商売繁盛心理学・ビジネス心理学講師 酒井とし夫

商売繁盛心理学ブログは集客、売上アップ、販売促進、広告、セールス、コミュニケーション等、中小個人企業経営に役立ちます。

タグ:講演会講師人気

今日は勝ちやすきに勝つ!というお話をしましょう。

先週の土曜の朝のこと。
朝、筋トレに行こうと思い車庫のシャッターを開けようとしました。
「ん!?むぐぐぅ・・・・・・んん??」

シャッターの鍵が回らない(汗)

カミサンと二人で
「むぐぐぅ・・・・・・ぎゅっ~・・・ええっ!?・・・んん??」
と鍵と格闘すること約10分。


昨夜まで回っていた鍵がびくともしません。
当然、鍵が回らないとシャッターが開かないので車も出せません。

「こりゃ、ダメだ」
と諦めてスマホで鍵の修理屋さんを探しました。しかし、地元にそれらしきお店が見つかりません。

しかたなく受付窓口だけの手配サイトのようなところに何箇所か電話をしましたが
「該当地域では登録がありません。」
との返事。

地元の工務店に電話をするも
「滑りスプレーを吹きかけてください」
と要領を得ない。

シャッターメーカーの支店に電話をしても留守電で月曜までお休みとのこと。


「え~!どうしよう??」
と思っていたら1件の鍵屋さんのサイトを発見。

なんと365日24時間営業と書いてある。
住所を見ると隣の市。


さっそく電話をすると
「じゃあ、今、現場なので片付けてからそちらに向かいます。
お昼前には着くと思います。」
とのこと。

電話を切ってから
「むむぅ・・・大丈夫か?」
と若干の不安感を抱きながら鍵屋さんを待つ。


お昼前に同じ年代と思われる男性が大きなワゴン車でやってきた。
「こんちは~!」


それから2時間後が経過・・・・。
鍵部分が見事に取りはずされてシャッターが開き、ピカピカの新しい鍵と交換してくれました。

20180317_120058


実はその修理の間中、私はその鍵屋さんとず~~~~~っと話をしていました。
正確に言うとあれこれと質問をしながらず~~~~~っと話を聞いていました。


だって、興味ありませんか?
鍵屋さんの世界って。


「なんでこの道に入ったのですか?」
「どこで技術を習得したのですか?」
「仕事ができるまで何年くらいかかりますか?」
「営業方法は?」
「営業エリアは?」
「面白い点は何ですか?」
「何が一番大変ですか?」
「開業に必要なものは?資金は?」
「どんな依頼が多いのですか?」
「今までで記憶に残る現場はどんなところ?」


その鍵屋さんはとても話好きな方で私の質問に全部答えてくれました。


ここでは固有名詞を出しては書けないけれど
「え~っ!!そんな人から依頼がくるの??(驚)」
「げげ、それって、まぢやばい現場じゃないですか!(驚)」
「うわ!そんな映画みたいなことがあるんですか(驚)」」
「へ~っ!そういう仕組みになっているんですか!(驚)」
といった面白い話のオンパレード!


そして、私が一番興味を持った話は次のこと。

・実は新潟の上越地域で実質稼動しているのはこの鍵屋さんだけ
・手配サイトに登録するような下請けはやらない


つまり、この鍵屋さんはランチェスター弱者の経営戦略である局地戦、一騎打ち戦、直接戦を地で行っているわけです。


しかも、大手は参入してきません。
だって、新潟の中でも一番市場規模の小さな地域で、面倒だし、手間がかかるし、大手企業が扱う仕事単価ではないですから。


もちろん、依頼が絶えないそうです。
長野、富山、石川辺りからも依頼がくるとのこと。


マーケットは小さいが、ニーズがあり、大手がやらない市場がある。
しかもそこには競争相手が誰も居ない。

まさに一人勝ちでありオンリーワンであり、ナンバーワンであり、勝ちやすきに勝つ・・・です。


(鍵)「また、お願いしま~っす!」
(私)「いや、または呼びたくないけれど・・・」


そう言いながら鍵屋さんは次の現場に向かいました。


目の前で弱者の経営戦略の実例に触れることができた私にとってはとても貴重な土曜となりました。




昨夜は新潟県能生商工会様で午後6時から講演会。
講演テーマは「どん底からの大逆転!好運を味方につける9つの方法」。

能生03


私は無職無収入から一年で売上1億を実現し、本を出版しアマゾンで1位になりました。アガリ症だったのに年間100本の講演依頼があります。とても好運ですよね。

この「どん底からの大逆転!好運を味方につける9つの方法」講演では私自身の経験から、そして好運について調べて分かったこと、さらには日本全国で出逢った強運の方々に伺ったお話から、仕事や人生で好運を手に入れるための方法論をお話しするものです。(モチベーションアップ、やる気向上に適した講演です。

能生04
(開演10分前!)


能生の皆さんはと~ってもお元気な方ばかりですネ!おかげで私もノリノリで講演を行うことができました。お招きを頂きました能生商工会大貫会長様、大島室長様、ご推薦を頂きました中嶋女性部長様、そして元気満タンな能生の皆様、ありがとうございました!


能生02

 →酒井とし夫講演会

先日、スポーツクラブでSさんを見て驚いた!
Sさんはもう80歳近い女性だけれど
なんとウェイトを両手に持ってランジをしていました。

 ▼超図解 筋力トレーニング ランジ方法解説


あなたの上記のサイトのランジの動きをマネして
片足10回のランジを行ってみてください。
普段、運動をしていない人は5回もできないはずです。


80歳近いSさんは両手にウィエイトを持って
涼しい顔でこのランジを行っていました。

「Sさん、すげー!」
と声を掛けると
「最近、脚の筋力が落ちてきたから鍛えないとね」
とのこと。


親父を介護するようになって
よく分かりましたが、健康の基本は脚ですね。

・脚の筋肉が落ちる→上半身の血液量が増える→血圧上昇→高血圧・脳卒中・心筋梗塞
・脚の筋肉が落ちる→つまずきやすくなる→転倒→骨折→寝たきり
・脚の筋肉が落ちる→下半身が冷える→腰痛やひざ痛→歩行困難→さらに筋量低下

さらに親父の様子を見ていると上記のことが重なり、不安が増えて気力がなえるようです。そのため今は親父の足腰を中心に筋トレを行っています。


「酒井さんは長渕のマネをして筋トレをしているのですか?」
と訊かれたことがありますが、違います。

筋トレは大学の頃から始めて
それから35年以上続けています。

「酒井さんは元気ですよねえ」
と言われますが、これも筋トレのおかげだと思っています。


「筋トレって何が面白いの?」
とも訊かれますが、私から言わせると
「なぜ、この面白さが分からないのだ??」
と不思議です。


だって、よほど面白くなければ
35年も続かないですよ。


人は1週間入院していると
驚くほど筋量が落ちます。

ビジネスマンでも商売人でも
通勤時以外はデスクワークが多くて
歩かない人も多いですね。
そのままだと結構筋量落ちますよ。


10年先の大病のことを心配するなら
1週間後の自分の体調が万全であることに
気を付けた方が良いです。

1週間、1ヶ月の積み重ねが
10年後の自分の身体になります。


ビジネスマンでも商売人でも
基本は身体ですから。



26日は宮城県登米中央商工会様、法人会様で講演会。全国を周っているので分かりますが登米の皆さんはむっちゃ元気でパワーがありました。これは普段から会と会員のコミュニケーションが良好であることとリーダーの影響が大きいです。

写真はリーダーの阿部会長。とにかく明るくて元気でフットワークが軽やか。そしてその気配りと心配りの姿勢に驚きます。常に周りの人を称える、会場全体に気を配り率先して盛り上げる。

登米中央商工会01


昨日は深夜まで会員の皆さんと盛り上がっていたにも関わらず、なんと今朝私がホテルを発とうとしたらフロントに会長のお姿がありました。わざわざ地元の名産を持ってお見送りにいらしてくださったのです。 会長は昨年仙台市内で行われた私の講演会にご参加を頂き、その後、今回の講演会講師として強力に推薦をしてくださり昨日の講演会が実現しました。

昨日の投稿でも書きましたが私はぎっくり腰の状態で会場入りしましたが、会長と話をしているうちに腰の状態も良くなり、そのまま講演を無事行い、なんと懇親会では女性部の皆さんに混じって太鼓まで叩かせて頂きました。

登米02


一人パワーの大きな人がいるとそこには自然と人が集まり、周りの人に良き大きな影響を与えるということを再認識させて頂いた一日でした。 登米市の皆様、ありがとうございました!




危機一髪!!
実はこちらで投稿した茨城県結城商工会議所様の講演会の翌朝にぎっくり腰になってしまった・・・(泣)

結城市から次の講演に向けた仙台へ移動するも歩くのがやっとの状態。
「明日の講演大丈夫か?おれ!?」
とマヂ心配。

そこから仙台駅前にあった店で指圧してもらい、そこからホテルに戻って足つぼを押しまくり、写真のバンテリン腰サポーターでぎゅうぎゅうに締めて登壇しました。


講演会では無事に良いパフォーマンスを発揮できました。
「やっぱりなにごとも気合いだな。」
っと実感。。。


バンテリンサポーター

このページのトップヘ