講演依頼講師 酒井とし夫の講演会ブログ

講演依頼講師として講演会で圧倒的な実績の酒井とし夫の講演実績や講演会の感想を紹介したブログです。講演会講師・酒井とし夫は雑誌プレジデントやフジTVでも紹介されている人気講師です。

タグ:講演派遣

今日からJMAM(日本能率協会マネジメントセンター)サイトで「心理マーケティング100の法則」が立ち読みできるようになりました。「中身を見る」で65ページ分を立ち読みすることができます。

jmam立ち読みサイト


▼JMAM立ち読みページ



このエントリーをはてなブックマークに追加




 


このエントリーをはてなブックマークに追加




 

このエントリーをはてなブックマークに追加

先週、講演に伺った会場でだいし経営コンサルティング株式会社のM主任からこう言われました。
「私は酒井さんと同じ大学卒なんです!」


昨年、講演で伺った株式会社ファンケルのI会長からこう言われました。
「私は酒井さんと同じ新潟の○○地域に住んでいたことがあります。」


先月、講演で伺ったパナソニックコンシューマーマーケティング株式会社のN社長からこう言われました。
「私は酒井さんの近くの※※が出身なのです。」


やっぱり、デキる人というのは類似点がありますよね。


それは初対面の相手との【類似点】をスグに見つける、ということ。


人は自分と共通項がある相手に好意を抱きやすいという心理があります。
あなたにも次のような経験があるはずです。

・出身地が同じだったので相手に親しみを感じた。
・好きなアーチストが同じだったので相手と話が合った。
・同じ種類のペットを飼っていたので相手と話がはずんだ。
・応援しているチームが同じだったので相手とウマが合った。
・家が近所だと分かったので相手に好印象を抱いた。
・自分と名前や苗字が同じ芸能人に何となく親しみを感じる。


人は自分と関連がある相手、類似性のある相手、共通項のある相手に好意を抱きやすいのです。


社会心理学者R・B・チャルディーニは著書「影響力の武器 実践編」(誠信書房)の中で次のようなことを述べています。

「顧客からよい反応を得るには、名前、信条、出身地、出身校など何であれ顧客と類似点のある販売担当者が売り込みをした方が効果的だ。」


そして、類似点なんて見つけようと思えばいくらでも見つかりますよね。


名刺の表、裏には情報が詰まっています。
会社案内、カタログにもたくさんの情報が書かれています。
また、今なら予めSNSで相手のことを調べることもできます。


第一印象は一生変わらない・・・
そう主張する心理学者もいます。


ぜひ、あなたも相手と最初に出会った3分の間で
「私はあなたと○○が同じです!」
という類似点を探して、それを伝えてみてください。


その後の打ち合わせ、交渉、接客、セールスがぐっ!とスムーズになりますから。






このエントリーをはてなブックマークに追加


 




このエントリーをはてなブックマークに追加

わぉ♪
なんとアマゾン書店さんから新刊本「心理マーケティング100の法則」在庫予約1000部入ったと出版社さんから連絡有り!
ウレシイね!!

 amazon1000




引き続き下記キャンペーンと予約受付中です


 
このエントリーをはてなブックマークに追加






このエントリーをはてなブックマークに追加

前回、告知した下記の新刊本キャンペーンですが、発売前の予約の段階でアマゾン書店の「マーケティング・セールス全般関連書籍」のランキングで4位にまで上昇してきました。


心理マーケティング100の法則
酒井 とし夫
日本能率協会マネジメントセンター
2018-03-28


▼『心理マーケティング100の法則』
アマゾン書店受付キャンペーン詳細サイト
  

FBでもたくさんの方に記事のシェアを頂き本当にありがとうございます。

そして!茨城県中小企業家同友会の今瀬支部長のご配慮で来月4月に出版記念セミナーを開催することが急遽決定しました。

もちろん、『心理マーケティング100の法則』をご予約、お買い求め頂いた方はこの出版セミナーはご招待となりますので、ぜひ、あなたもお友達をお誘いあわせのうえ、ご来場ください。

  



知識と経験知識はまったく別物です。
知識は本で読んだり、人から聞いたり、TV新聞雑誌から得たもの。


でも本を読んで水泳の知識を得ても、TVでゴルフのレッスン番組を見ても実際には水泳もゴルフも上手くはなりません。知っているのと、やってみて分かることは別物です。


  


以前から本を出版したときにはアマゾンキャンペーンをやった方が良いという「知識」はありました。


でも、前作の「どん底からの大逆転!」の出版した時にキャンペーン開始わずか1時間で在庫切れ表示となりました。




「ん??発売1時間で在庫切れ?? おかしいぞ?」
と私は思ったので本の担当プロデューサーに問い合わせたのです。


その時に担当プロデューサーが
「予約販売時点で本の申し込みが少ない場合はアマゾンで在庫をあまり持ってくれないのではないか」
と言ったのです。


その時の経験があったので今回はアマゾン書店での予約受付開始時点からSNSでも新刊本に関する情報の発信を行っています。


これは経験から得た知識です。本で読んだり、人から聞いたり、TV新聞雑誌から得たものとは別物になります。


アガリ症克服の本を読んでも、人前に出るとアガります。
それは単に知識であって、経験知識ではないからです。
経験知識を通してこと、初めて本当に「デキる」ようになります。


出版セミナーに参加しても本を書けるようにはなりません。
それは単に知識であって、経験知識ではないからです。
実際に原稿を書いて、出版社に連絡を取ってみないと本当の意味での経験知識は手に入りません。


同様に起業セミナーに通っても独立して成功するわけではありません。


最近は「知識」だけはやたらにある人が多い。
本当に大切なのは「経験知識」。


本を読んで水泳の知識を得たら次はプールに入ることです。
TVでゴルフのレッスン番組を見たら次は打ちっぱなしに行くことです。
スキーのDVDを見たら次はゲレンデに出ることです。


知っている、理解している、分かっているとやってみて分かることの差はかなり大きい。


私がメルマガやブログに書いていること、
YouTubeで話していることを
「いつも読んでいます。」
「いつも見ています。」
「いつも聞いています。」
と言う人にはよく出会います。


でも、本当に大事なのは
「やっています。」
ということ。


今回のアマゾン受付キャンペーンでは特典として10万文字の商業出版書籍になる前の私の行動の結果である14万文字の本になる前の生原稿も公開しています。



 本なんて
 書いて
 送ればいい
 だけのこと。


そんなことは誰でも「知って」います。
でもほとんどの人は「知っている」だけで「やらない」。


「いつか本を出したい!」
と言う人にはよく出会います。


でも、
「14万文字書いて、出版社に送りました。」
という人には出会ったことがない。
だからそれが実現しない。


行動という経験を通して
手に入れたものが一番強い、のです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

同じような商品、サービスを販売していても1位とそれ以下の企業では従業員一人当たりの粗利が1/3から1/6になる・・・と竹田陽一先生に教えて頂きました。


これってタイヘン!なことですよね。だって同じようなものを同じような努力で販売しても1位じゃないと利益の額がぜんぜん少ないんですよ。


だから、特定の地域、客層、商品、営業、顧客維持で他社よりも優位になって1位にならないとイカン!ということ。


客観的に考えると
「正直に言ってウチには1位になれるほど規模も実績も能力も無い」
という会社やお店がほとんどだと思います。


じゃあ、どうするか?
どうするかって、勝つしかないです。
1位になるしかないです。


どうやって?
勝てる土俵を探すのが一番近道です。


マーケティング的に言えば市場を細分化して、ニッチを狙え!ということ。


ニッチで勝つには具体的にどうするか?
それはこのブログでも何度も書いてきましたが次の公式を活かすことです。

攻撃力=武器性能×兵力数


その市場で相手より武器性能か兵力数を高めればよいわけです。

じゃあ、商売、ビジネスでの武器性能とは何か?
それは差別化です。
差別化とは単に相手と違うことをするということではありません。
単に違うだけだと、それは“変わり者”です。


大切なのは差別化によって相手より局所で優位に立つということ。
コーヒー飲料が乱立する中で「朝専用」と差別化したから、「局所」で「優位」に立ったわけです。


さらに兵力数を高めればいい。
でも、相手の従業員数が100人で自社が1人である場合にはどうするか?


簡単です。
相手の従業員が力を入れていない客、地域、商品で戦えばいいわけです。
力を入れていないから一年に一回しか営業訪問をしないところに、自社の1人は毎月営業訪問すればいいだけです。

相手:自社=年間訪問回数1回:年間訪問回数12回


これで局所における兵力数は優位に立てるのです。


商売とビジネスではたんに頑張る、たんに努力する、たんに気合を入れるだけではダメ。

だって、こんなことを知っている経営者なんていっぱいいるんだから。


前々回の記事で【知行失気試知偶】について書きましたが、こういったことが「知」に相当します。


つまり商売やビジネスではどう戦えばいいかを知識として知るということ。
それを知ったら自社に応用して「行動」する、これが知行合一。

商売とビジネスを学ぶべし、知るべし、行うべし。


━━━━━━━━━━━━
☆酒井とし夫のひと言
━━━━━━━━━━━━
「昨夜は新潟県聖籠町商工会青年部様のお招きで講演会。


正直にいうと講演活動を始めた当初は新潟県内からの講演依頼はそれほど多くはありませんでした。むしろ近県の富山、石川、長野といったエリアの皆様からのお声がけの方が多かったのです。


自分で言うのもなんですが県内でも仕事が増えてきたのはブランディング効果が出てきたのだと思います。

 ▼頑張っても努力してもそれだけでは儲からない!心理学的ブランディング戦略


以前、ローマ法王にお米を食べさせた男として有名な高野誠鮮先生からロンギング戦略について教えて頂きました。

ロンギングとは憧れですね。高野先生は
『誰が食べていたらブランド米になるのかを考えた。』
と教えてくださいました。


だから、私も
『どうすれば声が掛かる講師になれるか』
を考えて行動してきました。


そのためにできることを1つずつ実現してきてご依頼を頂く件数が増えてきているのだと思います。


私は商品やサービスの差別化が難しい小企業や個人事業主は自分を売るプロデューサー的な能力が必要だと思っています。


『どうすれば、何をすれば、どう見せれば
 それを売ってください!』
と言ってもらえるのかを考えることが大事です。


さあ、来週も大阪、富山、新潟、東京と周ります!」



このエントリーをはてなブックマークに追加

講演依頼派遣の講師の注意点|ビジネス心理学講師・酒井とし夫

 
「酒井さん、講演依頼派遣を受けました。ドキドキです。どんな点に注意したら良いでしょうか?」とアドバイスを求められました。

私は話法時間厳守等について助言をしましたが、もう一つ大切なことをアドバイスしました。
それは・・・


講演依頼派遣を受けたら講師は一歩前へ

講演を始めたばかりの初心者の講師を見ていると、参加者の視線に圧倒されるのか、立ち位置が後ろの方へ下がりがちになる人をよく見かけます。
 
一対多の会場では場の雰囲気をあなたがコントロールすることが大切です。あなたの立ち位置が後ろになると迫力とエネルギーが減少してしま、それが会場の空気感を弱くしてしまいます。

人前で話すことに慣れない時期には勇気のいることですが、できるだけ一歩前へ出て話すように意識します。

時には演台を離れ、参加者の座っている最前列の机のすぐ近くまで進み出ても大丈夫です。それくらい前に出たほうがあなたの熱意が伝わり、参加者との一体感が出てきます。
 
さらに場内を自由に動いても良い場合には、ワイヤレスマイクを持って意識的に参加者の間に入ることも良いでしょう。
 
意識をして一歩前に出るようにしましょう。

今日は講演依頼派遣を受けたら講師は一歩前へ、というお話でした。


顧客の行動心理を考えたブログ、フェイスブック、YouTubeの効果的な使い方
更新の励みになるので、下記バナーを1日1回クリックして応援をお願いします。
livebnr
 






 




 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ