講演依頼講師 酒井とし夫の講演会ブログ

講演依頼講師として講演会で圧倒的な実績の酒井とし夫の講演実績や講演会の感想を紹介したブログです。講演会講師・酒井とし夫は雑誌プレジデントやフジTVでも紹介されている人気講師です。

タグ:集客を増やす

「人間というものはこういう働きかけをしてやると、こういうふうに行動する、という。権力者として上に行こうとする人にとっては、こうした知こそが一番役に立つものだったということも事実だと思います。」
(「カリスマリーダーの作り方がわかった!」茂木健一郎・Caigo著 より)


心理学を学んできて良かったと思います。
なぜなら商売をするかぎり相手にするのは「人」だからです。


お客様も取引先もスタッフも、みんな「人」です。

だから人間というものはこういう働きかけをしてやると、こういうふうに行動する、という知識は本当に商売で役立つと感じる機会が多いです。


私は初対面の人とでも一対一で会話を行い、すぐに仲良くなれます。
初めて会うお客様ともすぐに良好な関係を作ることができます。
だから打ち合わせはスムーズに進みます。
これは私に心理学の知識がありそれを実際にコミュニケーションの場で使っているからです。


私は講演家ですが営業活動をしたことがありません。
営業をしなくても講演の依頼が日本全国から来ます。
これも私に心理学の知識がありそれを実際にSNSでの情報発信や販促活動で使っているからです。


自慢するわけではありませんが私は仕事のリピート依頼がとても多い。
講演活動で言えば同じ主催者様に最多で12回のご依頼を頂いています。
これも私に心理学の知識がありそれを実際に既存のお客様活動で使っているからです。


このように書くと
「酒井は心理学を使って人の心を操縦している。それにまんまとハマっているのだ。」
という人がいますが、それは違います。


私はプロとして
スムーズに
きれいに、
最高の状態で、
最高の仕事を、
永遠に続けたいだけです。


そのために心理学を通して「人」の心を理解しているのでやるべきことと、やらないほうがいいことが分かっているのでそれを実際に行動に移しているだけ。


「酒井さんは心理学を専攻していたのですか?心理学者になりたかったのですか?」
とも訊かれますが、それも違います。


大学では心理学は専攻していませんし、心理学者になりたいと思ったことは一度もありません。


でも、世界中で優秀な頭脳の持ち主が多くの予算と時間をかけて
「人間というものはこういう働きかけをしてやると、こういうふうに行動する」
ということを調べて、知識としてまとめてくれています。


それならば私は「人」を相手に商売をしているのだからその知識を吸収して、実践で使えばいいのではないかと考えて、実際に日々の仕事の中で使ってきたが、その結果、私にとっては大いに効果が出ているのだから、そのまま使えばいいじゃないか、というスタンスです。


その知識と、実際の私の経験から最も簡単で、最も効果の高い心理学の知識を商売に応用できるように解説したものが下記のセミナー動画です。

*****************************************
▼【新版】 商売は経済学より心理学 
  商売繁盛ビジネス心理学
http://www.middleage.jp/sinri/ 
*****************************************


私は人の心を操縦したいわけではありません。
ノーベル賞レベルの頭が抜群に切れる人たちが自分の生涯をかけて研修してきた人の心についての知識がそこにあるのだから、「人」を相手に商売をしているのであればそれをありがたく吸収させていただき、日々の営業、広告、販促、コミュニケーションで応用すればいいじゃん、ということです。


目の前に
「人間というものはこういう働きかけをしてやると、こういうふうに行動する」
という知が提供されているのに、なぜそれを使わないのだ?
もったいないよ・・・ということでもあります。


技術というのはどんどん進歩して、変わります。
だから常に追い続けると疲れる。

でもね、人の心は変わらない。
・・・だから一度習得すれば一生使えるわけです。

私は人の心を理解することは一生使える商売の宝物を手に入れることだと思っています。


このエントリーをはてなブックマークに追加

「社会の役にたちたい!」
・・カッコいいこと言ってんじゃねー!
っと思っていました。


そんな抽象的なことよりも、具体的にどうしたら明日から売り上げが上がるのかを考えろ!と思っていました。

しかし、NLPを勉強して人の意識のレベルには次の6つの階層があるということが分かった。

1.スピリチュアル
2.自己認識
3.信念・価値観
4.能力
5.行動
6.環境


下に行くほど具体的なレベルの段階になる。上に行くほど抽象的なレベルになる。たとえば「売り上げが上がらずに困る」という問題は6番目の環境レベルで発生している。

問題が発生している同じレベルでその問題を解決しようとしても上手くいかない、その問題は上のレベルを変えることによりスムーズに変わる、と教えてもらった。


つまり経営能力(4番目のレベル)を変えることにより、その人の仕事の仕方(行動)が変わり、その結果として売り上げ(環境)が変わるという順番。

さらに言うともっと上のレベルで
「己は何のために仕事をしているのか」
をはっきりと理解して、それを受け入れているというのはそれ以下のレベルに大きな影響を与えるということ。

上位の抽象概念が変わればそれ以下の具体的な階層は影響を受ける。

だから、
「社会の役にたちたい!」
と心から言っている人はかなり強い・・・。

IMGP6927



=>酒井とし夫講演会詳細はこちら


▼商売がうまくいかない?そんなの当たり前だろ

頑張っても努力しても儲からない!!

あいつはバカだ!?と思われると人生で損をします

私はこの2週間で給与の2ヶ月分を言葉と文章で稼ぎました

アガリ症は自然には治らない!時間が経つほどひどくなります

セールス下手なのに仕事がポンポン入る理由とは?

風水で仕事運をアップさせる方法

小さな声やかつぜつの悪さは生まれつきだとあきらめていませんか?





このエントリーをはてなブックマークに追加

「忙しくて時間が取れません。」
そうなのだ。みんな、忙しいのだ・・・!?

効率化を追い求める現代にあっては毎日毎日次から次へと緊急の用件が入ってくる。メールで、LINEで、FBで、電話で、FAXで、対面で次々に入ってくる。

一つの案件が片付いたと思ったら、すぐ次の課題や企画やプロジェクトや商談や会議が入る。次から次へと納期が迫る。会議に向けて急いて資料作りをしていたら電話で別件の打ち合わせが入った。メールで問い合わせがくる。上司が呼ぶ。部下が相談にくる。あっと言う間に一日が終わる。しかも家でもやらねばならない緊急案件もある。年末年始は特に多い。会社でも家でもやってもやっても終わりがない。

そう、緊急の案件はなくならない。
たぶん、死ぬまでなくならない。
急いでやらなくちゃいけないことというのはなくならない。

そして、私の人生にもあなたの人生にもやることが2種類ある。
それは「緊急なこと」と「重要なこと」だ。

周りの人はあなたに「緊急なこと」を次々に処理させようとするが、あなたの人生や仕事にとって「重要なこと」を処理させてはくれない。

商売も経営も緊急なことに翻弄されているといつまでも儲からない。
あなたが本当に本質的な重要なことをやっていないから売り上げが伸びないのだ。


緊急対応

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ