNLP心理学、コーチング、パブリックスピーチ、コミュニケーションを学び、実際に仕事で実践しながら克服してきました。


本気で変わろうという意思と決意があり素直な方であれば、1日でアガリも口下手も、コミュニケーション下手も、話べたも大きく改善します。


もし、あなたがアガリ症、話ベタ、スピーチ下手、口下手で悩んでいるのであれば、私が1日マンツーマンで指導します。


講演やセミナー、勉強会のスケジュールの合間で日程を調整するため、本気で1日で仕事や人生を変えたい方だけを指導します。年内はあと3名ほど指導できる予定です。
予約と詳細は下記からお願いします。

▼話し方と表現力が変わると仕事と人生が変わる!
 http://www.middleage.jp/toshio/consul.html 


1日あれば

このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事ができない人に足りないのは話し方です

あなたは話し方が下手で損をしていませんか?人前で上手に話ができない人の印象は悪くなり、仕事でも評価が下がります。

あなたに年間講演依頼100本超えの現役人気講師が「人を魅了する【話法】の秘密」を明かします・・・詳細はこちらでお読みください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

人前でちゃんと話ができないと馬鹿だと思われてマイナスイメージになる

私は講演の師匠に大勢の人がいる場所でよく次のように言われました。
「じゃあ、酒井くん、ここで面白い話をしてくれ!」
「今日は酒井くんに感動的なスピーチをしてもらおう!」


その時に、面白い話や感動的な話ができないと
「君はダメやなあ・・」
とけなされるわけです。

ここまで極端ではなくてもビジネスマンや商売人も人前でちゃんと話ができないと馬鹿だと思われてマイナスイメージになり、仕事と人生で損をします・・・続きはこちらでお読みください。



このエントリーをはてなブックマークに追加

要注意!話し方がヘタだと馬鹿だと思われてしまいます・・

「あなたの言っていることがよく分からない」
と20代の時にクライアントに言われたことがあります。

当時は広告代理店の営業マンだったのでショックでした。しかし、今から振り返るとそう言われても仕方がないほど話が下手でした。

ビジネスマンは話し方やスピーチがヘタだと
「この人はアタマが悪いんじゃないか?」
と思われて損をします。


私自身、伝えたいことがスムーズに相手に伝わる【話法】を学んでから仕事の受注がグン!と増えました。同じことを話していても、話の内容が伝わる人と伝わらない人がいますが、その差は話の内容ではなく、「伝え方」「話し方」なのです。

それを【話法】と言います。

話し上手になると
「あいつはデキる!」
という印象を持たれることが多くなり、その結果、仕事の成績も伸びます。話し上手になる【話法】の詳細はこちらで。

このエントリーをはてなブックマークに追加

店長やリーダは大勢の人が集まる場でスピーチをすることが増えますね。朝礼、会議、展示会、プレゼン、経営計画発表会、業界団体の集まり等々・・・。

あなたはそんな時に場を盛り上げる気の利いたスピーチができますか?

そんな時に支離滅裂なスピーチをすると
『あの人、頭悪い??』
このエントリーをはてなブックマークに追加

上司になると大勢の人が集まる場でスピーチをすることが増えますね。朝礼、会議、展示会、プレゼン、経営計画発表会、業界団体の集まり等々・・・。

あなたはそんな時に場を盛り上げる気の利いたスピーチができますか?

そんな時に支離滅裂なスピーチをすると
『あの人、頭悪い??』
このエントリーをはてなブックマークに追加

管理職は大勢の人が集まる場でスピーチをすることが増えますね。朝礼、会議、展示会、プレゼン、経営計画発表会、業界団体の集まり等々・・・。

あなたはそんな時に場を盛り上げる気の利いたスピーチができますか?

そんな時に支離滅裂なスピーチをすると
『あの人、頭悪い??』
このエントリーをはてなブックマークに追加

社長は大勢の人が集まる場でスピーチをすることが増えますね。朝礼、会議、展示会、プレゼン、経営計画発表会、業界団体の集まり等々・・・。

あなたはそんな時に場を盛り上げる気の利いたスピーチができますか?

そんな時に支離滅裂なスピーチをすると
『あの人、頭悪い??』
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ