講演依頼講師 酒井とし夫の講演会ブログ

講演依頼講師として講演会で圧倒的な実績の酒井とし夫の講演実績や講演会の感想を紹介したブログです。講演会講師・酒井とし夫は雑誌プレジデントやフジTVでも紹介されている人気講師です。

タグ:集客

先週、講演に伺った会場でだいし経営コンサルティング株式会社のM主任からこう言われました。
「私は酒井さんと同じ大学卒なんです!」


昨年、講演で伺った株式会社ファンケルのI会長からこう言われました。
「私は酒井さんと同じ新潟の○○地域に住んでいたことがあります。」


先月、講演で伺ったパナソニックコンシューマーマーケティング株式会社のN社長からこう言われました。
「私は酒井さんの近くの※※が出身なのです。」


やっぱり、デキる人というのは類似点がありますよね。


それは初対面の相手との【類似点】をスグに見つける、ということ。


人は自分と共通項がある相手に好意を抱きやすいという心理があります。
あなたにも次のような経験があるはずです。

・出身地が同じだったので相手に親しみを感じた。
・好きなアーチストが同じだったので相手と話が合った。
・同じ種類のペットを飼っていたので相手と話がはずんだ。
・応援しているチームが同じだったので相手とウマが合った。
・家が近所だと分かったので相手に好印象を抱いた。
・自分と名前や苗字が同じ芸能人に何となく親しみを感じる。


人は自分と関連がある相手、類似性のある相手、共通項のある相手に好意を抱きやすいのです。


社会心理学者R・B・チャルディーニは著書「影響力の武器 実践編」(誠信書房)の中で次のようなことを述べています。

「顧客からよい反応を得るには、名前、信条、出身地、出身校など何であれ顧客と類似点のある販売担当者が売り込みをした方が効果的だ。」


そして、類似点なんて見つけようと思えばいくらでも見つかりますよね。


名刺の表、裏には情報が詰まっています。
会社案内、カタログにもたくさんの情報が書かれています。
また、今なら予めSNSで相手のことを調べることもできます。


第一印象は一生変わらない・・・
そう主張する心理学者もいます。


ぜひ、あなたも相手と最初に出会った3分の間で
「私はあなたと○○が同じです!」
という類似点を探して、それを伝えてみてください。


その後の打ち合わせ、交渉、接客、セールスがぐっ!とスムーズになりますから。






このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんに告知協力や応援シェアを頂いたおかけでアマゾン書店での予約受付でマーケティング・セールス全般の新着ランキングで2位に上がってきました。ありがとうございまっす

新着ランキング2位


引き続きご予約頂いた方に「ビジネス動画2本+生原稿14万文字」をプレゼント中です。詳細は下記サイトでご確認くださいませ。皆さんに感謝!!っです
→ http://www.middleage.jp/m100/


心理マーケティング100の法則
酒井 とし夫
日本能率協会マネジメントセンター
2018-03-28

このエントリーをはてなブックマークに追加

「人間というものはこういう働きかけをしてやると、こういうふうに行動する、という。権力者として上に行こうとする人にとっては、こうした知こそが一番役に立つものだったということも事実だと思います。」
(「カリスマリーダーの作り方がわかった!」茂木健一郎・Caigo著 より)


心理学を学んできて良かったと思います。
なぜなら商売をするかぎり相手にするのは「人」だからです。


お客様も取引先もスタッフも、みんな「人」です。

だから人間というものはこういう働きかけをしてやると、こういうふうに行動する、という知識は本当に商売で役立つと感じる機会が多いです。


私は初対面の人とでも一対一で会話を行い、すぐに仲良くなれます。
初めて会うお客様ともすぐに良好な関係を作ることができます。
だから打ち合わせはスムーズに進みます。
これは私に心理学の知識がありそれを実際にコミュニケーションの場で使っているからです。


私は講演家ですが営業活動をしたことがありません。
営業をしなくても講演の依頼が日本全国から来ます。
これも私に心理学の知識がありそれを実際にSNSでの情報発信や販促活動で使っているからです。


自慢するわけではありませんが私は仕事のリピート依頼がとても多い。
講演活動で言えば同じ主催者様に最多で12回のご依頼を頂いています。
これも私に心理学の知識がありそれを実際に既存のお客様活動で使っているからです。


このように書くと
「酒井は心理学を使って人の心を操縦している。それにまんまとハマっているのだ。」
という人がいますが、それは違います。


私はプロとして
スムーズに
きれいに、
最高の状態で、
最高の仕事を、
永遠に続けたいだけです。


そのために心理学を通して「人」の心を理解しているのでやるべきことと、やらないほうがいいことが分かっているのでそれを実際に行動に移しているだけ。


「酒井さんは心理学を専攻していたのですか?心理学者になりたかったのですか?」
とも訊かれますが、それも違います。


大学では心理学は専攻していませんし、心理学者になりたいと思ったことは一度もありません。


でも、世界中で優秀な頭脳の持ち主が多くの予算と時間をかけて
「人間というものはこういう働きかけをしてやると、こういうふうに行動する」
ということを調べて、知識としてまとめてくれています。


それならば私は「人」を相手に商売をしているのだからその知識を吸収して、実践で使えばいいのではないかと考えて、実際に日々の仕事の中で使ってきたが、その結果、私にとっては大いに効果が出ているのだから、そのまま使えばいいじゃないか、というスタンスです。


その知識と、実際の私の経験から最も簡単で、最も効果の高い心理学の知識を商売に応用できるように解説したものが下記のセミナー動画です。

*****************************************
▼【新版】 商売は経済学より心理学 
  商売繁盛ビジネス心理学
http://www.middleage.jp/sinri/ 
*****************************************


私は人の心を操縦したいわけではありません。
ノーベル賞レベルの頭が抜群に切れる人たちが自分の生涯をかけて研修してきた人の心についての知識がそこにあるのだから、「人」を相手に商売をしているのであればそれをありがたく吸収させていただき、日々の営業、広告、販促、コミュニケーションで応用すればいいじゃん、ということです。


目の前に
「人間というものはこういう働きかけをしてやると、こういうふうに行動する」
という知が提供されているのに、なぜそれを使わないのだ?
もったいないよ・・・ということでもあります。


技術というのはどんどん進歩して、変わります。
だから常に追い続けると疲れる。

でもね、人の心は変わらない。
・・・だから一度習得すれば一生使えるわけです。

私は人の心を理解することは一生使える商売の宝物を手に入れることだと思っています。


このエントリーをはてなブックマークに追加

今月の勉強会ダイバーシティ・クラブの会員セミナーを担当してくれたよっちゃん。

(うちの勉強会では特別ゲスト講師だけでなく会員自身も講師となってセミナーを行ないます。)


よっちゃんは東北のとあるナショナルチェーンのオーナー。そのよっちゃんが「リアル店舗を始める人の儲け方」というテーマでセミナーを行ってくれました。


セミナーでは実際に店舗を構えてビジネスを行うために大切な考え方、戦略、コミュニケーション、マーケティング、スタッフモチベーション、地域との関わりについてまで幅広い内容を、実例をもとに分かりやすくお話をしてくれました。


よい映画やお芝居には記憶に残る「言葉」があります。


これはセミナーや講演、スピーチでも同じです。
今回のよっちゃんのセミナーでも記憶に残る「言葉」がありました。


それは次の言葉。
【繁盛踊り】。


これは接客をする際の心得。
たとえ店内にお客様がいない時でも、品出しをしたり、掃除をしたりして、陳列を変えたりとつねに動きまわり、、お客様が来店されても緊張感を感じさせずに親近感を持たせるための配慮の行動なのだそうです。


あなたもお店に入ろうと思ったときに店内に誰もおらずしかも店員さんが一人でこちらを見て立っていたら入店しづらいですよね。


常に店内を軽く動きながらかつお客様の様子を観察する、これを接客販売では動待機とも言いますがあの世界的なチェーンとなったカジュアルファッションのお店では必ずスタッフさんは繁盛踊り=動待機をしていますネ。


この【動いている感】が商売では大事。


それによって実際にお店も繁盛する。
だから【繁盛踊り】。


人は動きのあるところに目を引かれ、興味を持ち、集まってくるのです。


そして、これはSNSを使ってビジネスを行おうとしている個人でも活用できます。


実際に忙しいかどうかではなく【繁盛踊り】をするそのことこそが大事。


SNS上でも繁盛踊りをすることによって
「この人は仕事が忙しいのだな=売れているのだな」
というイメージが生まれ、実際にお客様が入店=オファーしてくれます。


このあたりのSNSの上手な使い方の詳細は下記のセミナー動画でも解説をしています。

 ▼ブログが売上げにつながらない?そりゃそうだ。だって・・・



SNS上でも繁盛踊りをすることによって実際に仕事が繁盛します。


これは私自身の経験からも断言できます。


繁盛しているから、繁盛踊りをするのではないのです。
繁盛踊りをするから、繁盛するのです。


このあたりのニュアンスが分かるとSNSを上手に使って売上を上げることができます。



このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の親を介護するようになって分かったことが
たーーくさんある。

そのうちのひとつが実家の片付けの問題。


ウチの親の世代はモノを捨てられない。
なんでも大切に取っておく。
だから、実家に行くといろんなものがある。


親が肉体的に家を片付けることが
困難になると誰かがそれを整理しなくてはいけない。


私の家族の例で言えば当然、長男で一人っ子で
ある私の役目になる。

・・・これがかなりたいへんなんだよぉ! (;^_^A 


実は数か月かけて家の中と庭を片づけて
不要なモノを業者さんに処理してもらったんだけど、
なんと6tもあった。


親父とお袋で二人だけで住んでいた
小さな小さな家ですぜ・・。


私は親の実家と近い所に住んでいるからまだいいけれど
これで子供たちと親の家が離れていたら、
さぞ大変であることは想像に難くない。


親父がGWに救急車で運ばれて入退院を繰り返し、
あっという間に足腰が弱り、
車の免許も返納し、認知も出てきた。
わずか数ヶ月のことである。


夏になると実家の庭の雑草はジャングル化し、
桜の枝が電線をさえぎり、ねずみが走り回り、
台風が過ぎると木々の葉や枝が隣家まで飛んで散乱する。


ある面、生真面目な私は
「近所の人の迷惑になってしまう」
と一念発起し、実家の片づけをスタートした。

・・・これがかなりたいへんなんだよぉ! (;^_^A 


家の中でほこりにまみれ、汗だくで庭の木を伐採しながら
「大変なことになる前に手を打つ」
ことの大切さが改めて身にしみた。


実は商売の相談もほぼ同じである。

「実はいまこんな状態なんです・・・」
と相談を受けたときにはもう手遅れなことが多い。


今までに何度もアドバイスをした人でさえ
窮地に陥るまでそのアドバイスを真剣に聞いていないことも
少なからずある。


自分も含めて
人には次の特徴がある。

 ・うまく行っている時にはそれが永遠に続くと思う
 ・窮地に陥らないと真剣にならない


10年間、私はなんどもメルマガやブログで経営戦略や
マーケティングの話を書いた。

自分で作った格安(マジそう思っている)の下記の
DVDやセミナー動画を何度も紹介している。


 ▼商売がうまくいかない?そんなの当たり前だろ

 ▼あなた自身をブランディングしなければどんどん安く叩かれます

 ▼セールス下手なのに仕事がポンポン入る理由とは?

 ▼ブログやFBやYouTubeが売上げにつながらない?そりゃそうだ。

 ▼正しい声の出し方を知らないと仕事と人生で4割のチャンスを逃します




セミナーも毎月開催している。
講演も全国で行っている。

でも、人は
「大変なことになる前に手を打つ」
ことが苦手だ。


だから、決断や実行を先延ばしにする。
本当はやれるのは【今】しかないんだ。


親父がGWに救急車で運ばれて入退院を繰り返し、
あっという間に足腰が弱り、
車の免許も返納し、認知も出てきて、
昼に食べた食事も分からなくなり、
20m歩いていは息を切らせて動けなくなったのは
ほんの数ヶ月の間のことである。


中小個人の商売も
ほんとうに数ヶ月あれば
あっという間につぶれる。


それは私自身が何度も何度も経験してきた。
人は窮地に陥らないと真剣にならない。

でも、本当は学んで準備するのは【今】しかない。
行動を始めるのは【今】

このエントリーをはてなブックマークに追加

「社会の役にたちたい!」
・・カッコいいこと言ってんじゃねー!
っと思っていました。


そんな抽象的なことよりも、具体的にどうしたら明日から売り上げが上がるのかを考えろ!と思っていました。

しかし、NLPを勉強して人の意識のレベルには次の6つの階層があるということが分かった。

1.スピリチュアル
2.自己認識
3.信念・価値観
4.能力
5.行動
6.環境


下に行くほど具体的なレベルの段階になる。上に行くほど抽象的なレベルになる。たとえば「売り上げが上がらずに困る」という問題は6番目の環境レベルで発生している。

問題が発生している同じレベルでその問題を解決しようとしても上手くいかない、その問題は上のレベルを変えることによりスムーズに変わる、と教えてもらった。


つまり経営能力(4番目のレベル)を変えることにより、その人の仕事の仕方(行動)が変わり、その結果として売り上げ(環境)が変わるという順番。

さらに言うともっと上のレベルで
「己は何のために仕事をしているのか」
をはっきりと理解して、それを受け入れているというのはそれ以下のレベルに大きな影響を与えるということ。

上位の抽象概念が変わればそれ以下の具体的な階層は影響を受ける。

だから、
「社会の役にたちたい!」
と心から言っている人はかなり強い・・・。

IMGP6927



=>酒井とし夫講演会詳細はこちら


▼商売がうまくいかない?そんなの当たり前だろ

頑張っても努力しても儲からない!!

あいつはバカだ!?と思われると人生で損をします

私はこの2週間で給与の2ヶ月分を言葉と文章で稼ぎました

アガリ症は自然には治らない!時間が経つほどひどくなります

セールス下手なのに仕事がポンポン入る理由とは?

風水で仕事運をアップさせる方法

小さな声やかつぜつの悪さは生まれつきだとあきらめていませんか?





このエントリーをはてなブックマークに追加

20代の時に今の知識があったらどんなに楽だっただろう・・
と思うことがある。

気が付くと独立してもう30年近く経つ。

独立したばかりの頃は
「何かやらなくちゃ!」
と思っていたけど、はたして何をすれば良いのか分からなかった。

「何かを学ばなくては!」
と思っていたけど、何を学べば良いのか全く分からなかった。

ただ、気持ちだけがあった。
「よし、やろう!」

今、振り返ると、たぶんそれが一番大事なんだと思う。
だからたくさんのことを30年で学んだ。
やる気さえがあれば経営や商売に必要なことは学ぶはずだ。

IMGP8402

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、ビールを飲みながらEテレで
「経済学で考える 人生は運か努力か?」
という番組を見ていました。


あなたは人生は運だと思いますか?
それとも実力だと思いますか?


その番組で次のような話が出ていました。


●競争相手の多いところには実力のある人がたくさんいる。
実力が伯仲(はくちゅう)しているので
そこで勝つには運が必要。


●競争相手の少ないところで勝つには実力。


たとえばスポーツ競技で考えると分かりやすいかもしれません。競争相手の多い種目、たとえばマラソン競技等では実力のある選手がたくさんいます。


その中で勝つには天候や気温、体調、走路の環境、選手の体調や競合の仕上がり具合といった「本人の実力以外」の要素が勝敗に大きな影響を与えます。だから、運も必要になる。


しかし、競争相手の少ないマイナーな競技であればその試合では最も実力のある人が勝つことが多くなります。


だから、そのTVで放送されていた「競争相手の多いところで勝つには運が必要」であり、「競争相手の少ないところで勝つには実力」というのはとても納得のいく話でした。

(参照:Eテレ オイコノミア)



その話を聞いたときにピン!ひらめいたことがあります。
それは次のこと。
  ↓ ↓ ↓
 『弱者は小さな市場を狙え、というのはそういうことか!』


つまり・・・
経営資源の少ない小企業や個人が大きな市場=競争相手の多い場所、に参入すると実力も劣るうえに、運も必要になってくる。したがって勝てる確率はかなり小さい。


しかし、小さな市場=競争相手の少ない場所、に参入すれば実力を高めれば小企業や個人でも勝てるということ。


じゃあ、小企業や個人が実力を高めるためにはどうすれば良いか?

「経営戦略を学ぶ」こともその一つでしょう。
 ↓ ↓ ↓
 http://www.middleage.jp/lan/ 

「あなた自身をブランド化」することもその一つでしょう。
 http://www.middleage.jp/brand/ 

「SNSを効果的に使う」こともその一つでしょう。
 http://www.middleage.jp/sns/ 


小さな市場であれば実力を高めさえすれば勝てるのですから実力を高めるための具体的行動を取ればいいだけのことです。


反対に最悪なのは経営資源の少ない小企業や個人が己の実力を高めることもなく、
「ある日、何かいいことが起こって、儲かったらいいよなあ。」
などと運頼みをするということです。


小さな会社や個人で商売を行っている人は運の前に己の実力を高めましょう。


天命は人事を尽くして、待つものです。


実力か


このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンスを儲けに変換するために必要なコト

商売をしている人からの相談に乗っていると次のように感じることが多々あります。

ノープランの人が多い・・・。
チャンスについて考えていない人が多い・・・。
自分の強みを理解していない人が多い・・・。

だから、
「商売がうまくいきません。なぜでしょうか?」
とか言われると、
「当たり前だろ!」
と思うことがしょっちゅうあります・・・続きはこちらでお読みください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

絶対見ておくべき、チャンスを儲けに変える方法

商売をするにあたって思うこと。

ノープランの人が多い・・・。
チャンスについて考えていない人が多い・・・。
自分の強みを理解していない人が多い・・・。



小著「どん底からの大逆転」でも書きましたが私自身がどこに行くのか自分でも分からないスネークライン的な生き方です。



でも、これはノープランということではありません。
自分の強みを理解していないということでもありません。


偶然というか、何か見えない力というか、神様の計らいというか、大きな流れによって目の前にポンと「チャンスらしきもの」が現れる時があります。


そのときにはまだ正確に言うと「チャンス」ではないかもしれない。

チャンスになる可能性のある種でありそれは「チャンスらしきもの」と言ったほうがイメージとしては近いかもしれません。


私の場合で言うと
「本を書きませんか?」
というメールが出版社から届いたことはその時点ではそれは「チャンスらしきもの」だったのかもしれません。


でも、ノープランではありませんでした。
どうしたら編集長に採用してもらえるかは真剣に考えました。


市場調査もしたし、自分の強みも考えたし、どうしたら売れるかも真剣にプランニングしました。
そして、それを企画書にしました。
このあたりで「チャンスらしきもの」は「チャンス」に変わったかもしれません


木越和夫先生に
「きみ、講師をやったらどうだ?」
という声を掛けて頂いたことはその時点ではそれは
「チャンスらしきもの」だったのかもしれません。


でも、ノープランではありませんでした。
どうしたら講演家としてオファーがくるのかを真剣に考えました。


市場調査を行い、どのテーマで、どのマーケットで、どのポジショニングで、どの自分の強みを生かしてどう差別化すれば講演家として食っていけるかを真剣に考えました。


もちろん、それを計画書にまとめました。
このあたりで「チャンスらしきもの」は「チャンス」に変わったかもしれません。


私に実際に会った人は
「酒井さんというのは勢いで押す人だな」
と思っている人が多いようですが、案外、戦略を考えて、ポジショニングを考慮して、プランニングします。


だから、商売をしている人から
「商売が上手く行かないです。
 どうしたら良いでしょうか?」
と訊かれると次のように思ってしまいます。


ノープランの人が多い・・・。
チャンスについて考えていない人が多い・・・。
自分の強みを理解していない人が多い・・・。



それだとこの「チャンスらしきもの」が周りに在っても、それは「チャンス」に変わることなく、「チャンスらしきもの」のまま過ぎ去ってしまいます。
だから、結果がでない。


では、なぜ私は「チャンスらしきもの」のいくつかを「チャンス」に変えることができたのか?


それは・・・
経営戦略やマーケティング、ブランディングについて学んだからです。


アイデアや、出逢いや、縁はそのままだと
「チャンスらしきもの」
です。

人生においてはそれらは
「チャンスらしきもの」
のままでもいいのだけれど、それを商売で売り上げや利益につなげよう思うなら次の(  )部分のフィルターを通さないといけない。


 アイデア・出逢い・縁 ⇒(   )⇒ 売り上げや利益


この(  )部分のフィルターが経営戦略やマーケティング、ブランディング。


自然の素材が美味くなるための調味料と言ってもいいでしょう。


アイデア・出逢い・縁はプランニングしても出会わないことが多いのですが、それは偶然というか、何か見えない力というか、神様の計らいというか、大きな流れによって目の前にポンともたらされるものだから。


でも、目の前にポンと現れたアイデア・出逢い・縁を商売の売り上げや利益につなげよう思うなら経営戦略やマーケティング、ブランディングというフィルターを通す必要があります。


そろそろまた値上げするかもしれませんので経営戦略やマーケティング、ブランディングを学んでチャンスを売上や利益に変えたい方は下記の2つはお早目のご視聴を。

①商売がうまくいかない?そんなの当たり前だろ
 http://www.middleage.jp/lan/ 


②頑張っても努力しても儲からない!!
 http://www.middleage.jp/brand/ 

絶対に見ておくべき

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ