商売繁盛心理学・ビジネス心理学講師 酒井とし夫

商売繁盛心理学ブログは集客、売上アップ、販売促進、広告、セールス、コミュニケーション等、中小個人企業経営に役立ちます。

タグ:講演依頼

周りに誰かいたら次の質問をしてみましょう。
「好きな動物は?」
あるいは
「好きな食べ物は?」

するとたいていの場合、相手は「猫」とか「パン」とか答えます。
その時の目の動きを見てほしい。

もし、「猫」とか「パン」とか言いながら目線が右方向に動いたとしたら、その人の好きという感情はその人の視線の右側の空間に配置されていると考えることができます。

このように人の感情や考えとそれに結びつく場所や空間をアセンブリと言います。
(参照「誰とでも心を通わせることができる7つの法則」ワニブックス)


「じゃあ、嫌いな動物は?」
「大嫌いな男性のタイプは?」
と聞いたときに、もしも相手の目線が左下を見ているようであれば、その視線の先にある空間はその人の嫌いなものを結びついている可能性があります。


それが分かればあなたは話をする時には相手の右側にポジションを取って話をすればいいわけです。


仕事の場でも普段からお客様と雑談の中でその人が好きな趣味の話をする時にはどちらに視線が動くかを観察していればいいわけです。

また、嫌いなことや苦手なことを話す時の視線の方向をチェックしておきます。

もし、大好きなゴルフの話をする時は正面を見ていて、嫌いな話をする時には視線が左側に動くことが多ければ、あなたは打ち合わせの時には間違っても左側の方向に座ってはいけないし、新商品は正面に置いて説明をすべきだということです。


私は雑談をしながら相手の視線を観察して、相手の好悪の位置を確認して打ち合わせを行っています。

すべての人の好悪の位置がはっきりと分かるわけではありませんが感覚的に言うと半分くらいの人は視線の動きから好悪の位置が分かります。


講演会前の打ち合わせなどではけっこう使っているテックニックです。



新聞を読んでいたら次の文字が目に飛び込んできました。
 ↓
「見るだけで目がよくニャる猫の写真」


不思議ですね。
なぜかこの文字が目に入りました。


なぜでしょう?
それは私が下記に当てはまっているから。

(1)最近、文字がみづらい(老眼!?泣)
(2)猫が好き


「見るだけで目がよくニャる猫の写真」という文字が30数ページある新聞紙面の中で私の興味と関心をぐぐっと引き付けたわけです。


他の言い方をすると、大勢の人ごみの中で
「酒井さん!」
と声を掛けられて、私の目がそちらに向いた状態です。


あなたも人が大勢いるパーティ会場やガヤガヤと人が大勢集まる中で自分の名前を呼ばれたり、自分の興味のある話題がでている会話にふと注意と意識が向いた経験があるはずです。


心理学で言うところのカクテルパーティ効果ですね。


人ごみであっても人は自分の名前や、自分に関係のある話題、興味のあることは聞き取ることができます。


反対に自分に関係のないことや興味のないことは近くで話していても耳には入ってきませんし、注意も向きません。


・・・ということは広告も同じだということ。


「年度末特別キャンペーン実施中!」
「最新モデル新登場!」
「ギフトセットがお買い得です!」


こんなコピーだとあなたの目には飛び込まないですよね。
これではカクテルパーティ効果が機能しないのです。


でも、

「最近小さな文字がみづらくなった50代のあなたへ。
 初めての遠近両用メガネトライアルキャンペーン実施中!」


「ネコちゃんがのどをゴロゴロ鳴らして喜ぶ
 最新おもちゃ人気ランキングを大公開するニャー」


「筋トレ大好き!自宅でジム並みのパンプアップ効果。
 プロが大絶賛した本当に効く筋トレ器具はコレだ!」


なーーんて書いてあると思わず見ますよね。
(私は特に・・・)


人は自分に関係のあること、そして興味のあることに反応し、それ以外には注意が向かない生き物なのです。

1月30日は新潟の北十会(北蒲地区10商工会青年部協議会)様のお招きで講演会。大雪で電車の運休リスクが高いと判断し、特急での移動を変更して北陸新幹線で群馬高崎駅まで出て、そこから上越新幹線で大きく迂回移動して新潟駅に移動し、そこから白新線で佐々木駅へ。

聖籠町02


今回の講演テーマは「どん底からの大逆転!好運を味方につける9つの方法」。
さあ、開演1分前。今日も張り切っていくぜ~!

聖籠町03


お声がけを頂きました聖籠町商工会青年部・関川部長、古川主事はじめ北十会の皆様に感謝申し上げます。やっぱり青年部さんとはノリが合うので講演会がむっちゃ盛り上がります。北十会の皆さん、ありがとうございました!

聖籠町04





このページのトップヘ