商売繁盛心理学・ビジネス心理学講師 酒井とし夫

商売繁盛心理学ブログは集客、売上アップ、販売促進、広告、セールス、コミュニケーション等、中小個人企業経営に役立ちます。

タグ:講演依頼

昨夜は新潟県能生商工会様で午後6時から講演会。
講演テーマは「どん底からの大逆転!好運を味方につける9つの方法」。

能生03


私は無職無収入から一年で売上1億を実現し、本を出版しアマゾンで1位になりました。アガリ症だったのに年間100本の講演依頼があります。とても好運ですよね。

この「どん底からの大逆転!好運を味方につける9つの方法」講演では私自身の経験から、そして好運について調べて分かったこと、さらには日本全国で出逢った強運の方々に伺ったお話から、仕事や人生で好運を手に入れるための方法論をお話しするものです。(モチベーションアップ、やる気向上に適した講演です。

能生04
(開演10分前!)


能生の皆さんはと~ってもお元気な方ばかりですネ!おかげで私もノリノリで講演を行うことができました。お招きを頂きました能生商工会大貫会長様、大島室長様、ご推薦を頂きました中嶋女性部長様、そして元気満タンな能生の皆様、ありがとうございました!


能生02

 →酒井とし夫講演会

11月7日、8日、そして12月5日と石川県商工会連合会様、商工会女性部連合会様、商工会様のお招きで3会場で若者・女性経営者等資質向上セミナーを担当。

石川県女性部001


一昨日7日は中能登町で第一弾の若者・女性経営者等資質向上セミナーを開催。
開演1分前の会場の様子。

石川県女性部002


女性部の皆さんは明るくて元気で華やかでいいですね。
私もノリノリで講演が出来ました。
女性部の皆さん、ありがとうございました!d(^-^)


石川県女性部003


→北海道から九州まで全国で講演中!酒井とし夫の講演会の詳細はこちら

先日、スポーツクラブでSさんを見て驚いた!
Sさんはもう80歳近い女性だけれど
なんとウェイトを両手に持ってランジをしていました。

 ▼超図解 筋力トレーニング ランジ方法解説


あなたの上記のサイトのランジの動きをマネして
片足10回のランジを行ってみてください。
普段、運動をしていない人は5回もできないはずです。


80歳近いSさんは両手にウィエイトを持って
涼しい顔でこのランジを行っていました。

「Sさん、すげー!」
と声を掛けると
「最近、脚の筋力が落ちてきたから鍛えないとね」
とのこと。


親父を介護するようになって
よく分かりましたが、健康の基本は脚ですね。

・脚の筋肉が落ちる→上半身の血液量が増える→血圧上昇→高血圧・脳卒中・心筋梗塞
・脚の筋肉が落ちる→つまずきやすくなる→転倒→骨折→寝たきり
・脚の筋肉が落ちる→下半身が冷える→腰痛やひざ痛→歩行困難→さらに筋量低下

さらに親父の様子を見ていると上記のことが重なり、不安が増えて気力がなえるようです。そのため今は親父の足腰を中心に筋トレを行っています。


「酒井さんは長渕のマネをして筋トレをしているのですか?」
と訊かれたことがありますが、違います。

筋トレは大学の頃から始めて
それから35年以上続けています。

「酒井さんは元気ですよねえ」
と言われますが、これも筋トレのおかげだと思っています。


「筋トレって何が面白いの?」
とも訊かれますが、私から言わせると
「なぜ、この面白さが分からないのだ??」
と不思議です。


だって、よほど面白くなければ
35年も続かないですよ。


人は1週間入院していると
驚くほど筋量が落ちます。

ビジネスマンでも商売人でも
通勤時以外はデスクワークが多くて
歩かない人も多いですね。
そのままだと結構筋量落ちますよ。


10年先の大病のことを心配するなら
1週間後の自分の体調が万全であることに
気を付けた方が良いです。

1週間、1ヶ月の積み重ねが
10年後の自分の身体になります。


ビジネスマンでも商売人でも
基本は身体ですから。



「強い者と 戦う時はただただひたすら自分を信じればいい
弱い者に真実を語る時は 少しだけ気をつけろ 裏目裏目に 愛が転がる」
(JAPAN 長渕剛 より)


『うぎゃ~!!!!!』
・・・愛猫さくらちゃんの叫び声が聞こえました。


あわてて声のする場所に行ってみると
なんとスノコの隙間にさくらちゃんの後ろ足が挟まって
身動きが取れずに暴れていました。


足が抜けなくなったさくらちゃんは
パニックになっています。

『うぎゃ~!!!!!(叫ぶ声)
 うにゃ~~~~!!!!!(鳴く声)
 シャーーーーっ!!!!!(威嚇する声)』


何者かに
捕獲されたと思ったのか
スノコに向かって
「シャーーーーっ!!!!!」
っと興奮して威嚇しています。


『あれ~、さくらちゃん、かわいそうに。
 今、足を抜いてあげるよ・・・』
と私が手を出した瞬間に

『うにゃ、にゃ~!!ガフー!!
 シャーーーーっ!!!!!(威嚇する声)』
とものすごい形相で怒っています。

どうやら挟まっている足を抜いてあげようという
私の気持ちが伝わらず、興奮して私を威嚇しています。


『さくらちゃん、待っててよ。今、足を抜いてあげるよ・・・』
と手を近づけるだけで、やはり
『ガフー!!がうーーっ!!
 シャーーーーっ!!!!!(威嚇する声)』
と怒っています。


どうしたものか・・・と思案するうちに
あばれていたさくらちゃんの足がスノコから
すぽっと抜けて脱出成功。


『お~、よかったねえ。さくらちゃん・・・』
と抱き上げようとしたら
『ガフー!!がうーーっ!!
 シャーーーーっ!!!!!』
とまた威嚇されました・・・・・・・ (T-T) 


どうやらさくらちゃんの頭の中に
「スノコ→足が挟まる→むっちゃ痛い→私登場→コイツは悪い奴」
というつながりが出来てしまったようです。


結局その日はまったく私に近寄ろうとしません。
私が
『さくらちゃ~ん・・・もう、大丈夫だよ~』
と近づくと、すぐに興奮して威嚇します。


その時に私の頭の中で冒頭で引用した
長渕のJAPANの歌詞が流れました。

「弱い者に真実を語る時は 少しだけ気をつけろ
裏目裏目に 愛が転がる」


そして、こんなことを思ったのです。
「相手のために良かれと思ったことであっても
タイミングや伝え方によっては逆に受け取られることってあるよなあ・・・。」



だから何だ、という話ではないのですが
普段はおとなしいさくらちゃんが私を威嚇する姿を見ながら
少しさびしい気持ちになり、
「仕事や人生でも本心が伝わらずかえって嫌われたりすることがあるね。」
としょげていた私でありました。

愛猫に人生を教えたもらったかも。。。


PS.
その夜、さくらちゃんはゴソゴソと私の布団の中にもぐりこみ
スースーと寝息をたてて寝てくれました。
・・・その時の私の嬉しさをご想像あれ(^.^)//


02




このページのトップヘ